ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

 探せば、手作りのミニキャンパー 
Gathered many photographs up from the cyberspace
更新日 2018年10月23日

この記事は、WordPress.comに引っ越しました。

この記事は、下記ブログ記事の続編です。

イメージ 59
Light Weight & Removable RVs based on "Kei cars/trucks" in Japan

■ブログ記事 着脱出来る手作りキャンピングカーを投稿してから、1年強。 その後も、キャンピングカー自作に役立ちそうな写真を集め、切り口を変えた内容で多数投稿している。 その多くは海外、特にアメリカ製に関する記事が中心だ。

 改めて日本の軽自動車トラックキャンパー(軽トラキャン)の写真をインターネットで検索してみると、以前に比べて遥かに数が多い。 自作を目指す方が増えているのは、このブログのアクセス解析から分かってはいたが、ここまで増えているとは驚いた。

イメージ 66
#88で紹介したアヴェイクルオートショップEVOX(FRP製)
キャンピングシェルは複数あり、30〜50万円くらい。

 安価に製作できるので、自作トラキャンの人気は日々高まっているようだ。 この市場を見据え、外皮となるキャンピングシェル(躯体)を販売するメーカーや業者が増えた。 2年ほど前は2社ほどだったが、今回調べてみるとメーカーは10社くらい。 自作に比べたら遥かに高額になるが、シェルに内装設備を施したキャビンも販売されている。 (これまでのキャンピングカーショーに出展していたのは、MYSミスティック社のみ)

 躯体を木材で構成すると、基本的な材料費は高くても5万円ほど。 大工仕事が苦手なら、一週間ほどの”出張工事”で製作してくれる方もいる。 慣れていないと苦労するが、自分で組み上げる醍醐味がある。 躯体はトラックの荷台に乗せる単なる貨物なので、積荷としてのサイズや重量制限(軽トラでは250kg以下)はあるものの、まだ法的な規制はない。 自作の軽トラキャンには、そんな気軽さと創作する楽しさがある。

イメージ 20
#46で紹介したミミック号の写真は、下記記事より借用。

 キャンピングカーの中古車にも、自作や半自作の軽トラキャンが増えてきた。 また、ネットオークションにも出品されている。 定年退職して時間があれば、完成品を買わずに自作でしょう。 造っても楽しいし、そのキャンパーで旅行するのも楽しい。 今後も増殖を続けるのは間違いなさそうだ。

写真は以前の記事に追加したが、ページ容量が限界に近付い。
溢れた分は、この記事に順次追加します。

イメージ 21 イメージ 22

イメージ 23 イメージ 24
#76左:かんぞ氏の左右ダブルスライドアウト
#77右:h_aokun氏のブログより

イメージ 5 イメージ 6
#78左、#79右:(#12と同じ車両)
ここまで来たか!軽トラキャンピングカーをDIYして遊ぶ本


イメージ 25 イメージ 26
#92左:山ちゃんのお米「軽トラ?家?
#93右:ひょーごのーと「沢山のキャンピングカー、色々あるよ

イメージ 7 イメージ 8
トラベルハウス社#82のキャビンを搭載。

イメージ 9 イメージ 10
#97左:完成なるか自作トラキャン(#19の方が掲載した写真)

イメージ 11 イメージ 12

イメージ 13 イメージ 15
再#15右:自給知足の備忘録 Dream BIG, but Build SMALL!

イメージ 14 イメージ 16
#107右:湯めぐり四方山話 「軽トラックにまた家が・・

イメージ 17 イメージ 18

イメージ 19 イメージ 27
#111右:hatudouki2gt.cocolog-nifty.com 発動記2GT ミゼットⅡキャンパー

イメージ 28 イメージ 29
#112左:動く京町家
#113右:タイニーハウス東京 Youtubeに製作風景あり

イメージ 30 イメージ 31
#114左:いなほん氏製作の軽キッチンカー (まるでMicro Avion)

