ここから本文です

書庫全体表示

Car Carrier #1 鈴なり積み

 鈴なりの積載車 
A Car Carrier Trailer loaded with bunches of vehicles
イメージ 1
イメージ 2
”最大積載量 女房子供が食えるだけ”、”同乗するなら俺に乗れ” (China)
日本では、そんなステッカーがトラック後尾に貼ってあったりする。 写真は、ココ
”Maximum payload? In Chaina, it depends on my huge family!” なのかも?!
Photos in China, are reprinted with permission from abenteuerosten.de

■冒頭の写真は、2014年に中国で撮影されたもの。 農業用の小型3輪トラクターがカーキャリアに満載されている。 その数、おおよそ100台。 これだけ架台を大型にして走行可能なのは、中国とインドだけかも。 斜めにする荷姿は、RV旅行中のアメリカで時々見かけた。 しかし、中国の積載とは違い、牽引しての運搬。 それは一度に複数台の大型トラックを運搬するユニークな方法だった。

イメージ 11
大型トラックが、3台の大型トラックを牽引 (USA)
Incredible 3-up, a truck-Tractor pulling three Truck-Tractors,
Triple-hauling by the method of ”Saddlemount towing
Northbound US-395, Kramer Junction near Boron, California, Nov. 10, 2013
写真は、ブログ記事 アメリカ縦横断 20131120 #40 より転用。

車体を傾斜させた荷姿は、”サドルマウント”と呼ばれている。 上の写真で示す通り、前車の背に後車の前部を載せて連結した牽引=サドルマウント・トーイング”は、大型トラックの運搬に用いられる。 車体全体を荷台に載せないので、積載架台の面積や容積に関係なく、一度に多くの台数が運搬可能。 但し、連結が許されるのは、3台(Triple-towing)まで。 (州によってはトリプルトーイング禁止) 長尺トラックを連結する場合は、州が定める総全長の規制値を越えない台数となる。 詳しくは、Car Carrier #4 サドルマウントで紹介。

イメージ 3
サドルマウントでダブルトーイングされる長尺ストレートトラック (USA)
Double-towing Truck (Straight truck pulling two straight trucks)
Non-articulated truck is called Straight truck. 日本では単一車
Eastbound Interstate 10 near Lafayette, Louisiana on Oct. 27, 2013


■この記事の主題は、一度に数多くの車両を運搬するカーキャリア(Car Carrier Trailer)について。 でも折角なので、以前の記事で何度が書いた”1台の運搬”について少し紹介。 事故や故障時は牽引して運ぶのが一般的で、前輪又は後輪を持ち上げて牽引する。 トラックやトレーラーの架台に積載する運搬は、納車や走行不能車への対応時に多い。 アメリカでは、RV(キャンピングカー)で乗用車を引き連れて旅行する時は4輪接地で牽引したり、車輪を牽引用ドーリーに載せて運搬する。 希少車や高級車はコンテナボックス等の箱入りで運搬され、フェラーリ等の専用運搬車のように外装がド派手じゃない限りは、ほぼ他人には気付かれないし、外見は全く面白味が無い。

前輪をホイールリフトで持ち上げて牽引 (Japan)
A truck on a wheel lift, towing with a Heavy-Duty Tow Truck
写真は、下記ブログ記事より転載。

最も一般的な積載による運搬 (USA)
 Prevost Country Coach, one of the most gorgeous RVs
delivering loaded on a trailer
トレーラーの車輪が前後に移動したり、トラックの連結部と積載部が
分離するものがあり、デッキ、又はフラットベッド
緩やかに傾斜して大型車を積載し易くしている。
写真は、ブログ記事 How to Tow an RV キャンピングカーの牽引方法 より転用。

イメージ 5
小さいスマートは、小さなフラットベッドトレーラーに積載して運搬 (USA)
Photographed by Fuji-maru in 2013 near Anaheim

イメージ 6
キャンピングカー(RV)に牽引される、4輪接地の運搬 (USA)
A Humvee toad-towing with a Class A Motorhome
この方法(Toad)による運搬は、被牽引車両への事前処置が必要。
詳細は、ブログ記事 How to Tow an RV キャンピングカーの牽引方法 に掲載。

イメージ 7
前輪をドーリーに載せた乗用車の運搬 (USA)
   A passenger vehicle towing with an RV by using a tow dolly
Tow Dollyは、ブログ記事 Truck Rental in the US レンタルトラック を参照。
写真は、ブログ記事「トレーラー写真集」より転載。

