ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

投稿記事

イメージ 21
californiacarshipping.blogspot.com

イメージ 18
写真は、picssr.com TRUCKFLICKS より借用。

イメージ 20
中国の混載

イメージ 19
車椅子

イメージ 24
電動カート (Lugo Manufacturing)


◆製造メーカー
Anderson Manufacturing:Camilla, GA
Appalachian Trailers:Salem, OH
Big Tex Trailers:Mt. Pleasant, TX
Cottrell Inc.:Gainesville, GA
Convertible Trailer Manufacturing (CMT)
Delavan Automotive/Delavan Trailers:Greeneville, TN
Featherlite Trailers:Cresco, IA
Haulmark Trailers:Bristol, IN
Infinity Trailer Sales:Amarillo, TX
Kaufman Trailers:Lexington, NC
Kentucky Trailers:Louisville, KY
Kraftsman Inc:Ramseur, NC
Landoll Corporation:Marysville, KS
Load Trail Trailer:Sumner, TX
Miller Industries:Ooltewah, TN
Sun Country Trailers:Phoenix, AZ
Sun Valley Trailers:Glendale, AZ
Take 3 Trailers:Brenham, TX
Wally-Mo Trailers:Holladay, TN

USでカーキャリア市場を席巻しているコットレル社
Cottrell Trailers (Gainesville, GA) dominates the business for most carriers
Like a one horse race in the US


USには、フランスLOHR社傘下のデラバン Delavan Automotiveもある。

イメージ 25
イメージ 26
Landoll 336D(or 334D) for heavy material handling

イメージ 23
CTM社は、コンテナ貨物も車両も積載可能な車両を開発/製造している。
Convertible Trailer Manufacturing's stinger convertible trailer
can transport freight as well. Youtube The CTM Revolution


Lugo Manufacturing (Oklahoma City, OK)

Ernest Dandridge Carrier Design Services (McLean, VA)
Loading cars onto 2015  Wally-Mo trailer

■日本で見かけるカーキャリアは、セミトレーラーが多い。 中にはフルトレーラーもあり、 許可された地域でのみ、乗用車8台まで積載可能な車両が運用されている。


トラクター+センターアクスル式フルトレーラー型キャリアカー (日本)
写真は、fullload.jpの下記記事より借用。
8台積み21mフルトレーラの先駆者 トヨタ輸送の全貌!


■ヨーロッパ

ヨーロッパでは有名なRolfo S.P.A.製カーキャリア (Italy)
写真は、logisticshandling.comより借用。


イメージ 14
イメージ 15
LOHR社のデザインを担当するのは、haiku-design社。
写真は、haiku-design.comの下記記事 より借用。

イメージ 6
Mersch-Fahrzeugbau  Manicus Safe Semi (Germany)
Enclosed carriers generally haul race, luxury, exotic,
and antique and collector vehicles.

イメージ 7
Kuvvetli K2 (Germany)

イメージ 22

イメージ 8

イメージ 17
お洒落な運送会社 Dennistrans crosseurope.be (Kässbohrer) (Belgium )
写真は、franceroutes.fr Deudeuche en Daf より借用。

イメージ 15

■運送会社



イメージ 13
STVA (subsidiary of SNCF) http://www.stva.com/

イメージ 11





<参考サイト>
 Towed Vehicles NYC 違法駐車で牽引された車両の検索

 特殊車輛製造会社
  浜名ワークス 矢野特殊自動車尾張車体工業
 ローダー

 Le Porte Voitures par Outlander (The Car Doors by Outlander)
  フランス人の積車ドライバー

Rolfo high-and-heavy equipment holds up to three mega-cab trucks

 SpecialtyTransportation.net
 Trucks Hauling Trucks 興味深い写真を多数掲載
 Charles Danko Collection 様々なトラック写真
 flickr.com Freightliner Car Carriers (写真)

 hooniverse.com The AMC Car Carrier Edition 昔のカーキャリア
イメージ 1
1961Rambler Car-carrier / AMCs on the back

 hankstruckpictures.com
  Fred Gruin, Jr.’s Jonathan Graysonに多数のCar Hauler写真あり
イメージ 5

 kingoftheroadtransport.com Auto Transport & Car Shipping Tips
イメージ 2 イメージ 3

イメージ 4

イメージ 16

Youtube
Car Towing FAIL Tow on its roof

END
 思い出の写真集 
アメリカ縦横断RV旅行の40日目(Nov. 20, 2013)に訪問したゴーストタウン

イメージ 1
この標石があるバララットへ行ってきた。 enWiki

 チャールズ マンソンという今は無き極悪カルト教団のアジトがバララットの直ぐ近くにあった。 現在のバララットはゴーストタウンになっている。 ここに放置してあるトラックは、当時、片腕として悪の限りを尽くしたテックス ワトソンのもの。 また、アジトもそのまま残されている(国で管理している)。 このカルト教団は、女性信者を教唆して女優のシャロン テート、ラビアンカ夫妻を殺害したことで一躍有名になった。 歴史に残る残虐な犯罪組織として、今もその名を轟かせている。

