ここから本文です

書庫アメリカ america

アメリカ モーターホーム旅行や関連情報 旅行記事一覧は → ココ
■2010年 9月12〜19日(1回目)
  モーターホームの勉強、RVパークのWeb予約に苦戦!
  サプライズイベントとラスベガスの結果は?
■2010年 10月7〜15日(2回目)
  訳有りで、グランドサークル再チャレンジ!
  レンタルのクラスAモーターホームって、どうなの?
■2011年 10月19〜27日(3回目) グランドサークル
  途中までRV2台のランデブー!圧巻のポモナRVショー!
  The Wave ザウェイブの抽選結果は?
■2013年 9月7〜21日(4回目) グランドサークル
  The Wave抽選に再挑戦!ヘリコプターのチャター!
  GPSトレッキングで”超”秘境を巡る!
  グランドキャニオンの無料キャンプ場!
  砂漠の中で、Boondockingを初体験!
■2013年 10月12日〜11月26日(5回目) ∞形にアメリカを縦横断 記事は→ココ
  45日間の走行距離は約26,000km!ガソリン消費はドラム缶?本分 旅の経費は?
  旅行10日目以降の一般公開記事は現在作成中 旅行速報の一覧表
■RV関連情報 History of RVs in the US アメリカ キャンピングカーの歴史
記事検索
検索

全100ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


イメージ 1
Henry Ford, Thomas Edison, and Harvey Firestone

 20世紀初頭、世界の自動車台数は約600万台。その内、約500万台がアメリカにあった。 現在、約400万マイルあるアメリカのハイウエイも、当時は約10万マイル止まり。 旅行は専ら鉄道頼みで、駅前にしかないホテルの宿泊料金は一般人には高額だった。 そんな中、自動車でのキャンプは旅行願望のある人々を魅了した。

イメージ 9
1910 Auto-Kamp trailer (owned by Australian Motorlife Museum)
写真は、flickr.com sv1ambo氏より借用。

 1910年、最初のRVとなるポップアップテントトレーラーが、Los Angeles Trailer Works and Auto-Kamp Trailers社で量産される。 同年、Pierce-Arrow社がマジソンスクエアガーデンで量産キャンパーTouring Landau を発表。 当時のトレーラーやキャンパーの躯体は木製であった。 ここから、RV産業の歴史が始まるが、世紀の発明王もRV文化発展の一翼を担っていた。

イメージ 2 イメージ 3
The first RV
The “Motor” magazine in its March 1910 issue featured this $8,250,
66 hp Pierce-Arrow Touring Landau with an on-board bathroom.
写真は、theoldmotor.com より借用。

 1891年、エジソン電灯会社でエンジニアとして働いていたヘンリー・フォードは、1896年よりトーマス・エジソンに師事し、ガソリンエンジン四輪自動車を試作していた。 その後、1903年にフォード・モーター・カンパニーを設立。 1908年には一般人が購入できる初の自動車 T型フォードを発売し、産業と交通に革命をもたらした。

イメージ 1
1913 Earl Trailer and Model T Ford
現存する最古のトラベルトレーラー

 1914年の冬、フォードはエジソンを誘い、自ら駆るT型フォードでフロリダ州エバーグレーズへ避寒旅行する。 ここで二人は、毎年一回だけ遠出旅行するキャンプを計画。 その後の約10年間、キャンプの様子はエジソンが発明した映画撮影用カメラで記録された。

Thomas Edison, John Burroughs, Henry Ford, and Harvey Firestone
1915-1924 The Four Vagabonds Camping Adventures
写真は、History.comより借用
 Youtube動画で当時の様子を見る事が出来る。

 後に自然学者ジョン・バロウズもキャンプ旅行に加わった。 サンフランシスコで開催された博覧会への旅行からは、タイヤ製造会社のハーベイ・ファイアストーンも加わった。 時々、アメリカ大統領ウォレン・ハーディングが飛び入り参加する事も。 富豪達のキャンプは、今で言う”グランピング”であった。


 4人はキッチンを装備したフォードリンカーントラックを引き連れ、テントで寝泊まりする。 この様子は”Millions of Dollars Worth of Brains off on a Vacation”と題してメディアが大々的に取り上げ、アメリカ中の注目を集めた。 また、一般大衆に”クルマでキャンプしたい”という欲望を誘起させ、クルマやキャンプ、RVライフスタイルの普及促進に一役買った。