イメージ 32 イメージ 33
#116左:architecturedsgn.comより転載。

イメージ 60 イメージ 61
#118左:Wキャブ(キャンター)のトラキャン(トヨタテックス大阪)
#119右:”青の1号” (自作キャンピングカーの作り方)

イメージ 62 イメージ 35

#121右:軽トラキャンピングシェル (ヤフーオークション)

イメージ 63 イメージ 64
#122左:moru3氏のブログ「道の駅うなづき」より

イメージ 36 イメージ 39
#124左:軽トラキャンピングシェル (ヤフーオークション)
#125右:ダイハツ ハイゼットトラック キャンピング仕様 (グーネット)

イメージ 38 イメージ 37

イメージ 34

イメージ 40

イメージ 41 イメージ 42
#121右:Instagram sinkokunihon

イメージ 43 イメージ 44
#122左:Instagram 238yamada
#123右:Instagram アノヒアノトキ

イメージ 45 イメージ 46

イメージ 47 イメージ 48
#126左:Instagram budouya_soraich
#127右:Instagram takayukin_noda



イメージ 65 イメージ 53
#132右:Cafe Hauoli

イメージ 54 イメージ 55
#133左、#134右:moru3氏 blog 自作軽トラキャンより

イメージ 56 イメージ 57
#135左、#136右:moru3氏 blog 自作軽トラキャンより

イメージ 58 イメージ 67

 (順次追加します)


<参考ブログ記事>


  Overseas Handmade Campers #1 自作キャンパー資料
  Passenger Car Convertion, Pickup-Truck Camper,
  Pickup-Truck Convertion
 Overseas Handmade Campers #2 自作キャンパー資
  Trike Camper, Convert a trailer to a Motorized RV
  Handmade Trailer, Class B Motorhome
  Class B+ Motorhome, Class C Motorhome
  Class A Motorhome, School Bus Convertion
  Bus Convertion, Truck Convertion
 Overseas Handmade Campers #3 自作キャンパー資料
  House Truck, House Trailer / Tiny House Trailer, Train Conversion
  Airplane Conversion, Boat Conversion, Fold-up House
  Shipping Container Conversion, 100% Original RV, The worlds largest RV
 Overseas Handmade Campers #4 自作キャンパー資料
  Box Truck Conversion
 Handmade Campers #5 自作キャンパー資料 (準備中 Preparing)
  Shelter, Recycled Mats, etc

<関連サイト>
 町田の独り言 Jキャビン・ミニ
 MYSミスティック J-cabin Mini シリーズ
END

(未)世界の旅人

この記事は下書きです。

イメージ 1
MAN 4x4 Camper Wolfgang Ruso、Carmelita夫妻

written  in English by Mike Annan (英語 2escapees.blogspot) ヨーロッパ、中東、アジア、南アフリカの48ヶ国をクラスAキャンパー(Rapido 972M)で旅行。
 2007年 4月16日〜10月は、フランスのポワトゥー=シャラントから北京への
 往復キャンピングカー旅行 (156日間 走行実績 2万9千km)


 

 ヨーロッパでのキャンピングカー旅行のガイドサービス
 ヨーロッパのキャンプ場地図や評価

 ヨーロッパ随一のキャンピングカー関連ポータルサイト

Weite Welt im eigenen Mobil 自分のRVで世界を巡る (promobil.de)
 ガイド付きRVツアーの紹介記事(メリット等の記述)

 

Ferne Ziele locken in die exotischsten Winkel der Erde, doch manch einer schreckt vor dem Aufwand und der Ungewissheit einer so großen Reise zurück. Eine geführte Reisemobiltour ist eine unkomplizierte Alternative.
世界の果てには非常に魅力的で刺激的な場所がある。 しかし、そこへ行く旅行には多大な手間や経費が掛かり、その不確実性から多くの人が敬遠してしまう。.ガイド付きキャンピングカーツアーは、これを比較的容易に実現する手段だ。

 silkroute.org.uk by Stephen Stewart
 The Silk Route Motorcaravan Network 中国へのモーターホーム旅行紹介ページ
 2002年4月6日イギリス出発、8月9日北京到着
 船でRVを運搬したアメリカ、カナダのメンバーもイスタンブールで合流

