ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

 There is No Loss in you knowing that. 
知っていて損は無い、アメリカのレストエリア

イメージ 3
Signs of Rest Area, Photoshoped by Fuji-maru

アメリカのハイウェイにある休憩施設をレストエリアと呼ぶが、州や路線により名称が異なる。 日本ではPA Parking Areaと SA Service Area(又はEXPASA)の2種だが、アメリカは一般的なレストエリア、駐車帯、眺望停車帯、日本と同じタイプのサービスエリア、観光案内所の5種類が存在する。
※レストストップ Rest Stopは、レストエリアとハイウェイ出口近隣にある民間の施設全般を示す。

■一般的なレストエリア
  州により名称は様々で、下記通り。
  Rest Area, Safety Rest Area(TX), Rest Stop(IN),
  Travelers Rest(WA), Roadside Park(MI)
  通常、トイレのみだが、稀にピクニックテーブルや自動販売機がある。
  連邦高速道路局FHWDが統括する州交通局DOTが管理している。
  建設及び維持費は、国と州がダブル賦課するGas Taxが大半を占める。
    詳しくは、後日の記事”US Highway アメリカの高速道路”を参照
  レストランやガソリンスタンド等が無いのは、
   連邦法で商業施設が禁止されいるから。

  州の商業施設を認可する法案をGWブッシュ大統領が2003年提出するも、
   廃案に。法案に猛反対したのは、トラック向けガソリンスタンド
   全米トラックストップ協会。
  商業施設が無い事で車両がハイウェイを下り、
   これが町や地域経済を潤している。

  詳しくは、後日の記事
    ※コネチカット州は例外的に運営を民間委託し、
     (2009年 Project Service LLCに35年契約)商業施設の入った
     レストエリア(Service Plaza)を23ヶ所に設置している。
     且ては有料道路のTurnpikeのレストエリアだったが、
     料金所での大事故を経て1985年以降は無料の
     ハイウェイとなり、連邦法が適用されていない。
     コネチカット州は2008年のベンチマークを経て
     レストエリアの改善が進んでいる。

  国道や州道沿いは、郡、市町村やBLM、USBR、USFS等
   管理しているものがある。
  USFSが管轄する森林公園を通過する国道沿いは、
   Picnic Siteと命名されたものがある。
  モンタナ州では、街中を通る国道のレストエリアが
   公園と合体しているものがある。
  ミシガン州には、Roadside Parkという名称のレストエリアが多い。
   (約半数の105ヶ所)
  オレゴン州は、ハイウェイ沿いの州立公園駐車場をレストエリアと
   兼用している。
  ミシガン州を除き、インターステーツのレストエリアは上下車線の
   ほぼ同じ地点に其々設置されている。
  季節によりレストエリア全体が閉鎖されている場合がある。
  季節により施設が閉鎖され、駐車だけが可能な場合がある。

イメージ 3 イメージ 4
Desert Oasis Rest Area EB I-40 MM28, Newberry Springs, CA
通常、トイレ以外には何も無い。
ここはテーブルやベンチが置かれたピクニックエリアがある。

イメージ 5 イメージ 6
Valley Wells Rest Area SB I-15 MM270, Nipton, CA
ここは、トイレ、自販機、テラスがある。
Google Maps → https://goo.gl/maps/6Xonm3mQd4m

イメージ 7 イメージ 4
Left:Sunset Point Rest Area SB I-17 MM252,
Black Canyon City, AZ (Google Maps)
Right:Walking Sands Rest Area SB I-25,
San Acacia, NM (Google Maps)
大概、自販機は柵に囲まれていて、使い難い。

■駐車帯 (停車帯、待避所)
  Turnout, Turnout-Parking, Parking Area(MA,MT,NY,NM,TX),
  Text Stop(NY), Picnic Area(TX)
  トイレもなく、車両を停車させる場所だけ。
  トラック専用のターンナウトもある。
  アメリカの長距離トラックにはトイレが装備されているので、
   停められるだけでOK。
  本線に平行に設置されていたり、本線から離れた広い場所だったりする。
  このタイプは、テキサス州に多い。
  フリーウェイのターンナウトの見た目は、日本の高速道路にある
   高速バスのバス停に似ている。
  ローカルハイウェイのターンナウトは、日本の路側停車帯に似ている。