イメージ 5
ヘンリーフォードのT型フォード キャンパーコンバージョン
写真は、下記サイトの記事より借用。

 フォードは快適なキャンプ旅行を望み、T型フォードに冷暖房を装備。 トラックにはテントやベッド、折りたたみ式の椅子を積んだ。 乗用車やトラックは、そのまま展示会に出品可能な素晴らしい外観や内容を備えていた。

イメージ 6
写真は、The Henry Ford より借用。
flickr.com The Vagabonds (64 photos)

 10年間のキャンプ旅行で向かった先は、ニューヨーク、バーモント、ニューハンプシャー、マサチューセッツ、ペンシルベニア、ウエストバージニア、北部ミシガンの山中だった。 4人の旅行は、主要道の整備費用を州と国で折半する連邦道路整備補助案Federal Aid Highway Act of 1916制定の一助にもなったようだ。



イメージ 7
1918 Camping at Rocky Mountain Lake Park, Colorado
写真は、mtfca.com Model T Ford Forum: Forum 2011 より借用。

イメージ 8
写真は、theoldmotor.com より借用。

英国初のモーターホーム(1935 based on a Pontiac Six)
de.camperstyle.net Erstes englisches Wohnmobil
写真は、dailymail.co.uk Britain's first motorhome goes on sale for £40,000より。

イメージ 10
ドイツ初のRVは、Arist Dethleffsが創ったWohnauto
写真は、dethleffs.it(dewikiwm-aw.de)より借用。

<参考ブログ記事>
<参考サイト>
detroitnews.com Nov. 27, 2014
gorving.com RV History
thehenryford.org The Vagabonds

END

この記事に

 心配無用 ”し尿の処理” 
 Are you sure you can do this?

イメージ 1
 No sweat! ...Holy moly!  Valve's broken!
漫画は、i90motors.com (motorhome.com) より借用。

 For many would-be RV renters, this is the one problem they simply can’t get past. The convenience of traveling with a bathroom does mean you may have to clean your RV rental’s waste tank … which can sound like a nightmare if you’ve never done it before.

 初めてキャンピングカーを借りてアメリカ旅行しようと考えた約10年前、「キャンピングカーって、難しそう。 厄介な作業があるのでは?」 と思った。 トイレやシャワー、シンクがあって安心/便利な反面、キャンピングカー特有の給排水等の知識や経験がなかったので心細かった。

 旅行前の不安が、今となっては懐かしい。 後に、日本でアメリカ製キャンピングカーを購入し、その利便性で旅行を楽しんできた。 また、都合5回、延べ約5万キロのアメリカ旅行で、給排水にまつわる様々な苦労を体験これらをブログ記事として書き残し、皆さんが使える情報として公開しています。

給水ホース(Fresh Water Hose)、排水ホース(Sewer Hose)
両ホースはレンタルRVに装備されている。

 アメリカ大陸を旅行中、キャンピングカーで停泊する場所はRVパーク。 キャンピングカー(RV)専用だが、乗用車でのテント泊やコテージ泊も可能なキャンプ場もある。 ここなら給排水設備がある停泊サイトが殆ど。 RVとの接続をフックアップ(Hookup)と呼んでいる。 フルフックアップスとは電気も含めた全接続を意味し、電気のみ等の一部接続はパーシャルフックアップとなる。 電気/給排水の無いサイト(Dry Site)では、出発時や移動途中でダンプステーション(Dump Station)と呼ばれる施設に立ち寄って給排水する。

How to Empty Your RV Holding Tanks
or

 接続方法はYoutube等の動画サイトで紹介されているので省略するが、排水の段取りや手順は注意が必要。 RVには、し尿が溜まるブラックタンクとシンクやシャワー汚水のグレータンクが装備されている。 排水管は合流して出口は1つになるが、其々にバルブが装着されている。 排水用のセワーホースでRV排水口と地面の排水孔をつないだら、最初にブラックのバルブ(グレーよりも太いパイプ)を開く。 ブラックの排水が終わり、グレーのバルブを開くとホース内に残留している汚物が洗い流される。

キャンピングカーの汚水タンク(ブラック&グレー)

 サイト到着後に排水した後、ブラックタンクのバルブは閉じておく。 そうしないとタンク内やバルブに汚物が固着してしまう。 また、排水後はブラックタンクに、ある程度の水を流して溜めておく。消臭/生化学分解用のケミカル投入も忘れずに。 出発時に再度ブラックタンクを排水し、その後、セワーホースの残留物を上流から洗い流す。 ブラックタンク洗浄用給水口(Black Water Flush Inlet)がある車種では、ここから給水してブラックタンクと排水経路を洗浄する。

