ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

 ガーミンナビグーグルアースで記憶が蘇る! 
 
ガーミン ポータブルナビのロガー機能をグーグルアースと連動させ、2011年アメリカ モーターホームの旅のルートを追って見ます。
 
7日目の続きです。
フリドーニアからカイバ、コロラドシティ、アップルバレー、ハリケーンを抜け、I−15Sへ。
セントジョージ(St.George)〜メスキート(Mesquite)間はハイウェイの峠道。 でもアクセル全開!
ラスベガスは、フリーウェイからホテル群をビデオ撮影しながら通過。
イメージ 1
 
バレーウェルズ(Valley Welles)のレストエリアで一服。 トイレのみで、自販機すら無い。
イメージ 2
 
ガソリンも残り少なくなった事と日没撮影の為、バストー手前でI-15を下りる。 5回目の給油
イメージ 3
 
レイクパウエルから13時間掛かって、これまで停泊経験のない アナハイム RVビレッジに駆け込む。
既に夜8時半になっていた。 9時になると下図左上のディズニーランドの花火が打ちあがった!
イメージ 4
 
いや〜7日目の走行距離924km。 でも疲れてない。 元気にRVパーク周辺を探索。(笑)
 
8日目はモーターホームをエルモンテRVレンタルに返却。 午前11時までの返却なのでI-5の激しい渋滞に巻き込まれなくて済みました。 エルモンテのシャトルバスでLAXへ、そして帰国。
 
つづく・・・最後は、ホワイトポケット。
 ガーミンナビグーグルアースで記憶が蘇る! 
 
ガーミン ポータブルナビのロガー機能をグーグルアースと連動させ、2011年アメリカ モーターホームの旅のルートを追って見ます。
 
7日目、レイクパウエルにて1号車とお別れ。 2名でLAまで1日で約900kmをワープします。
本来なら前日にはレイクパウエルを出発し、Iー40Wまで出てで行けるとこまで行く予定でした。 別れを惜しんで&内緒のお遊び!を皆さんと楽しもうと、レイクパウエルに泊まってしまったのでした。
 
早朝の出発の予定が、更に ずれ込んで日の出の後に。 途中の観光は無理かな〜。
でも、やはり立ち寄ってしまいます。 ここは、コロラド川の蛇行でできたホースシューベンド(Horseshoe Bend)。
イメージ 1
 
先を急ぐので、RT66をかじりながらのI−40Wを諦めて、距離と時間優先でUS−89 → I−15Sルートへ。 こちらのルートの一部Vermilion Cliffs Highwayは、初めて通るので楽しめます。
イメージ 2
 
マーブルキャニオン(Marble Canyon)のコロラド川に架かる橋 ナバホブリッジ(Navajo Bridge)を渡り、
イメージ 3
 
イメージ 4
 
を越え。、
イメージ 5
 
グランドキャニオン ノースリムへの分岐点 ジェイコブレイク(Jacob Lake)。 ここは松林に囲まれていて、ガソリンスタンド、レストラン、RVパーク、 ビジターセンター等、色々あります。
イメージ 6
 
先日通ったカナーブの隣町フリドーニア(Fredonia)で4回目の給油。 そして軽い昼食。
イメージ 7
 
つづく
<関連記事>
 ガーミンナビグーグルアースで記憶が蘇る! 
 
ガーミン ポータブルナビのロガー機能をグーグルアースと連動させ、2011年アメリカ モーターホームの旅のルートを追って見ます。
 
6日目、レイクパウエルとカナーブの中間地点のパーリアレンジャーステーションに寄ります。 目的は朝9時に行われるザウェイブの進入許可書抽選会。 それでザイオンを早朝6時に出発して来ました。
出発してから128kmを 約2時間半で走破。 抽選に間に合って良かったです。
イメージ 1
 
The Waveの抽選会の後は、ホワイトポケットに行くのですが、このツアーの軌跡は、"ガーミンナビで見る旅行の軌跡"連載の最後に。
 
ホワイトポケットから戻り、パーリアレンジャーステーションに駐車していたモーターホームでレイクパウエルへ。
赤い岩と 青い空、紺碧の湖水。 砂漠の中の楽園へ。 緑とお○があったら天国かも。
イメージ 2
 
US−89沿いのレイクパウエルビューポイントを見たく、旅行の師匠、小林さんのモーターホーム1号車に先に走ってもらう。 が、通過してしまった! 「ここ、ここ!」 行きたかった場所。 また、行くから、ま〜いいや。
イメージ 3
 