イメージ 8
Williams Safety Pullout WB I-40 MM156, Williams, AZ
写っているのは、舗装されたターンナウトエリアと本線を走行している車両。

■眺望停車帯
  州により名称は様々で、下記通り。
  Scenic Vista, Scenic Area, Scenic View, View Point,
  Vista Point, Scenic Turnout
  駐車帯 ターンナウトと同じだが、眺望が楽しめる。 稀にトイレがある。

イメージ 9
Vista Point EB I-82 MM8, Ellensburg, WA
オレゴン、ワシントン、アイダホ、モンタナ州には眺望のよいターンナウトが多い。

■日本と同じタイプのサービスエリア
  州により名称は様々で、下記通り。
  日本と同じくサービスエリアと呼ぶ州もある。
  Service Plaza(IN,OH,ME,MA,PA,FL,WV,CT),
  Service Area(DE,MD,KS,NJ,OK)
  Travel Plaza(NY,IN,WV), Tollway Oasis(IL), Service Station(CT)
  第三セクター方式で建設された有料道路(コネチカット州を除く)に
   設置されている。
  Commercialized Rest Areaと呼ばれ、連邦法に支配されないので
   商業施設の設置が可能。
  レストランやガソリンスタンド、お土産屋、ATM、観光案内等、
   様々な施設がある。
  主要商業施設は、24時間営業している。 燃料単価は、その地域の110%以内。
  宗教に関する施設は無い。
  民間トラックストップにあるイスラム系の礼拝室は無い。
  交通量が多い地域では数10km毎に、大概は約50km毎に設置されている。
  I-90沿いでは、オーバーナイトパーキングを許可している事が多い。
  クリスマス、ハロウィン、建国記念日にはイベントが開催される施設もある。

イメージ 21
I-80 Tiffin River(EB), Indian Meadow(WB), West Unity, OH
イメージ 27 イメージ 28
イメージ 29 イメージ 30
オハイオ州の有料道路 オハイオターンパイクのサービスプラザ
日本の”EXPASA”並みに施設が充実し、且つ綺麗だ。
写真は、記事「アメリカ縦横断 20131107 #27」より (公開範囲限定)

■観光案内所
  州により名称は様々で、下記通り。
  Visitor Center, Welcome Center, Information Centers(MN)
  Tourist Information Center(TX,CO),
  Visitor Information Center(GA,IN), Welcome Station(FL,NV)
  州や地域の観光案内所がレストエリアに併設、
   或いは一体となった州道路局の施設。
  大概、州境にあり、同居又は一体となている事が多い。

イメージ 12
8州に囲まれているテネシー州には、15ヶ所もある。

   ウェルカムセンターは州観光局の管轄になっており、
   ウェルカムセンターは州境のレストエリアに同居していない。
   その為、ハイウェイの近くや街中、公園内に建設されている。
   稀にレストエリアの隣にある。
  テキサス、コロラド州は州観光局の管轄だが、レストエリアに同居している。
  ワシントン州はレストエリア内に観光案内があるが、
   名称はレストエリアのまま。
  バージニア州は、VA Tourism Corporationという州政府管轄下の
   民間企業が運営。
  各州のリストはenWikiで

Port Wentworth Rest Area & Savannah GA Visitor Info. Center near SC Border
サウスカロライナ州との州境に近いジョージア州のレストエリア。
レストエリアの隣りにビジターセンターがあり、別々に設置されている。

  ウェルカムセンターには、無料の州地図やその近くの観光ガイド、
   観光地図、クーポン冊子、施設案内のカード等があるので、
   旅行の際は寄った方がイイ。
  案内係がいれば、要望に応じた様々な情報を提供してくれる。
  案内係が居るのは日中のみ。
  北東部の州ではオンシーズンのみ観光案内をしている。
  オフシーズンは、施設全体が閉鎖されている事もある。 (降雪地域)
  大都市のウェルカムセンターは土日休館となっている箇所もある。(Detroit)

イメージ 1 イメージ 2
Seasonally Closed Wareham Welcome Center NB I-195, MA
ローカルのウェルカムセンターは、オフシーズン閉鎖。
 




<参考サイト>
 There is No Loss in you knowing that. 
知っていて損は無い、アメリカのレストエリア

イメージ 1
■It is difficult trip for moterhomes driving at midnight with its poor headlights. RVs need enough spaces and durable surfaces when/where parking. On the Hwy in some region in the US, spacing between safety rest areas is longer than Japan's.