RVには、タンク水量等を示すモニターが装備されている。
(表示タイプ/ディスプレイは様々)

 ブラックタンクは、ある程度の水量が溜まっていないとスムースな排水にならない。 特にトイレットペーパーの分解が遅いから。 そこで、タンクの3分の2程度になったら流すか、その量に近付くまでトイレの水洗レバーで水を溜める。 汚物がバルブに固着してバルブが閉まらないと、フックアップしていない状態ではトイレが使用できない。

イメージ 2
RVの排水口にワンタッチ装着する応急用バルブ(Twist-on Valve 約20ドル)
バルブが閉まらなくなったら、これを装着する方法もある。
(RVパークや、近くのRVパーツ店にあればラッキー)

 寒冷地では汚物が凍って固着し易くなるので注意。 排水バルブは、排水時以外は常に閉じておく。 万が一、バルブが閉まらなくなったら、布をビニールで包んで排水管に詰め込み、更に厚手のビニールで排水管口を覆い、排水口キャップ(Outlet Cap)を装着。 バルブが故障した状態では、RV内の水やトイレは使えない。しかし、次に寄るダンプステーションが広い汚水の受け皿になっている施設なら、詰めたビニールを引く抜く際の覚悟を持ってトイレを使う。

イメージ 3
排水受け皿が広く、水栓があって洗浄できる場所なら、
緊急時はセワーホース無しで排水できる。 (後の清掃を忘れずに)
写真は、アメリカ縦横断 20131118 #38(公開限定)より転載。

 固着してバルブが開かない、また、汚水タンクが満水に近いと、キャンピングカー内の水やトイレは使えない。 ブラックタンクが満水に近づき、キャンピングカーが大きく揺れると、トイレの床に汚水が溢れ出す事があるので注意。 この場合は記事#6で解説しているハニーワゴン(バキュームカー)で便器排水孔から汚水を吸い出す事に。 仮設トイレ(Porta John)のレンタル店に電話して、汚水回収業者(Honeywagon Waste Services)を呼ぶか、そこへ行く。

アメリカには、日本では想像できない道がある。
写真は、下記ブログ記事より転載。

イメージ 4
こんな事態は避けたい

 寒冷地では給水にも留意。 水を使わない就寝時等に接続ホースや車内パイプ内の水が凍り、管路が破損する。 これを防止するため、蛇口(Faucet)からポタポタ落ちる量の水を出しておく。 寒冷地仕様のRVなら配管やタンクに凍結防止ヒーターが装備されているので安心だが、レンタルRVでは望みが薄い。

このRVパークの蛇口(Spigot)には、凍結防止用ヒーターが装備されていた。
写真は、アメリカ縦横断 20131115 #35(公開限定)より転載。

 さて、RV旅行に慣れてくると、給排水がRV旅行の自由度を制限している事に気付く。 同乗人数やタンク容量にもよるが、毎日の給排水を省略したくなる。 排水できないサイト(Dry Site)は、停泊料金が安い。 また、キャンプ場以外の場所にも停泊したくなる。 RV究極の旅は、停泊が許容された荒野での無賃停泊(Boondock)。 問題は、どこで給排水するか? どこにダンプステーションがあるか? この情報は、下記のブログ記事で。

記事の一覧

RV大国アメリカには、様々な場所にダンプステーションがある

グランドキャニオン サウスリムのダンプステーション看板

RVパーク(キャンプ場)のダンプステーション

トラックストップ(大型ガソリンスタンド)のダンプステーション

無料ダンプステーションのあるレストエリア

ハニーワゴンによる汚水回収

RVerに優しいオレゴン州


イメージ 8
You may read my article "Dump Stations in the US"
before rv-toilet explodes!
Photo courtesy of recalcroute.com


<参考ブログ記事>
停泊地やルート関連情報
 Boondocking どこでも停泊できる訳では無い事に触れた記事
 Dry Camping フックアップなしのキャンプ

 Rest Area in the US #1#2#3#4#5#6 レストエリア

 
旅行ルートの設定
 Google My Maps ”Monument Valley ” モニュメントバレーの地図


基礎知識
 よくある質問 アメリカ キャンピングカー旅行
 Full Hookups in Japanフックアップとは

リスクマネジメント
 アメリカ 閉鎖された国立公園の現状 ガバメントシャットダウン
 Car Carrier #9 車両牽引時の通行制限 トラベルトレーラー牽引時の注意点

長期旅行に必要な知識



この記事に

 荒野の巨大工場 

イメージ 1
Tesla Gigafactory in a barren desert, outside of Reno, NV
CGは、tesla.comより借用。


