ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

detroitnews.com Nov. 27, 2014

イメージ 3

Not because of the cars, but because he followed his yearning to roam. Back in 1916 he and pals Thomas Edison, Harvey Firestone and conservationist John Burroughs set out on the first of several annual road trips in Model Ts outfitted in the style of “glamping” (glamor camping).

Henry had designed a car with a built-in stove and cooler, and a truck with show-quality custom bins for tents, beds and lawn chairs. Destinations were mountains and back roads of New York, Vermont (where the four stopped in at President Calvin Coolidge’s home), New Hampshire, Massachusetts, Pennsylvania, West Virginia and northern Michigan.

Most believe that the road trips of these four, known as the Vagabonds, were intended to promote road construction so people would buy and use more cars. And it worked: By 1919 the federal government came up with 50/50 matching road building funds for states. I think, however, that Henry also knew a bit more about us humans — we seem compelled to move around, and that means many road miles on Turkey Day.

America had five million registered cars in Henry’s Vagabond days, while the rest of the world had less than one million. The U.S. had about 100,000 miles of highways, compared to about 4 million miles today. Railroads and their adjacent station hotels of the early 20th century were too expensive for common folk. Car campers, however, evolved into RVs as people yearned to leave their communities, and gain new ones, according to expert social analyst James B. Twitchell’s new book “Winnebago Nation.” Today more of us are seeking “unsettlements,” or communities continuously on the move.

Twitchell notes the modern RV industry spun off from Detroit’s Ray Frank (who created the first Dodge motorhome) in the 1950s and culminated in the RV building mecca of Elkhart, Indiana, because parts could be shipped from Detroit out of state without tax. Winnebago evolved long ago in Iowa from the efforts of an undertaker trying to create local jobs, the book explains.

Today there are growing clubs so RVers can belong to a mobile community, but still be able to detach from any permanent communities. There are amazing signs these mobile communities are growing.

Each year 1.5 million people park RVs in the warm Quartzsite, Arizona, desert landscape which officially has just 3,500 permanent residents. This dwarfs the Burning Man festival’s Black Rock City which swells from zero to 65,000 for one week each year in the Nevada desert.

Says Twitchell’s “Winnebago Nation”: It’s a psychological desire that’s growing. There are an estimated one million full-time residents now on the road in RVs in the U.S.

So what’s this psychological desire? In the 1950s Airstream inventor Wally Byam — famous for his worldwide caravans of hundreds of RVers in shiny, aluminum trailers — discovered that a community connection is key to travel, explains Twitchell. Connected yet mobile is a mantra we hear daily about our new habits with smartphones and social media. Other books have recognized the growing trend to live on the road: Author Douglas Keister in his 2008 book “Teardrops and Tiny Trailers” says “RVers are a naturally gregarious lot for the simple reason that if things don’t work out with their neighbors, they can easily move.”

One theory is that mankind is better off nomadic, rather than agrarian and therefore settled, according to Harvard professor of evolution Daniel Lieberman’s new book “The Story of the Human Body.” Farmers tend to grow simple starches that produce high yields, he observes. The ancient hunters and gatherers consumed a much greater variety of different foods and nutrients. This evolutionary biology claims that agriculture has produced a population boom and rapid human progress that we haven’t had time to evolve into, which results in Type 2 diabetes, cavities, and dozens of other diseases. In an evolutionary sense, us humans are still designed to be hunter-gatherers. Wanderers, in other words.

In fact, Twitchell’s book suggests RV living as a lifestyle of the future — called Leisure Nomads. It’s not just because of the increasing number of people forced to live on the road because of the mortgage crisis and recession, but because we actually might be chasing an instinct to roam. Just like Henry.

イメージ 1
1918 Camping at Rocky Mountain Lake Park, Colorado
写真は、mtfca.com Model T Ford Forum: Forum 2011 より借用。

イメージ 2
写真は、theoldmotor.com より借用。

<参考サイト>
gorving.com RV History
END

開くトラックバック(0)

■(未)Campfire donuts

この記事は下書きです。

アメリカでは、キャンプでドーナッツを揚げるのが定番らしい。

イメージ 1

イメージ 2

END

開くトラックバック(0)

■(未)Pet-peeve

この記事は下書きです。

イメージ 1
Hah! Think this is the best RV Park sign we’ve seen so far...
& a huge pet-peeve for many right?
イラっとくる人の行為

END

開くトラックバック(0)

 心配無用 ”し尿の処理” 
 Are you sure you can do this?

