ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

Just Kidding

 キャンカーでサーキット走行! 
 
今日12時の体験走行は、キャンカーのドリゾウで鈴鹿サーキットを走ってみた。
巨体の割にはロールが少なく、道路の段差もないので快適であった。
 
イメージ 1
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実はサーキットカートで、本コースを時速20キロで走行。 駆足より遅いから、イライラする。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
この後、ピットロードをウロウロ。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
サーキットホテルには、PCJの車たちがゾクゾクと到着しています。 自走車、或いはキャリアでの牽引も。
 
イメージ 7
 
この御方、速いモノが好きなんだ。
 
イメージ 8
 
高い所も好き。
 
イメージ 9
 

Full Hookups in Japan

 初めて日本でフルフックアップした! 
 
 
 アメリカでは、RV(キャンピングカー)を 道路や空地、或いはガソリンスタンドやお店の駐車場に停めて、停泊はできない。 治安の問題もあるが、州法で停泊場所が制限されている。 だからRVパークと呼ばれるRV用のキャンプ場が無数にある。 フリーウエイの出口付近や観光地で多く見る事が出来る。
 
 RVパークのドライサイトと呼ばれる場所にRV(キャンピングカー)を停泊すると、駐車スペース以外は何も無い。 寝るだけなら何も要らないが、炊事の水や電気、トイレやシャワーの水、照明等、全て自前で賄わなければならない。 即ち、タンクに入った水、バッテリーか発電機による電気、水を使った後の汚水を貯めこむタンクが必要になる。 トイレやシャワーはRVパークの設備が使える場合もあるが、炊事場はRVパークに無いのが普通だ。 騒音を発する発電機は、大概のRVパークで使用禁止、或いは使用時間帯制限がある。 LPガスは外部供給ラインと接続して使う様な仕組みは無く、RV搭載のLPGボンベを使う。 このドライサイトは、日本の一般のオートキャンプ場に近いが、料金はUS$10〜20/泊と安い。
 
 一方、水・電気・排水がRVに接続できるフルフックアップサイト(Full hookups site)と呼ぶ停泊区画がある。 更に電話・ケーブルTVを接続出来るRVパークもある。 このサイトに停泊することで、RVは普通の家と同じ状態になり、水やバッテリーの残量を気にせずに生活が出来る。 当然、料金も高くなるが、US$30〜60くらいだ。
水か電気の一方だけの場合はパーシャルフックアップ(Partial hookups)とか、電気のみはエレクトリカルフックアップ(Electrical hookup)と呼ぶ。 水や電気、排水を接続する作業を”フックアップ”と言う。
 
 日本でフルフックアップできるオートキャンプ場は稀だ。 これまで数ヵ所のフルフックアップが可能な日本のオートキャンプ場に行ったが、フルフックアップサイトには停泊せず、電気だけのサイトを選んだ。 短期の旅行なので、タンクの水が底をつく事や 排水タンクが満杯になる事は無いからだ。 今回も数日の旅行なのだが、今、停泊してブログを書いているオートキャンプ場は、フルフックアップできるサイトにした。 何故なら、電気のみのサイトが満杯で予約出来なかったからだ。
 
イメージ 3
 
 上の写真は昨日の夕方の風景。 キャンプしているのは我々だけ! 電気だけのサイトには誰もいない!

 キャンプ場にハメラレタ!? 料金の高いフルフックアップに・・・。 管理員に聞いたら、「ゲートボールでキャンプサイトを貸しているので、フルフックにしか停泊出来ない・・・」 という理由だった。
 
 初日は電気だけ、2日目はフルフックアップのサイトを予約していたのだが、現地キャンプ場の受付で「料金は予約と同じで、両日ともにフルフックアップに停泊下さい」と言われた理由も分かった。
 
 さて、このキャンプ場は、鈴鹿サーキットオートキャンプ場です。 http://www.suzukacircuit.jp/camp_s/ 以下の3種のサイトが選択可能。
 フリーサイト;5,000円/泊
 個別サイト;6,000円/泊;電気のみ
  → オプションの遊園地のフリーパス付きにして4,700円×2名=9,400円
 キャラバンサイト; 7,000円/泊;フルフックアップ
 
 これまでのアメリカRV旅行では、毎回フルフックアップ。 そうしないと炊事やシャワーで水が無くなってしまうし、同時に排水タンクも満タンに。 今回の日本の旅は、フルフックアップの必要は無いが、折角のフルフックアップサイトなので、日本で初めてフルフックアップしてみた
 
イメージ 4
 
イメージ 5
アメリカの標準規格と この接続口は異なる。
 
 黄色いコードが電気、水色が水のホース、茶色いジャバラが排水ホース(セワーホース)だ。 緑の芝生の上が、なんともカラフル。
 
 雨も上がったし、フルフックアップしたからには、自炊だ。 当初は隣接ホテルのビュッフェで食事する予定でいたが、途中で買ってきた食材で簡単な夕飯を作って食べた。
 
イメージ 6
 
ご飯も炊いた。 自炊すると ついつい食べ過ぎるんだな。
 
イメージ 1
 
牛タン と カルビを焼いただけだけど、 ウマかった。 やはり、外で食べると食欲が進む。
 
イメージ 7
 
夕食後、100mほど離れた所にある天然温泉「クワガーデン」に行って来た。
 
イメージ 8
 
夜のドリーは、取っ手が綺麗だ。
 
イメージ 2
 
 今、雨は降っていない。 夜だが、雲の合間から青空が見える。 曇りなら、明日はカートでもして遊ぶつもり。 朝食は何を作ろうかな。
 
※22日(日)Cパドックでの昼食は、ちらし寿司を8人分くらい作ろうかと思っています。 一気に10合が20分で炊けますから、その場で作るか 或いは 朝作ってしまうか、どうしよう。 煮込みうどんも出来ます。10人分購入しました。 状況や来られる方々の意見で決めましょうね。
 

<関連ブログ記事>
END

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事