■北米大陸を旅行していると、荒野の地平線に忽然と現れる巨大工場を見かける事がある。 夕食後も数時間の小移動していたキャンピングカー旅行では、異様な存在感を示す不夜城に何度も驚かされた。 それは人里離れた僻地に建つ化学工場のプラントや露天掘りの鉱山。 または、従業員の駐車場や大型ショッピングセンター。 遥か遠くで夜空をナトリウム灯でオレンジ色に染め、工場によっては異臭を放ち、荒野を走る僕らに大国アメリカの一端を伝えていた。

Scaling Up The Largest Battery Factory In The World

 最近、ネバダ州の荒野で巨大化する工場のYoutube動画を見た。 これは、2014年6月に建設が始まったテスラの”テスラ ギガファクトリー”。 リチウムイオンバッテリーを生産する工場 (総事業費は約5千億円) で、パナソニックも1500億〜2000億円を投資する。

イメージ 4
拡張工事が続くテスラの巨大蓄電池工場
写真は、日本経済新聞 電子版 2018/6/15の下記記事より借用。

イメージ 5
写真中央が、テスラ ギガファクトリー。( 2017年7月6日 )
周囲には、徐々に材料メーカーが進出して来るらしい。
写真は、evakaplann氏のInstagramより借用。

 現在、約30パーセントが完成し、既に稼働している。 冒頭写真のソーラー発電パネルや風力発電風車は未だ設置されていないが、これが完成すると再生可能エネルギーで稼働する世界最大の工場となる。 将来、テスラは年間50万台分の電気自動車用電池や三相交流モーターを生産する工場にするらしい。


テスラ ロードスター 2.0
写真は、ブログ記事 テスラ試乗(2010/7/25)より転載。

■8年前の事を思い出した。 南青山のショールームがオープンする前の2010年7月、テスラ ロードスターに試乗。 印象は、確かに加速も価格(1640万円)もスーパーカー並みで、バレーモード設定の必要性を感じた。 また、ぎこちない挙動が印象に残っていて、運転して直ぐに座席の背後にある重いリチウムイオンバッテリーの存在を感じた。 ロータスエリーゼをベースに無理くりEVにしているから、妥協せざるを得ない運動性能だと思った。


イメージ 6
テスラ初の量産車 モデルS (約800〜1,100万円)
横浜の車検場で新車を見かける事が多くなったのは、2014年末頃から。

 現在販売されているモデルSは、車体底部に敷き詰められたようにバッテリーが配置されている。 車体はEV専用設計となり、重心が低く、車体の剛性や強度が高められた。 センターコンソールには、未来のクルマを連想させる大きなタッチスクリーンがある。

イメージ 7
手に持っているのは、”18650”円筒型リチウムイオン電池のセル。
シャーシ底部には、このセルで構成された電池モジュールが搭載される。
写真は、jp.autoblog.com 2012年9月1日の下記記事より借用。

イメージ 8
 Battery in the Model S contains approx. 7,000 cells
テスラSの85kWh電池は、15セットの電池モジュールで構成されている。
その中には、約7000個の円筒型電池セル”18650”が入っている。
写真は、reddit.comより借用。

15モジュール=駆動電源用 14モジュール + 制御用 1モジュール
15モジュール×約448セル(並列64セル×7直列)=約7,000セル

25.2V/モジュール=3.6V/セル×7直列
約350V駆動電源=25.2V/モジュール×直列14モジュール

イメージ 9
筐体から取り外されたモジュール
1つのモジュールの中に448個の”18650”電池セルが入っている。
写真は、diyelectriccar.com の下記フォーラムより借用。

イメージ 10
モジュール単体 (並列64セル×7直列=448セル)


イメージ 11
販売開始が遅延したテスラ モデル 3 (約400万円)
やはり、従来型量産自動車の生産技術は老舗には及ばない。
今後は大手のものづくり会社と組むのか? それともいち早く
簡易構造車体で運行できる自動運転技術を完成させるのか?
撮影場所は、Google Maps
写真は、autocar.jp 試乗 テスラ・モデル3 より借用。

イメージ 12
モデル3の50kWh電池は、2種類4セットのモジュールで構成されている。
モジュールのサイズは、15モジュールのモデルSよりも大きい。

イメージ 13
テスラ モデル3の電池モジュールを構成するのは、電池セル”21700”。
50kWh電池には2,976個、74kWhには4,416個使われている。
写真はmotortrend.com Tesla model 3 teardown より借用。

