ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

Workamper、Workamping とは

 RV大国アメリカならではの求人求職 

パークレンジャーとワーキャンパーのキャンプホスト
 
■1980年代、アーカンソー州に住む若い夫婦の想像に端を発し、一つのアイデアとして それは始まった。 「もしも、RVに乗っている人たち(以降、RVer)に役立つ出版物があったら どうなんだろう? 特にRVerの生活様式に相応しい就職口やボランティア口を見つけられるとしたら・・・」 アメリカ陸軍工兵隊(USACE)でパークレンジャーをしていたグレッグ・ロバス氏は、こんな事を彼の妻に聞いた。

 彼の妻デビーは幼稚園の先生をする傍ら、刺繍デザインや会報出版の内職をしていた。 ロバス氏は任務として、アーカンソー川沿いのUSACEのキャンプ場において 繁忙期のみ受付に住み込みで働く接客係を募集し採用するという責任があった。 宿泊棟の無いキャンプ場で採用できるのは、RVに乗り 現地に停泊できるRVerだけ。

 レンジャーとして13年間、彼は受付係で働く何百人もの人達と共に仕事をしてきた。 その多くは定年したか、定年を目前にした人や夫婦だった。 彼らの仕事に対する倫理観や冒険好きな性分は、彼に強い印象を与えた。 もしも、他の公共機関や民間事業者がこの潜在的な労働予備員の存在を知ったら、それは巨大な需要になりそうだと彼は確信した。
 
アメリカ政府所有の土地は、各機関により分割、管理されている。 アメリカ陸軍工兵隊(USACE)も その機関の一つ。 USACEは、アメリカ国内外の土地を管理し、これにはアメリカ軍基地の嘉手納や厚木基地等も含まれる。 軍用以外の土地もあり、それは河川、ダム、森林、レクレーション地域等だ。 その管理地内にUSACEが運営する公営キャンプ場がある。  参考記事 → Dispersed Camping
 
 
Twin Lakes Campground, Winnebago Trail, Pendleton, SC
Managed by US Army Corps of Engineers

■1986年の夏、ロバス氏はキャンプ場の門番4名の欠員を 約100名の応募者の中から補充した。 そのご時世では、潜在する応募者は求人情報を求め 全米400以上もある現場事務所に対し個別に連絡を取らねばならなかった。 多くの応募者を集めた公園もあれば、応募が募集定員に満たない公園もあった。

 一緒に働いていた接客係からロバス氏が受けた質問の多くは、「どうしたら国中の他の公園や他の政府機関でこの種の仕事を見つけられるのか?」だった。 彼は会社に対し、この種の求人情報に対応する全米情報センターを開設すべきだと提案ししていた。 しかし、状況は何も変わらない。 彼と彼の妻は、自らこの情報格差を打開する手段があるのではないかと思い始めた。 果たしてRVerと雇用主を結びつける目的に特化した定期刊行物を維持して行けるだけの予約購読者はいるのだろうか?

 夫妻は、彼の経験と 妻の広報発行、植字、グラフィックデザイン、大量郵送処理、執筆+α、ニッチマーケットに適した広報の創作の専門知識を組み合わせた将来の可能性を調査し始めた。 夫妻は現状の仕事が好きだったが、両親から起業精神を引き継いでいたので新たな機会の幕開けとなった。

 夫妻の迅速な調査は、RVer達を待ち望む多くの雇用機会がある事を明らかにした。 USACEにおけるRVer達の仕事は氷山の一角であった。 それにしても、このようなRVer達を表す単語はないのだろうか? この生活様式を適切に言い表す単語があっていいはずだ。 長時間の話し合いや調査を経て、”Workamper”と言う言葉を創り出した。
 
参考記事
Americans Love RVing、RV出荷台数 (アメリカのRV販売台数、普及状況)
 
 ■1986年、彼の妻は務めていた学校の学期が終わるのを機に教職をあきらめて、コンピューターを用いた出版=デスクトップパブリッシングの習得に専念する。 彼も仕事以外の時間を業務構想の調査や数字の分析に費やした。 そして 1987年の春、彼は思い切ってUSACEを辞め、アーカンソーの家も売り払って小さな家に移り住んだ。

 その年の夏には8ページからなる最初の”Workamper News”を200部ほど印刷した。 50部は申し込み(年会費US$15)をしてくれた人に郵送し、残りは民間キャンプ場や政府機関、アウトドアレジャー関連企業に配った。 当初は口コミで広がったが、購読者が増えるにつれRV関連雑で広告宣伝もした。 5年後には24ページになり、購読者も6千人を上回った。

  ”Workamper News”は成功し、全米からの購読申し込みや記事の掲載を求める雇用主からの電話に追われる毎日になる。 情報量が莫大になり、”Workamper News”はペラペラの広報から分厚い月刊求人誌に変貌していく。

 1996年にはネットビジネスwww.workamper.comも展開する。 これにより、オンラインでの求人求職登録やその情報のリアルタイム配信が可能になった。 年会費制で求職US$33〜54 求人US$40〜102。 雇用主へ提示する履歴書のアップロードも可能。

