ここから本文です

書庫全体表示

 ドイツから中国へのキャンピングカー旅行記 2016 
Reiseberichte der Reisemobil Tour von Düsseldorf nach Peking im Jahr 2016
Travel reports of RV tour from Dusseldorf to Beijing in 2016
This topic is NOT about Fuji-maru’s RV-journey.
※All photos are reprinted with permission
from the author, Mr. Konstantin Abert.

Googleでabenteuerosten.deの旅行記2016年を日本語に翻訳して読む → ココ
Google translation of articles 2016 on ”abenteuerosten.de” 
from German into English, is Here
You'll find it more understandable than Japanese translation
for those who can comprehend English.

 参加者のブログ
 5月15日 リガ(ラトビア) 〜 11月1日 バトゥミ(ジョージア)

イメージ 2
ルート(シーブリッジ掲載版)

イメージ 3 イメージ 4
#1 集合、そして出発地となるのは、ダウガバ川河口の街ラトビアの首都リガ。
市内観光の後、国境を越えてロシアのプスコフに停泊。

イメージ 5
こんなSchickimicki(お洒落)な車が見れるのも、東ヨーロッパまで。
このポルシェは、ロシアのサンクトペテルブルグから来ている。

ヴェリーキエルーキを経て、モスクワへ。

イメージ 6 イメージ 7
#2 生神女就寝大聖堂を見学後、慢性渋滞のモスクワを脱出。

イメージ 8 イメージ 9
スーズダリ(Google Maps)を経て、カザン(Google Maps)へ。

イメージ 10 イメージ 11
カザンのクルシャリフモスク(Google Maps)、
ボルガルのホワイトモスク(Google Maps)

イメージ 12 イメージ 13
#3 ウドムルト共和国の首都イジェフスクに寄り、
クングル氷穴(Google Maps) Yalim村で定番のキャンプ。

イメージ 14 イメージ 15
エカテリンブルグの聖堂(Google Maps)、ヨーロッパアジア境界碑を観光。

イメージ 16 イメージ 17
硫黄泉の街チュメニ(Google Maps)やトボリスク(Google Maps)に寄り、
オムスクへ。

イメージ 18 イメージ 19
#4 ノヴォシビルスクからマリインスクを経てクラスノヤルスクへ。

イメージ 20 イメージ 21
2016年の参加車輌の中には、Mercedes-Benz Zestros 1833 (4x4, Wiki)
ベースのExpedition RVも含まれていた。

イメージ 22 イメージ 23
#5 バイカル湖オロホン島での停泊は定番。

イメージ 24 イメージ 25
モンゴル色が濃いウランウデ(Google Maps)を観光

イメージ 26 イメージ 27
#6 モンゴルに入国し、ゴビ砂漠を縦断する。

イメージ 28 イメージ 29
ゴビ砂漠のど真ん中にあった横断歩道。

イメージ 30 イメージ 31
ザミンウードでモンゴルを出国、エレンホトで中国に入国。

イメージ 32 イメージ 33
国境では、5ヶ月前に中国当局に提出した書類と
シャーシとエンジン番号が照合される。

イメージ 34 イメージ 35
#7 エレンホト市内を観光した後、大陸を南下する。

イメージ 36 イメージ 37
ETCが導入された中国の高速道路を走り、北京のホテルへ。
どのRVも大なり小なりのソーラーパネルを屋根に装備している。

宿泊している北京のホテルにキャンパーを置き、数日間掛けて周辺を観光。

イメージ 38 イメージ 39
#8 レストエリアで休憩しながら、高速道路で山西省の平遥県へ。

イメージ 40 イメージ 41
平遥県を観光。

イメージ 42 イメージ 43
洛陽市郊外の龍門石窟(Google Maps)を観光。

イメージ 44 イメージ 45
西安のホテルに滞在し、観光。 ウォルマートで買い物。
その後、平凉市(Google Maps)へ。

イメージ 46 イメージ 47
#9 Zhangye Danxia National Geological Park(enWiki)は、
別名 レインボーマウンテン (Google Maps)


イメージ 1
ネットに散在しているフェイク写真にご用心。Youtubeも参考に。

イメージ 83 イメージ 84
色付け加工すれば、上の写真もこの通り。

イメージ 48 イメージ 49
観光地の駐車場や周辺道路は立派だ。

イメージ 50 イメージ 51

イメージ 52 イメージ 53
トルファンの中国最低地点とアイディン湖風景区(Google Maps)

イメージ 54 イメージ 55
タクラマカン砂漠に停泊。

イメージ 56 イメージ 57
#10 カシュガルから托雲郷(Google Maps)を通り、国境のトルガルト峠へ。

イメージ 58 イメージ 59
天山山脈を下りキルギスに入る、標高3,700mのチャティールクル湖。

イメージ 60 イメージ 61
荒涼とした山岳地を進み、標高が下がると遊牧民のユルトが。

イメージ 62 イメージ 63
#11 ウズベキスタン サマルカンドのレギスタン広場(右 Wiki Map)
このツアーでは、10年間一度も首都タシュケントに寄っていないのか?
首都には、シベリアに抑留された日本兵捕虜が建設した
ナヴォイ劇場(WikiGoogle Maps)がある。

イメージ 64 イメージ 65
砂漠を通りブハラ(G Maps)へ。 その後は、定番のヒバ(G Maps)へ。

イメージ 66 イメージ 67
#12 トルクメニスタンに入国しタシャウス(Google Maps)からダルザバへ。

イメージ 68 イメージ 69
ダルザバのガスクレータに停泊し、移動途中で洗車。
首都アシガバードでは、汚れた車両は警官に注意されるから。

イメージ 70 イメージ 71
近代都市アシガバード。キプチャクモスク(G Maps)や
アレム文化娯楽センター(G Maps)は屋内に観覧車があるようだ。

イメージ 72 イメージ 73
ライトアップされた建物が多いこの街の夜景は素晴らしい。
結婚式場(G Maps)やホテル(G Maps)

イメージ 74
#13 トルクメニスタンとイランの国境 (Google Maps)

イメージ 75 イメージ 76
マシュハド中心のエマーム レザー廟(G Maps)は必見。

イメージ 77 イメージ 78
定番のタバス郊外の渓谷(Google Maps)に寄り、タバスへ。

イメージ 79 イメージ 80
ヤズドの沈黙の塔(ゾロアスター教徒の旧鳥葬地 G Maps)。

イメージ 81 イメージ 82
#14 ペルシャ湾海岸で停泊し、その後は北上。 ペルセポリスを観光。

リポートはイランで終了するが、
例年通りアルメニアやジョージアを観光してRV旅行が終了した。

その12 (2017年 旅行記の紹介) へ続く (準備中)
Continue to the next article #12 (preparing)


 END

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事