50kWh電池の内訳は、
大モジュール(25ブリック)×2+小モジュール(23ブリック)×2
=96ブリック=96×31セル/ブリック=2,976セル

約350V駆動電源=96ブリック×3.6V/ブリック

74kWh電池では、各ブリックは46セルになり、
=96ブリック=96×46セル/ブリック=4,416セル

イメージ 14 イメージ 15
”18650”直径18×長さ65mm:テスラ ロードスター、モデルS、モデルX
右:”21700”直径21×長さ70mm:テスラ モデル3
写真は、electrek.co, engineering.comより借用。

イメージ 16
テスラ ギガファクトリー
の電池セル生産工程
将来、この工場で年間50万台分の電池セルを生産する。
50万台/年×約4,000セル/台=20憶セル/年=約550万セル/日
写真は、insideevs.com より借用。

■かつて日本が世界一の市場占有率を保有していたリチウムイオン電池。 サンヨー、パナソニック、ソニーなどが生産量の上位で、2009年の世界シェアでは日本が約4割を占めていた。 しかし、リチウムイオン電池の用途がパソコンや携帯電話から電気自動車(HEV、PHEVやEV)に拡大。 市場が拡大するに連れ、日本の占有率は徐々に低下した。

 サンヨーの電池事業はパナソニックに吸収され、ソニーは”ものづくり”から金融やエンターテイメントで稼ぐ会社に変貌。 一方、”リーフ”で量産EVの先陣を切る日産にリチウムイオン電池を供給するオートモーティブエナジーサプライ( 日産とNECが共同出資した座間の会社AESC)が台頭。 トヨタやテスラと組んだパナソニックは、依然、世界一の占有率を確保しているが、市場の半分以上を席捲しているのは比亚迪(BYD)や寧徳時代新能源科技股(CATL)を筆頭とした中国勢になっている。

イメージ 17
パナソニック 車載用リチウムイオン電池モジュール
写真は、news.panasonic.comより借用。

■テスラはEVの他に一般家庭用の太陽光発電パネルや蓄電器も販売。 更には、発電量にムラが多い風力発電装置のバックアップ用蓄電池も手掛けている。 しかし、送電系統に設置する大規模蓄電装置関連は利益が出せる事業にはなっていないようだ。 それにも関わらず、社会インフラに事業範囲を拡大。 異色の起業家イーロン・マスク氏が率いるテスラは、話題づくりを先行するインチキ会社に見えるが、一方で”世界を変える企業”を標榜しているようにも見える。 火星への進出を目論むのは、彼が”人類の救済”を自分の使命としているから、らしい。

イメージ 18
テスラ ギガファクトリー (2018年1月3日)
写真は、electrek.coより借用。

イメージ 19
マスク氏は、アダルト業界にも進出するの?
テスラ モデルS、モデル3、SUVのモデルXとモデルY(未発売)
合わせると、エッチなサイトを連想させる”S3XY”になる。



<関連ブログ記事>
 テスラ試乗 2010/7/25

<参考サイト>


dragtimes.com
businessinsider.com Jul. 10, 2017
fortune.com August 24, 2016
reuters.com Dec. 26, 2016
bloomberg.com Feb. 1, 2018
bloomberg.co.jp
response.jp
sankeibiz.jp 2017年9月14日
newswitch.jp 日刊工業新聞
nikkei.com 日本経済新聞 電子版
イメージ 20 イメージ 21
asahi.com 朝日新聞
toyokeizai.net 東洋経済オンラインEND
webronza.asahi.com
news.panasonic.com
 電気自動車(EV)用リチウムイオン電池パックシステムの開発[PDF] 2012年
 高エネルギー・高信頼性のリチウムイオン電池モジュールを開発 2009年10月1日
japanese.engadget.com
 新型テスラ・ロードスターは人間の運転能力を拡張する? 2018年6月14日
webcg.net
 忍び足の未来 2010.09.17
tainavi-switch.com
 テスラの電気自動車は価格が高い? モデルS等の性能を徹底比較
autocar.jp
 試乗 テスラ・モデル3 2018年5月21日
hovita.club
 テスラモデル3の日本価格と補助金は? 2017年
reddit.com
 I'm doing a presentation on Tesla ...
 I'm going in for my second job interview with Tesla ...
electrek.co Aug. 24, 2017
 Model 3:Exclusive first look at Tesla’s new battery pack architecture
 enWiki
 Tesla, Inc.
 AC Propulsion tzero
 List of battery sizes
president.jp
jstage.jst.go.jp ライフサイクルコストとライフサイクル二酸化炭素
END

