ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

★()中国 图库 房车

この記事は下書きです。

http://www.lxjrv.com/ 車種別一覧

rv28.com 房车之家
asahi.com 2016年



阿尔森奔驰升顶房车、拓瑞斯特房车(Trst RV)と下記2社も紹介されている。
金辂房车 kingswayrv.com
イメージ 8
第六届中国国际房车展览会(2017)

 嵘野水陆两栖房车 水陆两用房车 済Towing-boat-turns-into-an-rv
イメージ 4イメージ 5
イメージ 6イメージ 7
第六届中国国际房车展览会(2017)



Klen RV 凯伦宾威房车 (Zhengzhou Yutong Group 郑州宇通客车股份有限公司)
イメージ 27 イメージ 26

イメージ 1
征服者越野房车 based on a MAN TGS 8x8

イメージ 2 イメージ 3

俊浩房车 湖北俊浩专用汽车有限公司 Hubei Junhao Special Vehicle 済Exp.RV#3
イメージ 9 イメージ 10

イメージ 11 イメージ 12

齐星房车 湖北省齐星汽车车身股份有限公司 Hubeisheng Qixing Automobile Body
イメージ 14 イメージ 13
瑞迈皮卡房车 based on a ISUZU D-MAX


I4WD 速腾 深圳速腾房车设备有限公司 済Exp.RV#3

イメージ 17 イメージ 16

イメージ 18 イメージ 19

イメージ 20 イメージ 21
威风房车 based on a ISUZU D-MAX威坤房车

春田房车 Chuntian (青岛春田科技车辆有限公司) Spring RV 済Exp.RV#3
イメージ 22
路豹房车 based on a ISUZU D-MAX

兴房车 南京兴汽车车辆改装有限公司 Dexing Group 済Exp.RV#3
イメージ 23
鹰系列皮卡房车 Dexing Eagle based on a ISUZU D-MAX

JRV 江铃标集团旅居车公司 済Exp.RV#3

Livezone RV 览众房车 (Great Wall Motors 长城汽車) 済Exp. #4
イメージ 28
中国の大手自動車メーカーが2012年より生産販売するキャンパー。
国産初のRVで、オーストラリアでフィールドテストをしていた。
写真は、北京からユーラシア大陸を横断してデュッセルドルフの
2018キャラバンサロンにやって来た王夫妻。(reisemobil-international.de)

イメージ 29

イメージ 32 イメージ 30 イメージ 31
END

開くトラックバック(0)

 新旧混在で、最近のキャンパーも網羅 


Minds eye design media(Youtuber?)が製作したYoutube動画。色々なカテゴリーが混在したランキングですが、 僕が注目していた拡張する奇抜なトラベルトレーラーが網羅されていたので、このブログで取り上げてみました。

 1位、2位、5位、10位、12位は実際に大量生産されているRVです。 後は少量生産か、デザインのみの試作品になります。

 No. 15


イメージ 18

イメージ 19
Tipoon with Fold-up and Double Slide-out (Youtube)
マジンガーZに登場しそうなフランス製RV


 No. 14


イメージ 4

 No. 13

Romotow (New Zealand)

イメージ 1

イメージ 12

 No. 12

OPUS (UK)

イメージ 5
AIR OPUS

 No. 11


イメージ 6
Prius Camper Conversion "Relax Cabin"

ブログ記事 エコキャンパー で紹介済み。

 No. 10


イメージ 20

下記ブログ記事で紹介済み。

 No. 9

BeauEr (France)

イメージ 7
Concept 3X

 
pliantes FRANCE2 journal 20H le 25 juillet 2016

tabi-labo.com
roomie.jp

 No. 8

BeauEr (France)

イメージ 3

イメージ 2
Le camping-car 3XC

 No. 7

Knaus:Tabbert's concept Caravan ”Caravisio(de)

イメージ 21

イメージ 8
独クナウス社の参考出品トラベルトレーラーで、販売せず。
Youtube Knaus Caravisio (2013年 デュッセルドルフ キャラバンサロン)

下記ブログ記事で紹介済み。

 No. 6

Nonstandard (Austria)

イメージ 9

イメージ 10
Mehrzeller Multicellular Caravan
inhabitat.com

 No. 5


イメージ 11

 No. 4


イメージ 13

 No. 3


イメージ 14
イメージ 15

 No. 2


イメージ 16
エアストリーム社もファイバーグラスRVをラインナップ。
Nest社を買収し、2018年より販売。

下記ブログ記事で紹介済み。

 No. 1


イメージ 17
リトルガイもファイバーグラス製トレーラーをラインナップ。
2013年から販売されており、約US$8k。

END

 茅ケ崎の快飛(かっとび) 

イメージ 1
茅ケ崎 快飛(かっとび)の”日の丸丼”