イメージ 1
 No sweat! ...Holy moly!  Valve's broken!
漫画は、i90motors.com (motorhome.com) より借用。

 For many would-be RV renters, this is the one problem they simply can’t get past. The convenience of traveling with a bathroom does mean you may have to clean your RV rental’s waste tank … which can sound like a nightmare if you’ve never done it before.

 初めてキャンピングカーを借りてアメリカ旅行しようと考えた約10年前、「キャンピングカーって、難しそう。 厄介な作業があるのでは?」 と思った。 トイレやシャワー、シンクがあって安心/便利な反面、キャンピングカー特有の給排水等の知識や経験がなかったので心細かった。

 旅行前の不安が、今となっては懐かしい。 後に、日本でアメリカ製キャンピングカーを購入し、その利便性で旅行を楽しんできた。 また、都合5回、延べ約5万キロのアメリカ旅行で、給排水にまつわる様々な苦労を体験これらをブログ記事として書き残し、皆さんが使える情報として公開しています。

イメージ 5
給水ホース(Fresh Water Hose)、排水ホース(Sewer Hose)
両ホースはレンタルRVに装備されている。

 アメリカ大陸を旅行中、キャンピングカーで停泊する場所はRVパーク。 キャンピングカー(RV)専用だが、乗用車でのテント泊やコテージ泊も可能なキャンプ場もある。 ここなら給排水設備がある停泊サイトが殆ど。 RVとの接続をフックアップ(Hookup)と呼んでいる。 フルフックアップスとは電気も含めた全接続を意味し、電気のみ等の一部接続はパーシャルフックアップとなる。 電気/給排水の無いサイト(Dry Site)では、出発時や移動途中でダンプステーション(Dump Station)と呼ばれる施設に立ち寄って給排水する。

How to Empty Your RV Holding Tanks
or

 接続方法はYoutube等の動画サイトで紹介されているので省略するが、排水の段取りや手順は注意が必要。 RVには、し尿が溜まるブラックタンクとシンクやシャワー汚水のグレータンクが装備されている。 排水管は合流して出口は1つになるが、其々にバルブが装着されている。 排水用のセワーホースでRV排水口と地面の排水孔をつないだら、最初にブラックのバルブ(グレーよりも太いパイプ)を開く。 ブラックの排水が終わり、グレーのバルブを開くとホース内に残留している汚物が洗い流される。

イメージ 6
キャンピングカーの汚水タンク(ブラック&グレー)

 サイト到着後に排水した後、ブラックタンクのバルブは閉じておく。 そうしないとタンク内やバルブに汚物が固着してしまう。 また、排水後はブラックタンクに、ある程度の水を流して溜めておく。消臭/生化学分解用のケミカル投入も忘れずに。 出発時に再度ブラックタンクを排水し、その後、セワーホースの残留物を上流から洗い流す。 ブラックタンク洗浄用給水口(Black Water Flush Inlet)がある車種では、ここから給水してブラックタンクと排水経路を洗浄する。

イメージ 7
RVには、タンク水量等を示すモニターが装備されている。
(表示タイプ/ディスプレイは様々)

 ブラックタンクは、ある程度の水量が溜まっていないとスムースな排水にならない。 特にトイレットペーパーの分解が遅いから。 そこで、タンクの3分の2程度になったら流すか、その量に近付くまでトイレの水洗レバーで水を溜める。 汚物がバルブに固着してバルブが閉まらないと、フックアップしていない状態ではトイレが使用できない。

イメージ 2
RVの排水口にワンタッチ装着する応急用バルブ(Twist-on Valve 約20ドル)
バルブが閉まらなくなったら、これを装着する方法もある。
(RVパークや、近くのRVパーツ店にあればラッキー)