この記事に

キャンプ人気、上昇中

 キャンプは、ストレス社会の受け皿か? 
Camping has “a great deal of impact” on reducing stress.
イメージ 1

■アメリカのキャンプ場フランチャイズ”KOA(Kampgrounds of America, Inc)”が毎年4月に公表するNorth American Camping Reportによれば、ここ数年、キャンプ人気の高まりが続いているという。 2017年は、新たに260万世帯がキャンプを開始。 アメリカ全世帯 約12,600戸の61パーセント(7,700万世帯)に過去1年以内にキャンプした人がいる。 その内、45パーセントが今年2018年もキャンプを計画しているらしい。

イメージ 2
Applox. US$70/night with full-hookups in June

 アメリカでキャンプ旅行と言えば、RV(キャンピングカー)によるレジャーだと思っていた。 なぜなら、アメリカRV旅行ではテントを張ったキャンプを滅多に見掛けなかった事と、アメリカのRV保有台数は日本(10万台)の100倍(約1000万台)だから。 しかし、RVでのキャンプは、全体の24パーセントに留まる。

 キャンプの大多数を占めるのは、テント停泊で61パーセント。 停泊地となる場所は、全米で約16,000ヶ所もあるキャンプ場やRVパーク。 テントサイトやキャビンがあるRVパークも多い。 統計では、100マイル(160km)以内のキャンプ旅行が半数を占めており、週末のレジャーとして根付いているようだ。

イメージ 7
霜が降り始める10月後半でも、テントキャンパーはいる。

■これまでRVによる旅行やキャンプ(RVing)は、その大多数を年配の白人が占めていた。 ところが近年、ミレニアル世代(18〜35才)にも人気が出てきた。 また、アフリカ系、ヒスパニック系やアジア系アメリカ人など、幅広い世代や人種にもキャンプ人気が広がっているという。 確かに数年前はアメリカのキャンプ場で白人以外の人種を見る事は無く、僕らアジア人がモーターホームで旅行しているのを珍しがられた。

 若年層のキャンプ人気は、インスタグラムなどのSNSによる影響が大きいと分析されている。 特にキャンプ場の無い辺境地でのブーンドックやグランピングに若者は注目。 RVでキャンプしていても44パーセントはRVを所有していないので、レンタルRV市場は拡大し、RV販売も絶好調。 値段が手頃な小型軽量トラベルトレーラーをラインナップするメーカーが増えている。

イメージ 3
Roadrunner Picnic Area (Google Maps)
ホワイトサンズのテーブルやグリルが備わったデイユースエリア
Photographed in 2013 by Fuji-maru

 日本は共同キッチンのキャンプ場が多いが、アメリカでは、大概、個々の停泊サイトにテーブルやBBQグリルが設置されている。 郊外のキャンプ場には、水栓や電気接続口があるテントサイトも多い。 RVの停泊では、場所により停めるだけのドライサイト、自宅と同じような環境でRVが使えるフルフックアップサイトなど様々。

■僕のキャンプデビューは5才で、場所は田口(現在の妙高市)。 親父に連れられて”タケノコ狩り”に行った時だった。 妙高山麓で姫竹(千島笹/根曲がり竹の若竹)を採り、お昼にタケノコ汁にして食べた。 缶詰のサバも入っていて、とても美味しかった事を今でも思い出す。 季節は、ちょうど今頃の6月だ。

イメージ 4 イメージ 5
写真は、FC2 yasu氏のブログ ネマガリダケのタケノコ汁より借用。

 2回目のキャンプは浅間山登山。 浅間山荘事件の翌年の夏、登山日の前後にバンガローに泊まった。 そのハズだったが、夜になると3帖ほどのバンガローは山蟻に占領され、同い年の従弟と僕は追い出されてしまう。 登山に連れて行ってくれた若いオジサンが、クルマを宿として貸してくれた。 そのクルマの車内が広く(センチュリーかプレジデント)、「こんなクルマがあるんだ」と驚いた。

 その後、中学校での登山で僕のキャンプ体験は一旦終了。 社会人になってからは、BBQのデイキャンプだけで、テントに宿泊していない。 そして2010年、モーターホームによるアメリカ旅行でキャンプにハマる。 テント設営不要で、Self-contained。 日本のキャンプは虫に悩まされるが、アメリカ中西部で虫が気になった停泊地はない。 これが家内にも気に入られ、その後のモーターホーム購入や頻繁なアメリカ モーターホーム旅行に発展した。