■この時期になると食べたくなるのが姫竹のタケノコ汁と、この”しらす”。 生で食べたいなら、漁師直営の飲食店ですね。

イメージ 2

イメージ 3
オーダーしたのは、”日の丸丼”¥1.380。
グレジットカードが使えない店なので、現金を忘れずに。

イメージ 4
開店時なら、5食限定の船盛御膳¥1,000が食べられる。
営業時間は、11:00〜15:00、17:00〜22:00

イメージ 5
店舗は、相模湾沿い国道134号線の北側にある。
快飛 ホームページ kattobi.com
神奈川県茅ヶ崎市柳島海岸15-12 (Google Maps)
TEL 0467-87-3714

イメージ 6
店舗脇の駐車場は、開店直後に満車。
平日13時半頃なら、ここに駐車可能。(第1〜第5駐車場まであるらしい)

イメージ 7
お勧めの駐車場所は、国道134号線東行きのココを左折。

イメージ 8
全高の低い乗用車なら、店舗真下に5台ほど駐車可能。
段差があり、シャコタン(ロードクリアランスの小さい)車の駐車は不可。
(ノーマルのポルシェ911なら駐車可能)


<参考サイト>
retty.me
hotpepper.jp ホットペッパー
city.chigasaki.kanagawa.jp
END

 キャンプは、ストレス社会の受け皿か? 
Camping has “a great deal of impact” on reducing stress.
イメージ 1

■アメリカのキャンプ場フランチャイズ”KOA(Kampgrounds of America, Inc)”が毎年4月に公表するNorth American Camping Reportによれば、ここ数年、キャンプ人気の高まりが続いているという。 2017年は、新たに260万世帯がキャンプを開始。 アメリカ全世帯 約12,600戸の61パーセント(7,700万世帯)に過去1年以内にキャンプした人がいる。 その内、45パーセントが今年2018年もキャンプを計画しているらしい。

イメージ 2
Applox. US$70/night with full-hookups in June

 アメリカでキャンプ旅行と言えば、RV(キャンピングカー)によるレジャーだと思っていた。 なぜなら、アメリカRV旅行ではテントを張ったキャンプを滅多に見掛けなかった事と、アメリカのRV保有台数は日本(10万台)の100倍(約1000万台)だから。 しかし、RVでのキャンプは、全体の24パーセントに留まる。

 キャンプの大多数を占めるのは、テント停泊で61パーセント。 停泊地となる場所は、全米で約16,000ヶ所もあるキャンプ場やRVパーク。 テントサイトやキャビンがあるRVパークも多い。 統計では、100マイル(160km)以内のキャンプ旅行が半数を占めており、週末のレジャーとして根付いているようだ。

イメージ 7
霜が降り始める10月後半でも、テントキャンパーはいる。

■これまでRVによる旅行やキャンプ(RVing)は、その大多数を年配の白人が占めていた。 ところが近年、ミレニアル世代(18〜35才)にも人気が出てきた。 また、アフリカ系、ヒスパニック系やアジア系アメリカ人など、幅広い世代や人種にもキャンプ人気が広がっているという。 確かに数年前はアメリカのキャンプ場で白人以外の人種を見る事は無く、僕らアジア人がモーターホームで旅行しているのを珍しがられた。

 若年層のキャンプ人気は、インスタグラムなどのSNSによる影響が大きいと分析されている。 特にキャンプ場の無い辺境地でのブーンドックやグランピングに若者は注目。 RVでキャンプしていても44パーセントはRVを所有していないので、レンタルRV市場は拡大し、RV販売も絶好調。 値段が手頃な小型軽量トラベルトレーラーをラインナップするメーカーが増えている。

イメージ 3
Roadrunner Picnic Area (Google Maps)
ホワイトサンズのテーブルやグリルが備わったデイユースエリア
Photographed in 2013 by Fuji-maru

 日本は共同キッチンのキャンプ場が多いが、アメリカでは、大概、個々の停泊サイトにテーブルやBBQグリルが設置されている。 郊外のキャンプ場には、水栓や電気接続口があるテントサイトも多い。 RVの停泊では、場所により停めるだけのドライサイト、自宅と同じような環境でRVが使えるフルフックアップサイトなど様々。

■僕のキャンプデビューは5才で、場所は田口(現在の妙高市)。 親父に連れられて”タケノコ狩り”に行った時だった。 妙高山麓で姫竹(千島笹/根曲がり竹の若竹)を採り、お昼にタケノコ汁にして食べた。 缶詰のサバも入っていて、とても美味しかった事を今でも思い出す。 季節は、ちょうど今頃の6月だ。

イメージ 4 イメージ 5
写真は、FC2 yasu氏のブログ ネマガリダケのタケノコ汁より借用。

 2回目のキャンプは浅間山登山。 浅間山荘事件の翌年の夏、登山日の前後にバンガローに泊まった。 そのハズだったが、夜になると3帖ほどのバンガローは山蟻に占領され、同い年の従弟と僕は追い出されてしまう。 登山に連れて行ってくれた若いオジサンが、クルマを宿として貸してくれた。 そのクルマの車内が広く(センチュリーかプレジデント)、「こんなクルマがあるんだ」と驚いた。