 
クラスAモーターホームに牽引される箱型カーゴトレーラー (USA)
車軸の数とチルトダウン扉から、中は乗用車と推定
Enclosed car hauler trailers with a tilt down door each

フェラーリの運搬に用いられる真っ赤な箱型セミトレーラー (Japan)
Enclosed Ferrari hauler semi-trailer made into a striking color
写真は、ブログ記事 ”Ferrari.com Trailer”より転載。

イメージ 8
スクラップにされる車両は、情け容赦のない乱暴な運搬 (USA)
A totaled car and exhausted one under ruthless towing
写真は、ブログ記事 ”アメリカ縦横断 20131105 #25”より転載。

イメージ 12
車輌1台又は多数台を1台で運搬するのは普通だが、
巨大な1台は2台で運ぶ事も (USA)
A Monster Truck loaded on Twin Trucks
写真は、Trucks Hauling Trucksより借用。

イメージ 10

イメージ 9 イメージ 4
世界には、面白い運搬が沢山ある。
写真は、jalopnik.com The Ten Worst Ways To Tow A Carより借用。

以下は、少し堅苦しい話

■経済成長するBRICSや東欧諸国、それを追う発展途上国では、自動車需要の上昇が続いている。 市場規模次第では、現地に工場進出して新車を生産/供給する自動車メーカーも。 しかし、新車は比較的裕福な人々向けで、BOP層の多くは中古車を購入する。 近年、インターネットオークションの普及/拡大で中古自動車の運搬範囲=物流圏が拡大。 この状況は、先進国でも然り。 また、中古車市場は国境を越え、物流圏はグローバル化している。

余談だが、日本の中古車の輸出先で最も台数が多いのはアラブ首長国連邦。 以降、ミャンマー、ニュージーランド、チリ、ケニア、パキスタン、CIS、南アフリカ、タンザニア、ジョージア、フィリピン、バングラデシュ、モンゴルが名を連ねる。 (Source from planetcars.jp)

アメリカのハイウェイでよく見かけるカーキャリアトレーラー (USA)
”10 Car hauler trailer” at Iroquois Travel Plaza along I-90 WB, NY
写真は、ブログ記事 アメリカ縦横断 20131106 #26 より転載。

■このような背景のもと、自動車運搬用車両の需要も高まった。 特に、複数の自動車を運搬するカーキャリアトレーラーを製造するメーカーは活況を呈している。 その一方で、諸規制に対応しつつ、新たな車両積載機構設計や人間工学に基づく機能設計を要望する声が高い。 その結果、より多くの積載台数や運転手の安全確保や運転環境の改善も重要な開発要素として位置づけられた。 世界市場を相手にする製造メーカーは、変わりつつある要望に対応すると共に、燃費向上や多様な積載車両/貨物に対する柔軟性の実現にも取り組んでいる。


こんな状況にあるカーキャリアを題材に
面白い写真や動画を借用してブログ記事を書いてみた。

その2 へ続く


<メモ> 下書き記事 END

  • 顔アイコン

    ふじ○さん、こんにちは〜〜

    今日の記事の写真をミセスと一緒に見ながら
    ビックリしたり笑ったりで楽しみました。
    それこそ興味「満載」の記事ですよ(笑)

    ぼくがアメリカのハイウエーで見たトラックの
    ビックリ荷物は大きなヘリコプターでしょうかね。
    もちろんプロペラは前後の位置にして縛ってましたが。

    マチス

    2017/5/17(水) 午後 0:48

    返信する
  • 顔アイコン

    >マチスさん、こんにちわ。 いつもコメントありがとうございます。
    奥さんと一緒に楽しんでいただけて嬉しいです。 こんな記事の時は下書きするのですが、それを5分の1くらいに集約して投稿しているんです。 下書きは仰天映像が満載なんですよ。 調べるのが僕の趣味なんでしょうね。

    ヘリコプターの積載は驚きますよね。 トーランスにはヘリコプター製造工場がありますから、遭遇する確率が高いかも。
    今年の1月ですが、ヘリコプターを搭載したキャンピングカーが発売されました。 RV大国、アメリカならでは、ですね。 ブログ記事は、下記です。
    https://blogs.yahoo.co.jp/fuji8888/36477278.html

    バララットの記事ではなく、マチスさんがこちらの記事にコメントされたことにも驚きました。

    ふじ○

    2017/5/17(水) 午後 7:39

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事