ワーウィープ サウスエントランス(Wahweap South Entrance)からワーウィープベイへ行く途中のビューポイント。 何度訪れても美しく、心癒される場所です。
イメージ 4
 
ワーウィープ キャンプグラウンド(Wahweap Campground)に到着。 湖畔のRVパークです。
イメージ 5
 
「酒が足りない!」と騒ぐ方々を連れてページの街へ。 呑兵衛の方々は、黄色矢印の位置をメモメモ。 酒屋です。
イメージ 7
 
酒の買い出しの途中で観光。 グレンキャニオンダム。 「腹減った!早く帰って来い」と、留守番組から電話。
ロガーデータでの走行軌跡は谷底へ。 橋から転落? 橋が崩落? いえ、ちゃんと橋の上を渡りました!
イメージ 6
 
つづく
 
 ガーミンナビグーグルアースで記憶が蘇る! 
 
ガーミン ポータブルナビのロガー機能をグーグルアースと連動させ、2011年アメリカ モーターホームの旅のルートを追って見ます。
 
6〜8日目の移動データです。 走行距離は、6日目221km(濃水色)、7日目924km!(青色)、8日目自走(水色)18km、8日目シャトルバス(白色)37km、移動距離合計1,200km、自走距離合計1162km。
これで、8日間の自走距離累計は、2,467kmになります。<2011年11月13日追記:オドメーターでは2,445km>  移動距離累計は、この後に掲載するホワイトポケット分が追加になります。
イメージ 7
 
上図の中に6日目の高度のグラフを追加しました。 この日は、ザイオンの峠越え。 標高1,200から1,900mへの急坂をモーターホームが登ります。
 
6〜8日目のルートは、ザイオンレイクパウエル → → → → → → → → → → → →  LAのRVパークエルモンテRVレンタルLAX 
ザイオン〜レイクパウエル間では、バーミリオンクリフス国定公園を管理するパリアBLMに寄り、今回の旅行のメダマであるホワイトポケットへのツアーに参加します。
 
グーグルアースで見ると下図のようになります。
イメージ 1
 
6日目は早起きです。現地時間24日午前6時にザイオンのRVパークを出発。 ザイオンの峠を目指します。
イメージ 2
 
Mt.SpryとBridge Mountainの間の九十九折の山道を登ります。 とは言え、真っ暗闇で景色など見えず、見えるのは三日月だけ。 ほぼ登りきると、トンネルです。 昨年の秋はトンネルの改修工事で片側交互通行でしたが、その工事も終わって綺麗な道路になっていました。 ここは、トレーラーは通れません。
イメージ 3
 
このT字路はマウントカーメルジャンクション。 ザイオンを貫通するUT-9の終点で、ここからUS−89に。
ガソリンスタンドやレストラン、ロッジ(Thunderbird Lodge)があります。
イメージ 4
 
カナーブ(Kanab)の街を通り抜け、郊外へ6kmほど走ると ご来光。 眩しい朝日に向かって一直線に走る。
イメージ 5
 
ザウェイブ(The Wave 黄色の矢印)のトレイルヘッド駐車場(WirePass)に通じる道路を右に見ながらカーブを通過。 ホワイトポケットに行く場合も この脇道を入って行きます。
イメージ 6
 
つづく
 ガーミンナビグーグルアースで記憶が蘇る! 
 
ガーミン ポータブルナビのロガー機能をグーグルアースと連動させ、2011年アメリカ モーターホームの旅のルートを追って見ます。
 
ラスベガスのストリップを右に見ながら I−15Nでザイオンへ。
イメージ 4
 
ホテル サーカスサーカスにはRVパークもあります。 写真の中央で駐車場のように見える所です。
イメージ 5
 
I−15を下りたところで、3回目の給油
イメージ 1
 
イメージ 2
 
ザイオンに到着した頃は、既に闇夜。 4日目の停泊地は、3ヶ所有るキャンプ場から フルフックアップ可能なザイオンキャニオン キャンプグラウンド(Zion Canyon Campground)を選択。 何れも岩山The Watchmanの麓。
イメージ 3
South CampgroundWatchman campgroundは、ドライサイトでダンプステーション有り。
前者は a first-come, first-serve basisでセルフレジストレーション、後者は Reservation。 詳細は→***
 
つづく

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事