ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

 不愛想な面 
Road testing of the T-pod is scheduled to take place later this year.

イメージ 1
Electric, self-driving vehicle, ”T-Pod” by Einride

公道での自動運転(レベル4以上の)実用化は、社会の理解や法の整備が不可欠な状況になって来ている。 そんな中、スウェーデンのEinride社が無人運転可能なトラックのプロトタイプを発表。 今年の年末より試験運転を開始し、2020年からの運用を目指している。

イメージ 2
Trucks will also be remotely controlled
by operators working at driving stations
必要に応じて遠隔操作での運転も可能になる。

車輛の名称は”T-pod”。 200kWhのバッテリを積むEVトラックで、1回の充電で200kmの走行が可能。 長さ約7mで、フル積載時の重量は20トン。(車両単体の重量は不明だが、推定4トン)

自律走行の機能を備えているので、運転手は不用。 従って、人が乗り込むキャビンらしき居室も窓も無い。 プロトタイプだからか、前照灯も無い不気味な面構えのトラック。 意匠に疑問符が付く無機質な移動物体にしか見えない。

イメージ 3
”Mack” from the film ”Cars

機械が人間に代わって運転をしてくれるのは素晴らしいが、人間の活動エリアに同居するなら、映画カーズに出てくる車両のような愛嬌のある風貌や名前にしてほしい。 この”T-Pod”は厳つくて、カマをほられそうだ。 バックミラーに写っても道を譲らない運転手は、ロボットだけかも。

イメージ 4
Can a self-driving vehicle be moral, act like humans do,
or act like humans expect humans to?
国や地域により多様な人間のモラルまでプログラミングするの?
写真は、sciencedaily.com より借用。






<参考ウェブサイト>
einride.eu
newatlas.com
sciencedaily.com
NHKオンライン
日本経済新聞 電子版
CARNNYマガジン
IATSS 公益財団法人国際交通安全学会
truckerslogic.com Sep. 29, 2014
END
 未来的なデザイン 
Designed for the life you lead

イメージ 1
旅行の相棒は、”トリップバディ(TripBuddy)”

 イギリスのRVメーカーが、ユニークなデザインのトラベルトレーラーを販売している。 1ピース一体成型のモノコックボディは、未来的なデザインで、ツルッとしている。 この会社、実はレースカーや飛行機の窓ガラス装着を専門にしているから当然だ。 外装単体でのボディ剛性も高く、内装設備を合体させると更に強靭になる。

(通常、どこの国でも移動中のトラベルトレーラーへの乗車は法律で禁止されているが、僕は強度や歪みチェックを目的に乗車した経験がある。 走行中のトラベルトレーラーはコンニャクのようにギシギシとたわみます。)

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4 イメージ 5

イメージ 6 イメージ 7
写真は、tripbuddy.co.uk より借用。

2軸4輪から分かるように、車体は重い。 重量は装備オプションにより異なるが、最低でも1,300kgになる。 従って、日本で牽くには、牽引免許が必要。 値段は、約£20,000〜(約300万円〜)。 身障者対応のモデルがある。

イギリス本国では2013年10月頃より発売されているが、
日本に輸入する業者は未だ現れない?


<関連ブログ記事>

<参考ウェブサイト>
doityourselfrv.com
ukcampsite.co.uk
allenscaravans.co.uk
inspirationsweb.com
イメージ 8
dailymail.co.uk
イメージ 9
newatlas.com
イメージ 10
発売当初は未来的だったエアストリーム社ベースキャンプ。
現在は第2世代になったが、初代はNissan Design Americaとの共同デザイン。
END

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事