■ところで、日本のキャンプ人口はどうなっているのだろうか。 一般社団法人 日本オートキャンプ協会が「オートキャンプ白書」を毎年7月に発行している。 それによると2010年頃から徐々に増加し、2016年のオートキャンプ人口は830万人と推計されている。 この数値は、日本の人口の約7パーセントにもなり、意外と多いことに驚かされた。 日本のキャンプ場で利益が出せているのは、10分の1もないらしい。

イメージ 6

 全人口に占めるキャンプ人口の比率を比べると、日本はアメリカ(3,856/32,570=0.12)の約6割となる。 なぜ、こんなに差があるのだろうか? 僕なりに推測してみると、先ず、キャンプ場停泊料が高額。 旅館やホテルよりも安いのは当然だが、アメリカの2倍以上に設定されているキャンプ場が多い。 平日のデイキャンプ(BBQなど)は格安料金にしてもいいのでは。

 次に、アメリカに比べ、トイレやシャワー施設が狭くて汚い。 女性は、倦厭するでしょうね。 キャンプのイメージがサバイバル、又は真逆のグランピングに偏っている。 また、TVや雑誌は、キャンプ料理に注目しがち。 上手い料理が作れないとキャンプが出来ないとみなされてしまう風潮。 いつだったか、スーパーで買って来た寿司をキャンプ場で食べていたら、周りから変人だと思われていたようだった。

 RVでもテントでも車中泊でも、何を食べても、キャンプでしょう。 昔は、”気軽に少ない出費で自然を楽しむキャンプ”だったから、キャンプ人口が多かったのだと思う。 時間消費型レジャーは、キャンプからスマホのゲームに代わってしまった???


Google Mapsの KOAキャンプ場評価について
 ぼくの経験と照らし合わせると、各キャンプ場の評価は妥当だと思う。
★★★★(星4つ以上)ならお勧めで、それ未満ならやめた方がイイ。

<関連ブログ記事>

<参考サイト>
rvda.org April 11, 2018
insideoutdoor.com April 13, 2018
southbendtribune.com May 18, 2016

ryoko-net.co.jp 旬刊旅行新聞
jrva.com 日本RV協会 2017年06月26日
medium.com Jul 18, 2017
campingcar2.shumilog.com 町田の独り言
otaristore.com 小谷商店
END

この記事に

 博物館は、RV産業の金看板 
The RV museum is the shining star of the RV industry.

イメージ 1
博物館は拡張され、新たなパビリオンが建設される。
写真は、abc57.comより借用。

 かつては20パーセントに達する失業率で不況のどん底に落ち込んでいたインディアナ州のエルクハートラストベルト(Rust Belt:さびついた工業地帯)の中央にあり、リーマンショック以降は全米で最悪レベルの町だった。 ここにはキャンピングカー博物館があり、ドリゾウ(東和モータース販売のドリーバーデン)を製造した会社もある。 僕が訪問した時は累積債務で閉館の危機に瀕していた博物館 RV/MH Hall of Fame。 ボランティア職員の悲しそうな表情。 そんな博物館が増築されるという先日のニュースに驚いた。 最近のブログ記事で触れてきた通り、好況な米RV市場に支えられ、現在のエルクハートは全米屈指の好景気に沸く町に変貌している。

Recreational Vehicle/Manufactured Housing Hall of Fame Museum
and Archival Library in Elkhart, Indiana (Google Maps)
2013年の訪問をまとめたブログ記事

 エルクハートは、世界のキャンピングカーの首都(RV Capital of the World)と呼ばれている。 第二次世界大戦中、この地域では軍用機が生産されていたが、戦後、工場や技術者はそのままRV製造産業へ移行。 金属・木材加工技術や飛行機の胴体設計技術がRVに活かされた。 この町や近隣地域では、世界のキャンピングカーの約80パーセントが生産されている。 インディアナ州を東西に貫くインターステーツ80号線でエルクハートに近付くと、屋外にRVを並べているRVメーカーやRV関連の部品メーカーが数多く見えてくる。 ここ数年のRVブームで町が潤い、グーグルマップの衛星写真には数年前まで無かった大きな建屋が数多く写っている。 アイオワ州に本拠地を置くウィネバゴ社も1200万ドルを投じ、隣町ミドルベリーのトラベルトレーラー生産工場を拡張している。

イメージ 2
2018年3月は単月RV出荷台数で過去最高、4月は過去最高の4月に。
グラフは、goshennews.com RV industry has best April everより借用。