 寒冷地では汚物が凍って固着し易くなるので注意。 排水バルブは、排水時以外は常に閉じておく。 万が一、バルブが閉まらなくなったら、布をビニールで包んで排水管に詰め込み、更に厚手のビニールで排水管口を覆い、排水口キャップ(Outlet Cap)を装着。 バルブが故障した状態では、RV内の水やトイレは使えない。しかし、次に寄るダンプステーションが広い汚水の受け皿になっている施設なら、詰めたビニールを引く抜く際の覚悟を持ってトイレを使う。

イメージ 3
排水受け皿が広く、水栓があって洗浄できる場所なら、
緊急時はセワーホース無しで排水できる。 (後の清掃を忘れずに)
写真は、アメリカ縦横断 20131118 #38(公開限定)より転載。

 固着してバルブが開かない、また、汚水タンクが満水に近いと、キャンピングカー内の水やトイレは使えない。 ブラックタンクが満水に近づき、キャンピングカーが大きく揺れると、トイレの床に汚水が溢れ出す事があるので注意。 この場合は記事#6で解説しているハニーワゴン(バキュームカー)で便器排水孔から汚水を吸い出す事に。 仮設トイレ(Porta John)のレンタル店に電話して、汚水回収業者(Honeywagon Waste Services)を呼ぶか、そこへ行く。

イメージ 8
アメリカには、日本では想像できない道がある。
写真は、下記ブログ記事より転載。

イメージ 4
こんな事態は避けたい

 寒冷地では給水にも留意。 水を使わない就寝時等に接続ホースや車内パイプ内の水が凍り、管路が破損する。 これを防止するため、蛇口(Faucet)からポタポタ落ちる量の水を出しておく。 寒冷地仕様のRVなら配管やタンクに凍結防止ヒーターが装備されているので安心だが、レンタルRVでは望みが薄い。

イメージ 9
このRVパークの蛇口(Spigot)には、凍結防止用ヒーターが装備されていた。
写真は、アメリカ縦横断 20131115 #35(公開限定)より転載。

 さて、RV旅行に慣れてくると、給排水がRV旅行の自由度を制限している事に気付く。 同乗人数やタンク容量にもよるが、毎日の給排水を省略したくなる。 排水できないサイト(Dry Site)は、停泊料金が安い。 また、キャンプ場以外の場所にも停泊したくなる。 RV究極の旅は、停泊が許容された荒野での無賃停泊(Boondock)。 問題は、どこで給排水するか? どこにダンプステーションがあるか? この情報は、下記のブログ記事で。

記事の一覧

イメージ 10
RV大国アメリカには、様々な場所にダンプステーションがある

イメージ 11
グランドキャニオン サウスリムのダンプステーション看板

イメージ 12
RVパーク(キャンプ場)のダンプステーション

イメージ 13
トラックストップ(大型ガソリンスタンド)のダンプステーション

イメージ 14
無料ダンプステーションのあるレストエリア

イメージ 15
ハニーワゴンによる汚水回収

イメージ 16
RVerに優しいオレゴン州

イメージ 17
You may read my article "Dump Stations in the US"
before rv-toilet explodes!
Photo courtesy of recalcroute.com


<参考ブログ記事>
停泊地やルート関連情報
 Boondocking どこでも停泊できる訳では無い事に触れた記事
 Dry Camping フックアップなしのキャンプ

 Rest Area in the US #1#2#3#4#5#6 レストエリア

 
旅行ルートの設定
 Google My Maps ”Monument Valley ” モニュメントバレーの地図


基礎知識
 よくある質問 アメリカ キャンピングカー旅行
 Full Hookups in Japanフックアップとは

リスクマネジメント
 アメリカ 閉鎖された国立公園の現状 ガバメントシャットダウン
 Car Carrier #9 車両牽引時の通行制限 トラベルトレーラー牽引時の注意点

長期旅行に必要な知識



 最近販売された レトロ化キット 
 Transform your Citroën van/camper into a retro Type H

イメージ 3
写真は、asahi.comの上記記事より借用。

イメージ 25
Citroën Type H Campervan
シトロエン タイプHを改装したキャンパー
写真は、topworldauto.comより借用。

イメージ 21イメージ 22
イメージ 23イメージ 24
Citroën Type H Camper Conversion
シトロエン タイプHをベースに改造したキャンパー
写真は、sendflowers4.infoより借用。