 現在は求職者と雇用主の双方向マッチングサービスやセミナーも行っている。 RVer専用の民間ハローワーク又は就職支援サービスのような企業になった。 (アメリカには政府が全米を網羅するように組織した職業安定所は無い) 現在の”Workamper News”発行部数は、7万だ。

 現在では、
 www.workamper.comに類似した求人サービス会社が、いくつかある。

■”WorkamperアメリカのRVerは一度はこの単語を聞いた事があるというが、定年退職後にキャンプ場で働いているキャンプホスト等の人達と勘違いしている事が多い。 キャンプホストとは、無償でキャンプさせてもらう代わりにキャンプ場の維持管理をしている人。

 確かに”Workamper”と呼ばれる人たちの約半数は定年退職者だが、その平均年齢は53才。 従って、年金をもらっていない年齢では、キャンプ代が無償のみでは生活が成り立たない。 ”Workamping”の意味には、自分の時間を価値あるものと交換するに事に関与している活動が含まれている。

 キャンプホスト夫妻と空サイトを見に行く僕。 左のRVはキャンプホスト。
Fort Pickens Campground in the Gulf Islands National Seashore
south of Pensacola, Florida
 
 ”Workamper”という造語は一般の英辞書には掲載が無い。 1987年にアメリカ特許商標庁に商標登録されていた。 ”Workamper”の定義は、RVでキャンプしながら仕事をするという素晴らしい生活様式を選んだ冒険気質のある夫婦や家族等の事。 仕事はパートタイム、フルタイムを問わない。 もしも、あなたが従業員、事業家、又はボランティアとして働き、夜はRV (又は仕事場内の宿舎)で眠っているとしたら、あなたは”Workamper”となる。

 Cが大文字の"WorkCamper"も商標登録されていて、これは慈善団体でボランティアとして働く人を意味する。 Full-Timer”という単語は、RVer間では常にRVに乗り旅行しながら暮らしている人を指す。 時々RVに乗って旅行する人を”Part-Timer”と言う。 RVを年中決まった場所に定置し、そこで生活する人達は”Workamper”でなければ”Full-Timer”でもない。 日本にも 僕が知っている範囲で”Workamper”が2名いる。 両者共にRVを移動ビジネスのプラットホームにした事業家だ。

実際に”Workmper”として働いている人を紹介。 60代の夫婦 Geri & ChuckがブログPhunnyFarmで、その生活を綴っている。 彼等は今年の3月から4ヶ月間 フロリダ州のMyakka River State Parkでボランティアとして働いている。 電気、水、排水を含むキャンプサイト代(FHU:フルフックアップ)と洗濯機使用料は無料だ。 ボランティアで働く時間は週に10〜20時間程度。 それ以外の時間は周辺を散策したり、近場の旅行を楽しんでいる。

 民間RVパークに”Workmper”として就職するまでの経緯を綴ったブログもある。 co-bearの夫妻はRVパークの維持管理業務等にフルタイムで携わり、時には写真家として撮影技術を教えるセミナーをRVパークで開催している。

 ”Workmper”を求めているキャンプ場のウェブサイトを一つだけ紹介。 Wildwedge Golf & RV park 一週間に20時間程度の夏だけ仕事だが、それ以上の業務時間には賃金を支払うという。 勿論、フルフックアップのサイト代は無料だ。 仕事は単純な維持管理だけではなく、専門的な技術を要するモノまで様々だ。 
 
KOA 1000 Islands Campground, Henderson, NY on Nov. 6, 2013
Closed for the Season, Opening on April
 
■アメリカは南北に広いから、キャンプ場の繁忙期は南部と北部で季節が逆になる。 以前記事にしたアリゾナ南部のQuartzsiteは11月から2月がピークシーズンで、暖かい地を求め 全米各地やカナダからRVerが集まってくる。 夏はどうなっているのか?9月に行き様子を探ってみると、イベント会場周辺は閑散としたゴーストタウンのようになっていた。
 
 北部や高地では10月を過ぎると停泊者が減るので休業するキャンプ場が多い。 昨年の11月にRVで北部を旅行した際、キャンプ場を探すのに苦労した。 ナイアガラの滝付近ではKOA等のフランチャイズ大手のキャンプ場も休業していて、止む無くモーテルに宿泊する事態にも遭遇した。 営業期間が5月から10月のキャンプ場もあった。

 閑散期の休業は、キャンプ場に限らずモーテルやレストランでもあるので、アメリカを旅行する際には注意が必要だ。 こんな気候環境だから、季節により南北を渡り歩くRVerに向いた仕事があるのかも。 彼らの事を”Snowbird”(渡り鳥、避寒者)と呼んでいる。 
 
 季節により移動する”Workamper”や
持ち家を売り払った”Full-Timer” の現住所は?

住所不定の彼らに郵便は届くの?
免許証の住所や その更新は? 車両の登録地は? 税金は?

アメリカには、これらの問題を解決している会社がある。

これは、次回の記事 Domicile for Full-timers で。
 

開くトラックバック(1)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事