トルガルト峠(Torugart Pass 参考動画 Kyrgyzstan to China)

 
キルギス タシュラバット(Tash Rabat)

Camper Tours China chinahighlights.com (tripadvisor)
 キャンピングカー旅行をサポートする中国のエージェント



Reports of travels through the world with a home-made expedition RV, written by Bernhard and Brigitte

世界一周ドライブ旅行記 自分のクルマで地球を一周してきた夫婦の冒険ブログ

YOUは何しに日本へ? TV-Tokyo program
ドイツからユーラシア大陸を横断(17000km)して日本を目指すドイツ人マーティン。ロシア製の四輪駆動バンUAZ-452(ワズ)を駆った98日間のノープランアドベンチャー。
中国へ入国していないのは、公認ガイドやナンバープレートの件が要因と推測。
写真は、DoubleFrontLight.comより借用。

ユーラシア横断1万5000キロ 練馬ナンバーで目指した西の果て

END
 探せば、手作りのミニキャンパー 
Gathered many photographs up from the cyberspace
更新日 2017年10月22日

海外の自作キャンパー調査は、下記ブログ記事へ
Light Weight & Removable RVs based on "Kei cars/trucks" in Japan

■とある理由で、キャビンが着脱出来るキャンピングカーを調べてみた。 ベース車両はキャンピング車の”8”ではなく、”4”ナンバー の自家用貨物車。 多くは手作りで、メーカー製は少ない。 トレーラータイプキャンパーの情報が欲しかったが僅かしかなく、トラキャンタイプの脱着式が主戦場になっていた。

ピックアップした車両は、70台。僕がとある視点で注目したキャンパーは、#番号を太文字にした。(風変りが好きなんです) 

写真を借用させて頂いたサイト名は、写真の下に記載。

 

 
写真は、「ド迫力!アクティセミトレーラー記事をクリップするクリップ追加 」、
#4右:ザ・トレーラーカントリー「ボート トレーラー&ボックス」 


 
#6左:pekopekonyan.blog
#7右:古民家の宿 ふとみ「軽トラキャンピングカー

 
#8左:ym-zeus.at.webry.info
#9右:sidetricar.blog5 「いや〜暑いですね〜

 

 
#12左:pitake.com/toyodadaisaku
diycamper.comで詳細情報の公開を開始

 
#14左:tosuken.com
#15右:greenz.jp 「手塚純子さんのジプシー号

 
#16左:空の旅人疲れの限界」、#17右:「改造プチ手伝い

 
#19 yona氏のブログ「完成なるか自作トラキャン
左:お出かけ」、右:「車中泊2

 

 
#22左:HMCC大森工房のアクティー用キャビン

 
 

 
#28左:松阪西部商工会青年部『キャントラ』制作日誌

 

 

 


 

 
#40左:372Rider'S日記
軽トラ キャリー トラック DC51 カートップボート完成
#41右:奥能登里山里海アートプロジェクト
「上黒丸アートプロジェクト 2012年度の活動

 
「第7回受賞作品(2006年)優秀賞 軽トラ用カマボコ型屋根

 

 

 

 
   

 

 
#68左:「DIYトラックキャンパー製作記」 (2017/2/6追加)
#69右:「動く小さなおうち「まいまい号」 (2017/2/6追加)

#71右:しうん@生きる実験家  (2017/2/6追加)

 
#72左:山梨で見かけた移動販売車? #73右:湘南の移動カフェ販売?

