ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

トラベルデポさん

 モーターホーム旅行のコンサルタント 
 
今秋のアメリカ旅行は大陸横断ではなく、グランドサークル周遊旅行になりました。 グランドサークルとは、レイクパウエルを中心に半径230kmの円の中に入る地域の事です。 この地域には、8つの国立公園と無数の自然・文化公園が散在します。 レイクパウウェルは、ロサンジェルスから北東に約600kmにあるコロラド川の人造ダム湖です。
イメージ 1

 今現在、検討中のコースは、
  1.L.A.〜バストゥ
  2.オートマン〜グランドキャニオン国立公園
  3.モニュメントバレー
  4.アンテロープキャニオン〜レイクパウエル〜ブライスキャニオン国立公園
  5.ザイオン国立公園〜フーバーダム〜ラスベガス
  6.アナハイム
  ※時間があれば、途中にある2ヶ所の空軍基地に立ち寄りたいです。
    ネリス空軍基地は、サンダーバーズの本拠地です!
 
今回、旅行の中核となるのは、グランドキャニオンです。
人生観を変えるという絶景や朝日や夕日に赤く染まる景色は、リムと呼ばれる谷の縁に宿泊する事で100%満喫する事が出来ます。
小型飛行機やバスで訪問する方法もありますが、当初 「車でのアメリカ横断旅行」を考えていましたので、同じ車での旅となるキャンカー(キャンピングカーの略)で行く事にしました。
キャンカーであれば、時間を気にする事なく現地に滞在できますし、現地に宿泊するので夜明けも体験できます。

アメリカでは、宿泊用に装備された車をキャンカーとは言わず、モーターホームと呼んでいます。
日本と異なり、広大な土地に 広い道路や駐車場が建設出来ますので、モーターホームのサイズも大きく出来ます。日本の感覚では、巨大な大きさの車です。
例えば、今回お世話になる エルモンテRVレンタル社で最も小さなサイズであるC−25でも、全長7m×全幅2.5mとなります。 このサイズは、日本の軽自動車4台を2列に並べたのと、同じです

イメージ 8
 
借りる事が可能な最も大きなタイプAは、全長11m×全幅2.5mで、日本の大型バスとほぼ同じで、アメリカでは普通免許で運転できます。
 
内装も豪華です!
レンタル代は、US$362/泊
(今回借りるCS-25はUS$359)
イメージ 9
このモーターホームの旅をサポートしてくれるのが、トラベルデポさんです。
「アメリカ横断」をキーワードにネットで「アメリカ横断」に関する情報を集めている時に このトラベルデポさんを発見しました。先日の記事でも書かせていただきましたが、今回の旅行のアレンジをお願いしています
 
トラベルデポさんの会社の陣容は聞いていませんが、下記の通りの業者さんです。

社名:トラベルデポ・インコーポレイテッド http://www.motor-home.net/
本社所在地:アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市 カラカウアストリート2222スイート605
日本所在地:〒261-0013 千葉県千葉市美浜区打瀬2-22-4-1403
電話:043-212-5620 ★IP電話: 050-3128-1729
携帯電話:090-8597-1403
FAX:043-212-5620
e-mail:mail@motor-home.net
代表者:代表取締役 小林 康之
設立:2006年6月
資本金:34,000ドル(設立時: 約400万円)
加盟団体:(社)全国旅行業協会正会員、 千葉県旅行業協会
旅行業登録番号:千葉県知事登録旅行業 第3-763号
総合旅行業務取扱管理者:小林 康之
営業日・時間:9:30〜17:30
 (土・日・祝日はお電話での対応はしております。お気軽にどうぞ)
※トラベルデポさんから発信されるパソコンアドレスのE-mailは、朝6時過ぎが多いです!
 
先日24日 ビックサイトで開催された「東京キャンピングカーショー2010」の会場で、小林さんご本人にお会いしてきました

イメージ 2 イメージ 4
イメージ 5

今回の旅で借りるモーターホームに近い車が展示されていましたので、実車を目にしながらモーターホームについて説明をしていただきました。
 
イメージ 6 イメージ 7
イメージ 3
小林さんが、ボケッと写った写真しかありませんでした。 小林さん、笑って許して!(笑)
<7/29追記>↓ 小林さんのブログは、こちら↓ 会場が紹介されています。
 
現車を見ながら説明やアドバイスをいただき、後にテーブル席で「運転マニュアル」を見ながらモータホームの説明を受けました。

今回参考になったのは、借りる車のサイズについてと レンタル会社の車両の入れ換えの件です。 モーターホームの部屋を広げる機能を スライドと呼びます。 停止状態で車体の一部が進行方向と直角方向に 電動でスライドし 部屋が拡張します。 現在は、このスライドタイプに順次 移行中だということで、このスライドタイプを借りれば、比較的新しい車をレンタルできそうだ、と言うことです。

装備品の故障による苦労は避けたいですから、保険の意味で、若干割高となりますがスライドタイプ車に変更しました。(約1,500円/日のアップ 冷蔵庫が冷えなかったり、照明が点灯しなかったり、ジェネレーターが動かなかったりと、機械には故障が付き物ですから。
 
また、周遊コースについても ざっと 説明を受けました。 旅行者の中には、クルマでの移動に必須な地理情報等を全く持たずに現地へ行ってしまうツワモノもいらっしゃるようです。 私は心配なので、グーグルのストリートビューで、目的地周辺をチェックして行きます。
 
ここ一週間くらいでコースや宿泊地を決め、モーターホームで停泊するRVパークを予約しなければなりません。 9月の旅行ですので予約は未だ間に合うようですが、8月の予約は既に厳しい状態のようです。 大きなRVパークは施設が整っていて、受付棟も立派だそうです。ワイヤレスLANもOKです。 しかし、小さなRVパークは施設も小さく、設備も無いようなところは空いているようです。
 
Web等で得る情報が増えるにつれ、あそこも ここもと、行きたい場所が出てきます。 見落とした、又は、時間的に厳しい場合は、次回のお楽しみ、と割り切らねばなりませんね。

開くトラックバック(1)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事