ここから本文です

書庫全体表示

 1960〜70年代の懐かしい単車 

以下の写真は、数年前のアメリカ アリゾナ州スコッツデールで開催された
メカムオークション(Mecum auction)出品車両のパンフレットを借用しています。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

Honda SL350K3は、青春の1ページを飾った単車。

高校生の時、リアホイールリムを幅広に組み替え(元々スイングアーム幅が広い)、
極太タイヤと リアのローダウンで、アメリカンチョッパー風に仕上げる。
当時、SLはCLに次ぎ古く、こんな年代物の単車で通学する高校生はいなかった。


その後 約27年間、田舎にある実家の倉庫で眠っていたが、
僕が中国に赴任している間に実家が取り壊され、単車も・・・

これは2005年の出来事で、日本に戻ってから この事実を知りショックを受けた。
老後は、これに乗って楽しもうと思っていたのに。

イメージ 5
メキシコのバハ カリフォルニア州で毎年開催される”Bajj 1000”では、1968年
アメリカのGary Preston氏とLarry Berquist氏のチームが、この単車を駆って優勝している。
バハ1000とは、約1000マイル(1609km)を不眠不休で走りきる世界最長の
ノンストップタイムトライアルレース。 コースの大半を砂漠が占めている。
写真は、ravenwestguitar.com ”1968 Baja 1000”より借用。

イメージ 4
Gary Preston氏とSL350 写真(2011)は、advrider.com

SL350の初期モデル(通称K0)はシングルクレードルフレームで、
アメリカではHonda 350 Scramblerという名称だった。 K1〜K3はダブルクレードル。

アメリカでは時々オークションに出品されているので、手に入る可能性が残されている。


<参考サイト>
 m-bike.sakura.ne.jp 第29回『 SL350 』

END

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事