 
#75:レコフレーム 自作軽キャンパー

 
#76左:かんぞ氏の左右ダブルスライドアウト
#77右:不明(h_aokun氏より転載)

 
#78左、#79右:(#12と同じ車両)


以下は、個人製作品とは言えない?キャンパー。

 

 

 

 
#59左、#60右:モト・クラフト
(左は前後にスライドする屋根が付いたシェルのキット。約20万円)

 
(中鉢工業 トラック着脱式 キャンピングボックス)
#62右:IDAMOTORSの日記 バンショップミカミ "やどかり MY02"

 
(有)中鉢工業 宮城県加美郡色麻町大字原111 TEL0229-65-4118

 
#81左:(株)ロータス FRPシェル・キャンプくん (約105万円) PDF
#82右:軽トラキャンピングシェル専門店 Travel House (価格不明)

 
#84右:アヴェイクルオートショップEVOX(FRP製) 約30万円

 
#90左:八街工房 写真は、Hola! ハシゾウより

 
トラキャンの老舗、MYSミスティック
#63左:「Mini Pop」、#64右:「J-cabin S

 
#67 2016.9.17追加、#68 丸文 三方開上下開き移動販売車 2017.5.19追加



以下は参考写真で、今回のリサーチと多少関係するキャンパー。

 
#65 MYSミスティック 「Lance 865
このくらい大きなサイズでも、アメリカではミニサイズのトラキャンに属す。

 
Wow! Check it out! Awsome RV contrived by a snowborder!
A flatbed boom truck with a prefabricated container-shaped
modular house, turns into an RV.
#66 平ボディトラック & UNIC + スーパーハウス=キャンピングカー

 
#80:ダイハツミゼットベース 海外サイト zonderpump.com

■どれも力作で、プロ並みか、プロ以上の作品もある。 プロでも手を焼くポイント、断熱や結露防止への対応は、ウェブサイト情報からは分からない。 これが不十分だと日本では使い難いキャンパーになってしまう。

MYSミスティックのアルミフレームと断熱用ポリスチレンフォーム
MYSミスティックの長野工場にて撮影

#66 平ボディトラック & UNIC + スーパーハウス=キャンピングカー、これが最高! 安くて直ぐに広々としたキャンパーが用意出来る。 備品は工事現場用の簡易な装備品であつらえる。

コンセプトが素晴らしいと思ったのは、#46Think Futureタイニーハウス+軽トラ=軽トラキャンパー!Tarutaru号」。 タイニーハウストレーラー(Tiny House Trailer)は、今、アメリカで注目されている。 未だ現地で、そんな車両を生で見たことが無いが、TV番組ができる程の大人気。

次のブログ記事は、僕が仰天したモジュールキャンパー



<軽四輪自動車の規格と制限>
 全長:3.40m 以下
 全幅:1.48m 以下
 全高:2.00m 以下
 排気量:660cc以下
 定員:4名以下

 貨物積載量:350kg 以下
 最大積載の長さ:車両の長さの1/10(10%)まで
 最大積載の幅:車両の幅まで
 最大積載の高さ(地上高):2.5mまで

<キャンピングシェルについて>

キャンピングシェルは、指定部品(平成7年依命通達により、同11月より取扱い実施)という範囲に含まれる。 この指定部品に指定された部品装着の場合には軽微な変更とみなされるため、車両の高さ、幅、長さなどの変更(陸事への申請)をせずに合法的に使える。(例として指定部品にはスキーキャリヤや、グリルバード、ナビゲーション、タイヤホイール、キャンピングカー用日除け等が含まれる。) 但し、その指定部品を取り付けた場合、保安基準や構造用件を遵守する事が条件となる。

<参考サイト>
 HMCC ハンドメイド キャンピングカーハンドメイドコーナー」、「愛車自慢

<参考ブログ記事>


  Passenger Car Convertion, Pickup-Truck Camper,
  Pickup-Truck Convertion
  Trike Camper, Convert a trailer to a Motorized RV,
  Handmade Trailer, Class B Motorhome
  Class B+ Motorhome, Class C Motorhome,
  Class A Motorhome, School Bus Convertion
  Bus Convertion, Truck Convertion
  House Truck, House Trailer / Tiny House Trailer, Train Conversion
  Airplane Conversion, Boat Conversion, Fold-up House,
  Shipping Container Conversion, 100% Original RV, The worlds largest RV
  Box Truck Conversion
 Handmade Campers #5 自作キャンパー資料 (Preparing)
END

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事