 さて、2016年の大統領選挙でトランプ氏はエルクハートでも演説している。 この頃からアメリカ造業の復活を公約。 元々共和党が強いインディアナ州で選挙戦の勢いを加速していった。 一方、民主党 オバマ大統領(当時)のエルクハートでの演説では、共和党の政策案は「反政府、反移民、反貿易」であり、実際は中間層よりも富裕層を利することになる政策だと批判。 共和党の政策案は票集めの為に、長期間停滞している経済への不安感を食い物にしていると述べていた。 結果的にエルクハートの3分の2の有権者が共和党のトランプ氏に票を入れたそうだ。

イメージ 3
Trump and GOP nominee Mike Braun at North Side Gymnasium, Elkhart
トランプ大統領と共和党上院議員ブラウン氏(中間選挙の候補者)
写真は、indystar.comより借用。

 トランプ米大統領は5月10日、ペンス副大統領(元インディアナ州知事)と共にエルクハートを訪問。 連邦議会や州知事などの統一選となる11月中間選挙に向けた選挙集会を開き、会場となった屋内体育館は7千人を超える聴衆で埋め尽くされた。 トランプ氏にとって中間選挙は、米大統領になってから初の全国規模の信任投票のようなもので、政策の是非が米国民に審判される。 共和党候補の支援活動を支持率の高い地域で開始し、2年前の大統領選同様に勢いをつけるのが狙いか。 昨年末に法人税率を35から20パーセントへと大幅に引き下げる税制改革法案が可決した事が、共和党の追い風になっている。

先日の選挙集会でトランプ氏にこき下ろされた民主党の上院議員の
ドネリー氏はフォレストリバー社のクラスAモーターホームで選挙活動。

 僕のブログでは政治的な話題や宗教的な考え方を入れないようにしてきたが、RVの首都 エルクハートがトランプ氏の分水嶺(大袈裟か?)になっているように感じたので書いてみた。 本題に戻り、キャンピングカー博物館の拡張の件。 現在の博物館はRV/MH関連会社の寄付金と借入金で建設され、2007年に開館した。2012年時点で約5.5数億円あった負債は2019年に完済する計画で、資金調達キャンペーンを展開していた。 ここ数年のRV市場伸張で想定外の寄付金が集まり、今年2018年末に完済する見通しとなったらしい。 そして、拡張計画が浮上。 先ず20,000 sq.ft(1,800平方メートル)のパビリオンを追加、続いて60,000sq.ft(5,600平方メートル)のイベントセンター増築で現在の倍以上の広さに。 これらは、RV関連のイベント会場として利用される。

イメージ 4
2013年11月訪問時のキャンピングカー博物館。
左後方に見える広大な土地にパビリオンや駐車場が増築される。


<関連ブログ記事>

<参考サイト>
goshennews.com May 25, 2018
Year-to-date, towable RVs are up 13.6 percent to 161,004 units. Motorhome shipments are up 9.7 percent to 23,524 units. Year-to-date, park model RVs are up 1 percent compared to this point last year with 1,470 shipments.

abc57.com May 23, 2018
Back in 2011, the RV Hall of Fame was millions of dollars in debt and in danger of closing. But now, the museum is thriving and is now working to become the heart of the RV industry in the RV capital. The museum expects to be debt free by the end of 2018. A rally site with a 20,000 square foot pavilion. We'll have approximately 4,000 spaces to hold rallies. That will be phase one. Phase two will be adding a 60,000 square foot event center.

wsbt.com May 22, 2018
abc57.com May 23, 2018
abc57.com May 23, 2018
 Made in Michiana: Furrion, Limitless towed with Hercules
crva.ca May 17, 2018

wsbt.com May 11, 2018
Youtube
indystar.com May 10, 2018
heraldpalladium.com May 10, 2018
wthr.com May 10, 2018
clickondetroit.com May 10, 2018
indystar.com May 10, 2018
fox59.com May 10, 2018

southbendtribune.com May 7, 2018
wsbt.com May 3, 2018
goshennews.com May 3, 2018
areadevelopment.com May 3, 2018
investors.com Mar. 21, 2018
vogeltalksrving.com January 20, 2018
wcfcourier.com Oct 12, 2016

southbendtribune.com Jan 1, 2018
reuters.com June 20, 2017 日本語版 jp.reuters.com, newsweekjapan.jp
イメージ 5
 LCI Industries glass components plant

イメージ 6 イメージ 7

イメージ 9 イメージ 8
Thor Industries assembly shop

RVIA Press Releases
END

この記事に

全100ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事