 イージー ライダーの撮影当時、このカルト教団は全盛期。 チャールズ マンソンは麻薬と女を手玉に取った教祖なので、その辺を引っかけてバララットを出発地としたようだ。

イメージ 2
ここは、ロサンゼルスから北北西、約200kmの地点。

イメージ 3
Trona Rdを北上する。 (Google Maps)

イメージ 4
Union Pcificの踏切 (Google Maps)

イメージ 5

イメージ 6
右折してSR-178へ (Google Street View)

イメージ 7
貨物列車が停まっているのは、Torona Railway

イメージ 8

イメージ 9
サールズバレーの看板。 下に企業マークの看板も。

イメージ 57
原料の山

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 56
トロナ(Trona)の街に入る
干上がった湖に残った塩分を利用した、ミネラル工場がある。
生産品は、ホウ酸、炭酸ナトリウム、硫酸ナトリウムなど (サールズ湖 enWiki)

イメージ 12
Searles Lake Gem & Mineral Society

イメージ 13
約3万円/月のアパート

イメージ 33
上空からも分かるように、Tronaの”T”が山肌に。
すぐ近くにトロナ空港 Trona Airport-L72がある。

イメージ 14
トロナ高校の日付電光板

電柱が並ぶ風景で口ずさむ曲は”Counting the telephone poles. I phone you

イメージ 15
3ヶ月前の大雨の痕跡が残る砂漠の道路

イメージ 16
デスバレーに似た風景。 ここは、デスバレーの隣に広がるDale 広々とした谷。

イメージ 17
ちょっとした峠を越える。 色付きの道路。

イメージ 18
目的地のゴーストタウンは、山の麓にある。

イメージ 19
遠くにバララットの建物が見えてきた。

イメージ 20
3ヶ月前の大雨で通行止めだが、右折してバララットへ通じる道は通れる。

街へ通じる道路の入口にあるバララットの石碑 (Google Maps)

イメージ 69

 
 
イメージ 70


イメージ 21
近くにチャイナレイク基地(Naval Air Weapons Station - China Lake)があり、
そこの管轄だと思われるレーダーサイト。 enWiki
この周辺では実弾投下訓練が行われていて、この日も戦闘機が飛んでいた。

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24
Gr Briggs Corporationは、金の採掘会社。 (Google Maps)


イメージ 25
映画で見覚えのある石積みの塔が見えてきた。

イメージ 27

イメージ 26

イメージ 28

旅の相棒 B号 (Google Maps)

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 34

イメージ 35
売店、兼、博物館との看板

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 54
店主

イメージ 42

イメージ 40
寄付してね。 車両1台につき2ドルですって。

イメージ 41

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 55

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60
極悪カルト教団 テックス ワトソンのトラック

イメージ 61

イメージ 62
キャンプも可能らしい。

イメージ 63

ワイアットとビリーの旅は、ここから始まる。

 

イメージ 67
ワイアットが時計を投げ捨てる。

その時計はデニスホッパーのタイメックスで、自分のではない。

     
空港の場面でピータフォンダがしていた時計は、Rolex GMT Master
参考サイト rolexmagazine.com Rolex Coolness: Peter Fonda



イメージ 64
石積みの塔は、風化してボロボロ。 後方の壁も多くが失われてしまった。

 
イメージ 68
このシーンの後、ステッペンウルフの曲「Born To Be Wild」が流れる。


イメージ 65
水害で溜まった土砂を除けたので、こんな状態の道路に。

イメージ 66
トロナはちょっとした町なので、宿泊施設がある。
Pinnacleとは尖塔の事で、Trona Pinnacle (enWiki)のこと。
そこは、猿の惑星(2001年)のロケでも使用され有名になった。
RVer間では、Boondock spotとして有名。

Trona Pinnacles, CA (Google Maps)
写真は、Gone with the wynns.com (写真拡大)より借用。
Youtube Trona Pinnacles - Unearthly Wild Camping  ドローンによる空撮


<参考ブログ記事>
  イージーライダーのバイクを創った男達 1〜3
  Captain America Bike (2012/12/8)
  アメリカ縦横断 20131120 #40 (2013/11/21) 公開範囲制限あり
END

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事