 その後、中学校での登山で僕のキャンプ体験は一旦終了。 社会人になってからは、BBQのデイキャンプだけで、テントに宿泊していない。 そして2010年、モーターホームによるアメリカ旅行でキャンプにハマる。 テント設営不要で、Self-contained。 日本のキャンプは虫に悩まされるが、アメリカ中西部で虫が気になった停泊地はない。 これが家内にも気に入られ、その後のモーターホーム購入や頻繁なアメリカ モーターホーム旅行に発展した。

■ところで、日本のキャンプ人口はどうなっているのだろうか。 一般社団法人 日本オートキャンプ協会が「オートキャンプ白書」を毎年7月に発行している。 それによると2010年頃から徐々に増加し、2016年のオートキャンプ人口は830万人と推計されている。 この数値は、日本の人口の約7パーセントにもなり、意外と多いことに驚かされた。 日本のキャンプ場で利益が出せているのは、10分の1もないらしい。

イメージ 6

 全人口に占めるキャンプ人口の比率を比べると、日本はアメリカ(3,856/32,570=0.12)の約6割となる。 なぜ、こんなに差があるのだろうか? 僕なりに推測してみると、先ず、キャンプ場停泊料が高額。 旅館やホテルよりも安いのは当然だが、アメリカの2倍以上に設定されているキャンプ場が多い。 平日のデイキャンプ(BBQなど)は格安料金にしてもいいのでは。

 次に、アメリカに比べ、トイレやシャワー施設が狭くて汚い。 女性は、倦厭するでしょうね。 キャンプのイメージがサバイバル、又は真逆のグランピングに偏っている。 また、TVや雑誌は、キャンプ料理に注目しがち。 上手い料理が作れないとキャンプが出来ないとみなされてしまう風潮。 いつだったか、スーパーで買って来た寿司をキャンプ場で食べていたら、周りから変人だと思われていたようだった。

 RVでもテントでも車中泊でも、何を食べても、キャンプでしょう。 昔は、”気軽に少ない出費で自然を楽しむキャンプ”だったから、キャンプ人口が多かったのだと思う。 時間消費型レジャーは、キャンプからスマホのゲームに代わってしまった???


Google Mapsの KOAキャンプ場評価について
 ぼくの経験と照らし合わせると、各キャンプ場の評価は妥当だと思う。
★★★★(星4つ以上)ならお勧めで、それ未満ならやめた方がイイ。

<関連ブログ記事>

<参考サイト>
rvda.org April 11, 2018
insideoutdoor.com April 13, 2018
southbendtribune.com May 18, 2016

ryoko-net.co.jp 旬刊旅行新聞
jrva.com 日本RV協会 2017年06月26日
medium.com Jul 18, 2017
campingcar2.shumilog.com 町田の独り言
otaristore.com 小谷商店
END

■Staycation around Mt. Fuji

 富士山麓一周ドライブ 

イメージ 1
View Point near Lake Yamanaka (Google Maps)
山中湖 パノラマ台
地元の方によると、御殿場に別荘を建てた安倍晋三氏の祖父(岸信介)が
 当時、少々広い路側帯のみだったこの展望台を訪れていた。
ここは山中湖から御殿場市小山町へ抜けるルートの途中にあり、
当時の道路は展望台までだったそうだ。

■梅雨に入る前に富士山周辺を一周してきた。 道中、なんとなく撮った写真を掲載。

イメージ 2
Not a Camper, but a film editing vehicle
これはキャンピングカーではなく、Tokyo Film Mate Corp社の編集車
ベースとなる車体は、どこの特殊車両メーカーが製作したのか?

イメージ 5 イメージ 7
Duffet within the Makaino ranch (Google Maps)
馬飼野牧場の農場レストラン
中学生以上65才未満 1,890円(正午までの入店は1割引き)

イメージ 11 イメージ 12

イメージ 13
(株)バップ 富士山バギー

イメージ 8
View point, Rest area Asagiri Kogen (Google Maps)
Wispy Mt. Fuji in the background

イメージ 9
ドローン練習場(富士山スカイグラウンド)があるようです。

イメージ 10
1970s Honda CBX enWiki
これが発売された当時、僕はYamaha DT1のレストア思案中。

イメージ 6
本栖湖の遊覧船”もぐらん”

イメージ 14
Lake Motosuko (Google Maps)

イメージ 15
Lake Saiko (Google Maps)

イメージ 3
1980s BMW E24 M635CSi with a M88/3 engine? (enwiki)
1980年後半に発売された光モノを廃したShadow line。
当時は6シリーズに憧れていたが、新社会人の僕には買えず、
E30 325iのシャドーラインで満足していた。

イメージ 4
Empty nest couples' camper, at rest area Narusawa (Google Maps)
Funluce Ural Asia” (株)キャンピングカーランドのファンルーチェ
子供たちが巣立ち、キャンピングカーを小さいタイプに買い替えたそうだ。



<参考サイト>
vill.yamanakako.yamanashi.jp
 山中湖村役場観光課 山中湖パノラマ台
asahi.com
lake-yamanaka.net
 山中湖漁業協同組合 2006年冬 全面凍結した山中湖
all-souzoku.com
wiki
kyu-kishitei.jp
 東山旧岸邸 (御殿場市)
END

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事