ここから本文です

書庫全体表示

 昼間だけ、スターゲイト 

イメージ 3
写真は、tengrinews.kz より借用。

abenteuerosten.deのユーラシア大陸横断RV旅行記を読み、中央アジアの国々に興味を持つようになった。 国名が”スタン”の語尾になっている国々は、紀元前6世紀から4世紀にかけてペルシャ帝国アケメネス朝が支配領域を広げたのを契機にペルシアの文化的な影響を強く受けている。 アレクサンダー大王に滅ぼされた後も、歴代ペルシャ王朝はイスラム文化を”スタン”の国々に拡散し続けた。

イメージ 24
2007年のルート 青:往路赤:復路 (Google My Maps by Fuji-maru)

中世に入ると、”スタン”の国々は交易路 シルクロードが通り、沿線の街が発展。 現在は鉱物資源を中心とする地下資源の輸出により、経済発展が著しい。 そんな国々を巡るRV旅行の手記には、驚くほど近代化した都市の写真が掲載されている。 また、日本の木造建築とは全く異なるイスラム教の礼拝所 モスクにも目を見張る。

イメージ 13
カザフスタン(Қазақстан)国境の看板

これまでリーダーのアバート氏率いるRV旅行隊は、中央アジアの国々を巡って来たが、カザフスタンだけは通過していない。 車両を伴う観光旅行目的の入国が困難だったからか。 しかし、今回はカザフスタンに入国。 カスピ海の海岸で停泊するも、潮汐が無いはずの海面が風の力で押し上げられ、彼らのRVは数十センチ上昇した海に飲み込まれてしまった。

イメージ 14
写真は、.abenteuerosten.de 2007年004 より借用。

カザフスタンの荒野や街の写真が掲載されるのを楽しみにしていたのだが、僅か数日でウズベキスタンへ出国してしまった。 写真掲載が無いだけで、史跡などを見学したのかも。 ところで、カザフスタンと言えば、CIS宇宙開発の拠点となっているバイコヌール宇宙基地(Google Maps)、砂漠や半乾燥地帯ステップが思い浮かぶ。 ソユーズ宇宙船は、広大なステップ又はルイン砂漠に帰還する。

一方で、シルクロード沿いのオアシスに出来た街のみではなく、近代化された都市もある。 旧首都のアルマトイ(G Maps)や首都アスタナ(G Maps)。 アスタナは日本の建築家、黒川紀章氏の都市計画案に基づき開発が継続しているらしい。 そこには、僕も行ってみたくなるような美しい都市の空間が広がっている。 今年、2017年6月10日〜9月10日にかけ、アスタナでは国際博覧会(EXPO 2017 Astana)が開催される。 (参考 2017年アスタナ国際博覧会日本館  Facebook 2017年アスタナ国際博覧会日本館広報事務局)

イメージ 5
アスタナの象徴、バイテレク (参考アスタナ動画 Youtube 2017/6/3)


さて、アスタナに”スターゲイト”建設中との噂が昨年広まった。 これは、アメリカのSF映画(Stargate wiki)に出てくる星間移動装置の事。 古くは、50年前の映画 2001年宇宙の旅でボーマン船長が、これで時空を移動する。 現代の科学技術では、未だ有り得ない”どこでもドア”だ。 また、スターウォーズのデススターも造られたとか。

イメージ 6
建設中の巨大なスターゲイト? 写真は、pikabu.ru より借用。

イメージ 11 イメージ 12
星間移動装置 スターゲイト
画像は、elenalist.wixsite.com Messages from a Star Traveler より借用。


イメージ 7
建設中のリングは、形や雰囲気が映画のスターゲイトに似ている。

勿論、スターゲイトである筈はない。 グーグルマップの衛星写真で見ると、下の通り。 確かに何かが存在する。 ストリートビューでは、川の中に何も写っていない。 て事は、最近の建築物。


■調べてみると、この物体は大時計。 2016年の大晦日は、こんなライトアップと花火で演出された。 デススターの件は、参考のリンク先やアスタナのニュース動画にチラッと写っているので省略。

イメージ 2

イメージ 1
カザフスタン 首都アスタナの大時計
写真は、tengrinews.kz より借用。

イメージ 4
バイテレク でも花火が打ち上げられた。

イシム川に建設された大時計の直径は17m。 LED照明の時字と時針が時刻を表示する。 ハドソン川のニュージャジー州側にあるコルゲート大時計(15m enWiki)よりも大きく、ギネスブックに登録された。


イメージ 9
残念な事に、昼間は時間が良く分からない。 LED照明は、オフなのか?

イメージ 10
暗い夜だけ、本来の機能を発揮する大時計のようだ。


イメージ 15イメージ 17 イメージ 16

 昼夜ともに良く見えるニュージャージのコルゲート大時計 (Google Maps enWiki)
ゴールドマンサックスタワーに圧倒されて、目立たなくなってしまった。

<おまけ>
ロシアのヘリが、GPS故障でカザフスタンの道路に着陸
トラック運転手に方向を聞く珍事

記事と、その翻訳

目指せ世界一周バイクの旅!元中学校講師 1年前はカザフスタンの砂漠
END

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事