約2年前のアメリカ縦横断で辛かった事。 それは、夕食後の深夜に時々実行した街から街への移動だった。 日本と違って、人の住んでいない地域の沿道には、街燈が無いのが当たり前。 真っ暗なハイウェイをモーターホームの頼りないヘッドライトだけで高速走行するのはシンドイ。 また、途中で停車するにしても、地域によってはレストエリアの間隔が広いので長距離運転を強いられる。

モーターホームを停車させる場合は、それなりのスペースや硬い地盤が無ければトラブルの基になるからだ。 特にレストエリアではない場所に停車しようとすると、夜は昼間よりも周囲の様子が分からないから気を遣う。 こんな理由からレストエリアを目指して走り続けるのだが、”100km走ってもレストエリアが無い”なんて事があった。(この旅の相棒は全長約8m、重量約6tのモーターホーム)

  
市街地と砂漠でのナビ表示の違い。
左:フォートストックトンへ向かう途中のペコス市街 (SB US-285)
右:フォートストックトンからインターステーツ10号線で東へ (EB I-10)

■Rest areas in the US, are similer to those of in Japan called "Parking Area". But it's rare to see lighted rest areas in the UA.
 
アメリカの高速道路 Freewayにも日本と同じレストエリア Rest Areaがある。 しかし、その殆どはトイレだけの簡素な施設で、日本のパーキングエリアに似ている。 でも、レストエリアがあるだけで嬉しいと思う時がある。 何故なら、州間高速道インターステーツ Interstate Hwyを走行していいる時は、運転に疲れたからといって路肩に停める事は出来ないし、かといって、インターステーツを下りても、そこが砂漠だと何も無い。 ましてや夜は通行量が少なく、暗くて不気味。

照明の無いレストエリアや真っ暗な道路脇では危険な事態に遭遇するかも。 だから、照明のある比較的安全そうなレストエリアで休憩したいと強く思う。 だが、そんなレストエリアが無くて 1時間以上走る事も珍しくない。 (ハイウェイとして区分される道路、即ち州間高速道の全てと国道や州道の一部は、路肩停車が禁止されている。 詳しくは、US Highway アメリカの高速道路)

It's close to midnight and something evil's lurking in the dark
(at a rest area in the US)

ハイウェイやインターステーツに設置された休憩場所の名称は、州により異なる
日本と同じ意味で”Parking Area パーキングエリア”を使う州は、下記5州。
マサチューセッツ、モンタナ、ニューヨーク、ニューメキシコ、テキサス州
日本と同じ意味で”Service Area サービスエリア”を使う州は、下記5州。
デラウェア、メリーランド、カンザス、ニュージャージー、オクラホマ州

■About the toughest experience in a portion of my entire travel across the US by RV. 915mile/24hrs trip in TX.

最も辛かったのは、テキサス州だった。 ヒューストンで開催される航空ショーが観たくて、1日で1400kmを走行した日の夜だった。 (公開範囲限定記事 「アメリカ縦横断 20131025 #14」) フォートストックトンで給油した後、インターステーツ10号線で中継地点のサンアントニオに向かう。

この移動は、僕の人生の中で最も辛いドライブのトップ3に入った。 夜なので風景を楽しむ事は出来ないし、交通量が少なくて追い越していく車両を”ああだこうだ”と分析する事も出来ない。 家内は助手席で寝てしまい、BGMも消しているので僕は退屈で死にそう。(笑) 時々、追い抜いて行った乗用車の尻尾に食い付いて走るのだが、RVでは太刀打ち出来ない。 先行車のテールランプが次第に小さくなり、やがて闇に飲み込まれる。 再び、孤独な走行に戻る。

205 miles (330km) from Pecos Rest Area to Kerrville Rest Area
Sonora Rest Stop located between them,
but we went through it because the surroundings were so dark.

