ここから本文です

書庫全体表示

 ドイツから中国へのキャンピングカー旅行記 2014 Group 2 
Reiseberichte der Reisemobil Tour Gruppe 2
von Düsseldorf nach Peking im Jahr 2014
Travel reports of RV tour group 2 from Dusseldorf to Beijing in 2014
This topic is NOT about Fuji-maru’s RV-journey.
※All photos are reprinted with permission
from the author, Mr. Konstantin Abert.

Googleでabenteuerosten.deの旅行記2014年 グループ2を
日本語に翻訳して読む → ココ
Google translation of articles 2014 G2 on ”abenteuerosten.de”
from German into English, is Here
You'll find it more understandable than Japanese translation
for those who can comprehend English.

 2014年は2グループに分けたRVツアーが実施された。 グループ2のリーダーは、AbenteuerOsten社のコンタタティン アバート(Konstantin Abert)氏。 今回は、スペインからの参加者もいるようだ。

イメージ 1
#16 Route Map 2014

イメージ 2 イメージ 3
#1 ドイツを出発し、ポーランドを通過。
バルト海沿岸を通り、集合地のリガへ向かう。

イメージ 4 イメージ 5
Art Nouveau architecture in Riga (enWiki)
#1 ラトビアのリガ市内は、1/3がアール・ヌーヴォーの建築。 なんと、LED照明。

イメージ 6 イメージ 7
ロシアに入国し、最初の街プスコフに停泊。 翌日は市内観光。

イメージ 8 イメージ 9
地元の市場で食材を調達。

イメージ 10 イメージ 11
左は、ツアー参加者とロシアを観光案内してくれるガイド達。
ヴェリーキエ ルーキでは、毎年お世話になっている市長にお礼。

イメージ 13 イメージ 12
 #2 首都モスクワではソコリニキ公園(Google Maps)に停泊して、市内観光。

イメージ 14
#3 定番のニジニ・ノヴゴロドの"労働"スタジアムに停泊 (Google Maps)

イメージ 18 イメージ 15 
左は、ボルガ河。 右は、
チカロフ階段とロシア海軍ボルガ小艦隊”Герой(ヒーロー)(Google Maps)

イメージ 17 イメージ 16
CISタタールスタン共和国の首都カザン(Google Maps)を観光。

イメージ 19 イメージ 20
#4 クングルの氷穴(Google Maps)は、地下85mにある12,000年前の氷らしい。
Yalimという村でキャンプし、エカテリンブルクへ。

イメージ 21 イメージ 22
#5 湖沼の多い=蚊の多いクルンチカ(Google Maps)に停泊。

イメージ 23 イメージ 24
オムスク、ノヴォシビルスク、クラスノヤルスクを経てイルクーツクへ。

イメージ 25 イメージ 26
#6 イルクーツクから、定番のバイカル湖オリホン島へ。

イメージ 27 イメージ 28
#7 国境を越え、モンゴルへ。 ウランバートルでのナーダム見学は定番。

イメージ 29 イメージ 30
#8 UB市内のパブでは2014ワールドカップサッカー決勝戦で盛り上がる。
モンゴル草原でキャンプ。

イメージ 31 イメージ 32
#9 中国へ入国。 キャンパー背面に貼ってあった中国地図は国境線問題があり、
剥がした。 現在も国境線問題があるので、持参している地図の検閲に注意。
ゴビ砂漠を越え、草原でキャンプ。

イメージ 33 イメージ 34
中国は、どこへ行っても建設ラッシュ。

イメージ 37 イメージ 38
定番の黄海湾岸 葫芦島(Google Maps)のRVパークに停泊。

イメージ 35 イメージ 36
北京を観光。

イメージ 39 イメージ 40
万里の長城や観光市場を見学。
右は魚屋だが、中国では水族館のような陳列が一般的。

イメージ 41 イメージ 42
僕は、食べたことが無いので、味が分からない。

イメージ 43 イメージ 44
北京は、工場や石炭火力発電所のスモッグで有名。
太陽が出るのは、年間総日数の1/6。

イメージ 45 イメージ 46
#10 西安ではホテルに滞在し、ディナーショーを楽しむ。

イメージ 47 イメージ 48

イメージ 49 イメージ 50
郊外ではお馴染みの 路上乾燥と車輪脱穀。

イメージ 51 イメージ 52
青海省の祁连山草原を抜ける。

イメージ 55 イメージ 56

イメージ 53 イメージ 54
標高4120mの峠を越え、張掖市(ちょうえき)へ向かう。

イメージ 57 イメージ 58
#11 嘉峪関万里の長城脇での停泊は定番。 (Google Maps)

イメージ 59 イメージ 60
トルファンへ向かうタリム盆地周辺は葡萄栽培が盛ん。 干し葡萄の室。

イメージ 63 イメージ 64
タリム川河畔 轮南(Google Maps)の胡楊(琴掛け柳)
「生而一千年不死,死而一千年不倒,倒而一千年不朽!」

イメージ 61 イメージ 62
タクラマカン砂漠を縦断する塔里木沙漠公路(ブグル 轮台〜ニア民丰)を進む。

イメージ 65 イメージ 66
カシュガルで停泊した後、キルギス国境へ向かう。

イメージ 67 イメージ 68
#12 国境のトルガルト峠 3,752mを越えて、キルギスへ

イメージ 69 イメージ 70
タシュ・ラバットの隊商宿(Google Maps)に寄り、イシク湖の湖畔に停泊。

イメージ 71 イメージ 72
トルトグル湖からナルイン川に沿って国境へ進むが、越境せずにオシュへ。

イメージ 73 イメージ 74
#13 この札束はウズベキスタン通貨 500万スムで、1,250ユーロ(約15万円)
サマルカンドのレギスタン広場等を観光。

イメージ 75 イメージ 76
キジルクム砂漠を進み、ヒバ(khiva)のイチャン・カラ(Google Maps)へ。


イメージ 77 イメージ 78
#14 悪路を通って、トルクメニスタンのダルザバへ。

イメージ 79
定番、地獄の門(ガスクレーター)で停泊。

イメージ 80 イメージ 81
小石からラジエーターを守るネット。
汚いと警官から職質される頻度が高まるので、首都に入る前に洗車。

イメージ 82 イメージ 83
トルクメニスタンの首都 アシガバードへ。
 トルクメンバシ ルーヒー モスク(Google Maps)を見学。

イメージ 84 イメージ 85
イラン国境へ。 #15境を越え、イラン第三の都市 マシュハドへ向かう。

イメージ 86 イメージ 87
イスラム対応の服装で、イマーム・レザー廟(Google Maps)へ。

イメージ 88 イメージ 89
タバス郊外の渓谷(Google Maps)に寄り、
ゾロアスター教の中心地 ヤズドへ向かう。

イメージ 90 イメージ 91
ペルシャ湾へ。 その後は北上してペルセポリスへ。

イメージ 93 イメージ 92
#16 コーカサスへ向かうと、アルメニアは雪景色だった。

イメージ 94 イメージ 95

 イメージ 97 イメージ 96
ジョージアの古都 ムツヘタへ。
スブティツコベリ大聖堂(Google Maps)は、ドレスコードあり。

この後は、黒海沿岸のバトゥミへ行き、解散。


その10 (2015年 旅行記の紹介) へ続く
END

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事