 シトロエン タイプH(Citroen H)といえば、今では世界的なファッションアイコン。 ”お洒落なパリ”のイメージを醸し出す典型と言えるかも。 キャラクターの濃いデザインゆえ、広告やイラストなどのモチーフに使われることも多い。 タイプHの名前は知らなくても、キッチンカー(後述する)で見かける機会が多い為か、このデザインの認知度は高い。 シトロエン社は、貨物自動車 タイプH(wiki)を1947年から1981年まで製造販売していた。

 デュッセルドルフで開催された2018キャラバンサロンにイタリアのTypeH(Caselani Automobili Srl)社がレトロなキャンパー”Wild Camp”を出展した。 シトロエン タイプHに似せたもので、いったいどうなっているか?というと...

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 19
based on a Citroën Jumper Combi L2H2
現地車両価格 €41,597(約540万円)+キット€22,800(約300万円)
(1919年設立のシトロエン社70周年を記念して70台のみ販売)

 シトロエン ジャンパー(フィアット デュカトの兄弟車)をベースにしたクラスBキャンパーにレトロな外装を被せている。 デュカトの全長は4種類あるが、全長5.99mのみにフィット。 約1年前に企画され、今年8月にお披露目された。

イメージ 4イメージ 5
based on a Citroën Jumper (L 5.99m) or Fiat Ducato etc.

イメージ 6
イメージ 7
キャンパーバン用キットは、
塗装と装着費用を含み€20,800(約270万円)で販売。
(Wild Camp用のキットとは内容が異なるらしい)

イメージ 8
Type H Class B+ Camper Kit €11,800(約150万円)
クラスB+キャンパー用キットもある。

 シトロエン タイプHは35馬力しかなく、最高時速も約80km/h止まり。 シトロエン ジャンパーベースのキャンパーなら、アウトストラーダも快適に走行可能だ。

 日本にはジャンパーの兄弟であるフィアットデュカトベースのキャンパーが輸入されているが、滅多に見掛ける事は無い。 アメ車フルサイズバン同様、6m弱の全長は日本のワンボックスカーベースのキャンパーに比べかなり大きなサイズ。 価格も2倍近く、筋金入りのRVerが乗る高嶺のキャンピングカーだ。

イメージ 9
Hymer Grand Canyon based on a Fiat Ducato
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12
Photographed in Japan (at Whitehouse)

 レトロなキッチンカーは時々見かける。フォルクスワーゲン タイプ2(wiki)やシトロエン タイプHをベースにしたものや、軽自動車にHタイプのマスクを付けたものがある。

イメージ 13
写真は、代官山に移動車アロカフェ☆より借用。

イメージ 14

右:EZYCAFE社 EZY_H

参考ブログ記事

イメージ 17
Food Trucks by TypeH, Kit €20,800(約270万円)
TypeH社ではキッチンカーの完成車やキットも用意している。
日本では、千駄ヶ谷のルパルナス社が輸入販売(完成車770万円〜Twitter)。

イメージ 18
For Panelvan (or Minibus) by TypeH
普通のパネルバンやミニバス用もある。


 余談ですが、昔、トヨタMR2をフェラーリ288GTOやF355風にカスタムする外装キットがあったね。

前のブログ記事

イメージ 20
#2で紹介したWinnebago Braveの復刻版
写真は、andthenwesaved.com living-tiny-winnebagoより借用。


<関連ブログ記事>
<参考サイト>
campingtrend.nl Aug. 11, 2018
auto-motor-und-sport.de Aug. 15, 2018
usinenouvelle.com Aug. 15, 2018
outboundliving.com Sep. 6, 2018
motorhomefulltime.com Sep. 9, 2018
blog.le-parnass.com Aug. 28, 2018
 ルパルナスが日本で販売を開始します!
 シトロエン Type H 70周年アニバーサリーバン
 諸費用オールイン乗り出し770万円より
goo-net.com Jul. 7, 2017
wiki
日本のシトロエン ジャンパー
END

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事