■Very few rest areas on the Interstate 10 Hwy between Fort Stockton and San Antonio, TX. There was one Rest at the west of Sonora, but passing through because of no lampposts.

フォートストックトンでの給油後、約1時間100km走り、ペコスのレストエリアに滑り込む。 照明の点いたトイレにホッとするも、そこ以外は真っ暗、闇。 街燈や自販機の照明で明るい日本とは大違い。 トイレ後、直ぐに出発。 これ以降はトイレの無いレストエリアだったり、明るくて安全そうなレストエリアは無く、次に給油する約330km先まで走り通した。 おおよそ横浜から名古屋まで安心できるレストエリアが無い状況。

Lighted Restroom at Pecos Rest Area on Eastbound I-10 , TX
テキサス州ペコス インターステーツ10号線のレストエリア
砂漠の夜間移動では、照明があるだけでホッとする。

■It is a natural scene that long haul trucks traveling together in a line on midnight Hwy in Japan. At midnight, never seen in the US.

日本では当たり前の深夜長距離トラック便の集団 コンボイは、アメリカには無い。 深夜走行する長距離トラックは稀なので、コバンザメ走行も出来ない。 また、超大型トレーラートラックと言えども、インターステーツを走行するトラクターはパワフルで速い。 日本のように速度抑制装置(スピードリミッター)の装着が義務付けられていないから、排気量5.4LのRVでも後に付いて行くのは一苦労。 従って、約330kmは約4時間の孤独走行となった。 街燈が無い道路の長時間走行は、不思議な感覚を覚える。 それは、真っ黒な木が道路両側から前方の道路に覆い被さってくるような錯覚。 何か得体の知れないモノでできた黒いトンネルを突き進むような恐怖。 日本ではありえない。


Midnight Tomei Expressway in Japan

■Without Further Ado. In the Next Articles, I 'll describe the Rest Areas, based on my experiences and with my research on the Internet.

実は、ここまでが前置き。(笑) アメリカのレストエリアについて、経験した事や調査した事を記事にしてみようと思う。 レストエリアの種類や場所が事前に分かるとアメリカ旅行の役に立つ。 景勝地では、次は何処に駐車スペースがあるか?モーターホーム旅行では、これが走行中に分かったら最高だ。

イメージ 2
Sign says "Break the Drive, Stay Alive" in Australia

Rest Area in the US #2アメリカのレストエリア 2/6  → http://blogs.yahoo.co.jp/fuji8888/35591766.html
■レストエリアの種類 Types of Rest Area

Rest Area in the US #3 アメリカのレストエリア 3/6 → http://blogs.yahoo.co.jp/fuji8888/35595609.html
■レストエリアのトリビア Trivialities of Rest Areas

Rest Area in the US #4 アメリカのレストエリア 4/6 → http://blogs.yahoo.co.jp/fuji8888/35599788.html
■レストエリアの場所や情報が分かるウェブサイト Where is the information of Rest Areas?

Rest Area in the US #5 アメリカのレストエリア 5/6 → http://blogs.yahoo.co.jp/fuji8888/35600459.html
■レストエリアの公式サイト State Transportation Web Sites, Alternative Sites and Substitutions

Rest Area in the US #6 アメリカのレストエリア 6/6 → http://blogs.yahoo.co.jp/fuji8888/35600588.html
■僕のレストエリア マイマップ Approx. 3000 places in the Google My Maps



■Have you ever seen Japanese restrooms within Rest Areas in Japan? I'll show you the best one!!

Ladies' Restroom
イメージ 2
Families' or Handicaps' Restroom
at Surugawan Numazu Service Area on Shin Tomei Express Hwy in Japan
写真は、ブログ記事「Hard by Home」「Restroom」より転載



<参考記事>
END

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事