ここから本文です

書庫全体表示

 これから夏なのに 冬タイヤ?!

イメージ 1
Rear Tire:Pirelli Winter 240 Sottozero 295/30ZR19
交換した中古ホイールに装着されていたタイヤ

イメージ 8

■予定通り、先日の土曜日にホイール交換を実施。 思い立って僅か5日後、家内クロマルのポルシェ911 タイプ997後期型 カレラ4は、19インチ5本スポークのカレラ クラシックホイールになった。 18インチから19インチへ、ブラックからシルバーへの変更による車両のイメージチェンジが狙い。 家内も満足そうだ。

イメージ 2 イメージ 3
Left:Befor (18inch wheels without wheel spacer)]
Front 8J-18 +57, Rear 11J-18 +51
18" Porsche 911 Carrera III 5 spoke alloy wheel
Right:After (19inch wheels with Rear wheel Spacers)
Front 8J-19 +57, Rear 11J-19 +51
19" Porsche 911 Carrera Classic 5 spoke alloy wheel

イメージ 15 イメージ 9
Mounted 7mm Slip-on Spacer on the rear 19inch wheel
with longer studs
以前は18インチホイール全輪にスペーサー(F7mm,R15mm)を
入れていた時期もあったが、換装前の写真時はスペーサー無し。
19インチホイールへの換装と同時に、リアのみに7mmスペーサを挿入。

 突然のホイール交換となったのは、フロントホイールの老朽化が原因。 数日前に1年4ヶ月ぶりに洗車をした時、ホイールリム内側の一部がザラザラ塗装になっている事を発見した。 ダイヤモンドコート(パウダーコートの一種)してあるので、このリペア(約4万円/本)を検討したが、現状のホイールを売却して外径が1インチ大きい中古ホイールに買い替えた方が得策だと考えた。 ネットで中古品を検索すると、オークションで手頃なホイールを発見。 売れてしまう前に急いで購入に向けた動きを開始した。

■中古ホイールに装着されていたピレリのスタッドレスタイヤは、そのまま暫く使う事にした。  従って、計画していた新品激安タイヤ 韓国製 ハンコック ベンタス V12 エボ2への交換は、後日の実施に。 夏なのに冬タイヤになるが、交換前の摩耗したタイヤに比べれば、どっこいどっこい。 これだけワイドなスタッドレスタイヤに試乗する機会は滅多に無いし、怖いもの見たさもある。

イメージ 4 イメージ 5
Advan Sport Tread Left:Front 3.7mm, Rear 1.9mm

イメージ 6
Pirelli Winter 240 Sottozero N-0 Front 235/35R19, Rear 295/30ZR19
Advan Sport N-0 Front 235/40ZR18, Rear 295/35ZR18

 スタッドレスタイヤは2009年34と39週製で、かなり古い。 以前、長野在住の方が使っていたもので、トレッドは8部山。 短期間使用しただけで、物置にしまわれていたものらしい。 パンク修理歴やショルダー傷は無く、老朽化によるひび割れは殆ど見当たらない。 ホイール自体は、ほぼ無傷で、まだ新品時の艶を保っている。

イメージ 13 イメージ 14
Second-hand Pirelli Winter 240 Sottozero N-0
Left:Front 235/35R19, Right:Rear 295/30ZR19

 ピレリウインター240は元々深い雪道を走る目的で設計されたタイヤでは無いとの事。 コンパウンドも他のスタッドレスタイヤに比較すると明らかに硬い。 経時変化による劣化もあるが、その影響は少ないようだ。

イメージ 16
摩耗したアドバンスポーツ(奥)、中古のピレリウインター240(手前)
左2本はフロントタイヤ、極太の右2本はリアタイヤ
外径の差が分かる。

■フロントは一回り、リアは二回りタイヤ外周径が大きくなっている。 これにより、フェンダーとタイヤの間隙が減少して見栄えが良い。 また、着座時のヒップポイントが上がり、座り心地やウインドシールドを通した風景が若干変わった。

 GPSによる速度計測値とリアタイヤから得ている速度計の差は、時速3kmになり、以前の4kmよりも小さくなった。 (GPS 97km/h at Speedometer 100km/h)

イメージ 17

■今回、中古ホイールの購入や換装作業でお世話になったのは、 BEC社。 中古ホイールや暫定使用するかもしれない中古タイヤの現物確認をしたかったので、 自宅から片道約350kmの福島県福島市(Google Maps)まで出向いた。  この件や価格については、BEC社の紹介も含めて後日の記事に掲載します。

イメージ 7
Tire&Wheel BEC社 社屋前にて、白坂社長とクロマル。
シルバー地のカラークレストセンターキャップは、サービスして頂いた。

■帰り道の途中にあった、そば屋さんで遅い昼食。 土湯バイパス 県道115〜県道459号線のワインディングロードを経由し、ここでタイヤやホイールの感触をチェック。 その後、東北自動車道上り線に乗り帰宅した。 交換した中古タイヤは、スタッドレスとは思えない静寂性や、19インチホイールの軽快さも相まって、好印象を得た

イメージ 11 イメージ 12
天ぷらそば \1,300 (お勧めです)
イメージ 10
みずほ味処 (Google Maps)


<写真追加>
イメージ 21

イメージ 18 イメージ 19

イメージ 20 イメージ 23

イメージ 22


<関連ブログ記事>
 ホイール交換 2010/07/22

 ホイールは何色? 2010/8/4
 ワルの くろっ! 2010/08/30
 ブラックホイール装着 2010/09/26
 タイヤの交換 2012/07/05
 自動車 塗装表面チェックの裏技 ビニール袋 2018/04/18
 タイヤ&ホイール交換計画 19”クラシックホイール+ハンコックベンタスV12エボ2 2018/4/19
 売りたし 997カレラ4/4S 純正ホイール4本セット 2018/04/19

END

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事