ここから本文です

書庫全体表示

 空荷対策 
Are empty miles unavoidable for Car Carriers on their round trip?
CMT in Canada, has a great solution.
イメージ 1
CTM社は、貨物も車輌も積載可能なキャリアカーを開発/製造している。
Convertible Trailer Manufacturing's stinger convertible trailer
can transport not only vehicles but freight.

 日本では、車載専用車での貨物運搬は禁止されているが、カナダでは貨物対応のキャリアカーなら貨物の運搬が可能。 こんなキャリアカーを開発し(パテントを持ち)、生産しているのはカルガリーにあるCMT社。 2015年12月より、アメリカでも自動車運搬ルートの復路に限り、一般貨物の積載が許可された。
イメージ 2
Car-Hauling, It looks like a conventional car carrier. but...
一見、標準的なキャリアカーのようだが、
イメージ 3
It converts to a versatile flatbed in minutes.
This is the CTM Convertible Trailer.
数分で万能なフラットベッドトレーラーに変身する。
イメージ 4
AutoBox: a flexible, stacking, interlocking, collapsible,
inter-modal mini container designed to carry virtually any kind of freight.
同社では、様々な貨物に対応できる折り畳み可能なオートボックスも提供。

イメージ 5
The CTM Convertible Trailer can transport
two marine containers (20ft and 40ft) as well.
20フィートと40フィートの海上輸送コンテナも運搬可能。
イメージ 6
Loading in consolidation
貨物と車輌の混載も可能。

経済的な効果と環境負荷低減を謳っている。

 日本専用のコンバーティブルキャリアカーも造れそうだが、規制緩和の波に乗らないと日本導入は困難か? キャリアカーが空荷で走るのは、モッタイナイ。

 空車状態で移動する車両は、キャリアカーだけではない。 液体、粉粒体やガス等を運搬するタンクローリー等も同様。 運搬物それぞれに対応した専用トラックだから、積載物を下した帰り道は空荷となる。

イメージ 7
A tanker full-trailer towing with a tanker truck at a GS in the US.
They return unloaded.

 このような車輌では、走行抵抗低減による燃料消費、タイヤの摩耗、道路への負荷、高速道路料金を考慮し、ホイールリフトを採用するトラックが増えている。

イメージ 8
A bulk trailer with two axle-lifts (Japan)
空荷時のホイールはリフトされ、路面に接していない。

イメージ 9
A straight truck with an axle-lift (Japan)
ホイールリフトを装備した大型トラックを見かける頻度も増えた。

イメージ 12

イメージ 14 イメージ 13
Pegasus with an automatic axle-lift,
built by the ROLFO S.p.A. in Italy (Japan)
日本にもイタリア製のフルトレーラーキャリアカー、ロルフォが存在する!
3軸トラクタには、積載荷重を感知して自動作動するホイールリフトを装備。
写真は、トランスウェブ社のブログより借用。
tk10.1jzgte氏のInstagramにも写真あり。イメージ 11

イメージ 15
<2018年 追加> ジャパントラックショー2018に展示された
トランスウェブ社が運用しているロルフォのキャリアカー。
写真は、response.jpの下記記事より借用。


 空荷状態は船舶も同様。 日本を出港した自動車運搬船の復路は、ほぼ空荷。 産油国へ向かう大型タンカー(VLCCやULCC)の往航は空荷。 船体安定用のバラストは、運んでも原油積荷時に捨ててしまう。
イメージ 10

 電車やバス、飛行機等の回送便も然り。長距離客を載せたタクシーも、帰りは原則空車。(目的地、或いは乗車地が営業許可区域内なら、長距離の帰りにお客を載せることが可能)  モッタイナイ空荷や空車状態があちこちにある。



<参考ブログ記事>

<参考サイト>
trafficnews.jp 乗り物ニュース「自動車専用船、復路は空荷?(Feb 13, 2017)

FHWA
The FAST Act amends 49 U.S.C. 31111(a) by striking the word "specifically" from the definition of "automobile transporter." The FAST Act further provides that an automobile transporter shall not be prohibited from the transport of cargo or general freight on a backhaul, so long as it complies with weight limitations for a truck tractor and semitrailer combination. "Backhaul" means the return trip of a vehicle transporting cargo or general freight, especially when carrying goods back over all or part of the same route.

automotivelogistics.media Dec. 8, 2015
Surface Transportation Reauthorisation and Reform Act of 2015
END

  • 顔アイコン

    ほぼ北米向けになってしまったカムリ、当初は日本販売分もアメリカ生産でまかなう計画だったようですね。日本から車両を輸出した運搬船、帰りは北米生産車を乗せて帰ってくれば…
    遠からず、カムリ、レクサスES/RXはそうなるかもしれません。ホンダのNSXは北米生産ですけれども、台数こそ少ないですが、帰りに載せてくるのかな?

    [ よんちゃん ]

    2017/9/30(土) 午後 3:51

  • 顔アイコン

    自動車メーカーは世界各地で生産してますから、そこで生産する車種を限定し、それを各国に分配すれば、運搬船の空荷航は削減できそう。 しかし、カントリーリスク等を考えると、生産車種の限定は困難なのでしょうね。

    輸出入自動車の統計(追加しました)を見る限り、日本に帰ってくる運搬船は空荷に近い事が良くわかります。

    NSX等の販売台数が少ない車種はコンテナに入れ、便数の多いコンテナ船で輸入しているのかも。

    ふじ○

    2017/10/1(日) 午前 11:23

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事