ポルシェ旅行記

勢い余ってブログ開設〜!

アメリカ america

[ リスト | 詳細 ]

アメリカ モーターホーム旅行や関連情報
■2010年 9月12〜19日(1回目) 記事一覧は→ココ
  モーターホームの勉強、RVパークのWeb予約に苦戦!サプライズイベントとラスベガスの結果は?
■2010年 10月7〜15日(2回目)
  訳有りで、グランドサークル再チャレンジ!RentalクラスAモーターホームって、どうなの?
■2011年 10月19〜27日(3回目) グランドサークル
  途中までRV2台のランデブー!圧巻のポモナRVショー!The Wave ザウェイブの抽選結果は?
■2013年 9月7〜21日(4回目) グランドサークル 記事一覧は→ココ
  The Wave抽選に再挑戦!ヘリコプターのチャター!GPSトレッキングで”超”秘境を巡る!
  グランドキャニオンの無料キャンプ場!砂漠の中で、Boondockingを初体験!
■2013年 10月12日〜11月26日(5回目) ∞形にアメリカを縦横断 記事は→ココ
  45日間の走行距離は約26,000km!ガソリン消費はドラム缶?本分 旅の経費は?
  旅行10日目以降の一般公開記事は現在作成中 旅行速報の一覧表 ※お友達限定の記事あり
■RV関連情報 例:History of RV in USA アメリカ キャンピングカーの歴史  
記事検索
検索

全91ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]




 What’s That Thing? Truck Fins Edition 

By Mark Vanhoenacker April 3, 2013

イメージ 5Our latest effort to dispel the mysteries of the modern visual landscape takes us back onto the great American road. For previous columns, click here; to submit your own suggestions, email us.
Do you like driving on highways crowded with big trucks? I’m guessing not. Maybe you’ve seen Steven Spielberg’s Duel (tagline: “Fear is the Driving Force”) or Stephen King’s Maximum Overdrive (“Evil’s Wheels”) one too many times. Whatever the reason, just know that the feeling is mutual. 
But still, in a country that worships movement, there’s more than a little romance to the grueling lifestyle of America’s long-distance truckers. Many truckers are owner-operators, each driving his own (97 percent are male) small, independent business. Just listen to the Modest Mouse song “Trucker’s Atlas” (or, even better, the cover by Sun Kil Moon). Or consider the hardworking, honest heroism of Optimus Prime, the robotic truck who leads the Transformers. (Motto: “No sacrifice is too great in the service of freedom.”)
------------------------------------------------
Lately, trucks have been undergoing their own transformation. On a recent drive on I-40 between Memphis and Little Rock, Nathan Hamilton, a resident of North Little Rock (and a Slate reader), saw a truck with some funky panels on the side and back, and sent What’s That Thing an email.

What are these panels called, and what’s their purpose?

The panels under the body of the truck are called aerodynamic panel skirts, side panels, or side skirts. The panels that hang off the back are often called rear tail fairings, trailer tails, or sometimes boat tails. Whatever you call them, their purpose is to reduce drag and save fuel.

According to Susan King, a spokesperson for the American Trucking Associations, side panels “reduce drag on the undercarriage and wheels of the rig, thereby improving fuel efficiency,” while tail fairings reduce drag around the rear of the vehicle. How much fuel do they save? Between 5 percent and 15 percent, with 10 the average, according to King.

How do you unload the truck? You fold the panels out of the way.
ATDynamics, the manufacturer of TrailerTails, a brand of rear tail fairings, has a useful graphic that shows the reduction in “low-pressure suction drag” behind a trailer:

イメージ 13

So were these panels invented in response to rising fuel prices and growing environmental concerns? Yes—but not recently. Numerous patents, starting in 1935 for rail cars, attest to decades of ongoing efforts to streamline vehicles. Crystal Arvigo, a spokeswoman for ATDynamics, says that side skirts started to become more common in the U.S. between 2003 and 2005, but really took off in 2008.
 
These panels don’t make sense for every truck. Rather diabolically, drag increases with the square of velocity. So reducing drag becomes much, much more important as the average speed of a truck increases. King points out that these panels really start to come into their own when a truck is averaging 60 to 65 mph. “So you wouldn’t see these panels on trucks that handle local area deliveries.”

How green, exactly, are side skirts and tail fairings? Crystal Arvigo told me that tail fairings on a long-haul trailer that does 60,000 miles per year can save 480 gallons of diesel fuel, which equates to 10,752 lbs, or 4.9 metric tons, of CO2 that is not emitted. According to the EPA, the average car emits about 5.1 metric tons of CO2 per year. So each time a long-haul trucker installs tail fairings, that’s the rough global-warming equivalent of taking a car off the road.

If side skirts and tail fairings are so great, why doesn’t every long-haul truck have them? Price is one reason. A set of TrailerTails costs around $2,200, according to Arvigo, though volume discounts are available to fleets. Uncertainty about fuel prices is another. Long-term investments in fuel efficiency—especially those undertaken by small businesses, like owner-operators—make a lot more sense when high fuel prices are a long-term certainty. That fundamental truth of energy policy has long been obvious to many economists and environmentalists (if not, it seems, to politicians).

Have a favorite trucking movie, aside from the top ten listed here? Add it to the comments. And if you’ve wondered about something, on or off the great American road, send it with a pic to whatisthat@markvr.com.


トラックでの運送について分からない事は、このサイトに投稿すれば教えてもらえる。
僕も写真を添えて尋ねてみようと思う。

<参考サイト>
 一般社団法人 日本流体力学会 自動車と流体力学 : 車体周り流れと空力特性pdf (Toyota)
 plaza.rakuten.co.jp 研究者の独り言

 truckinginfo.com Tag ATDynamics, High-Tech Trailer Aero Systems Nov. 12, 2010
 nytimes.com Stretching Trucks’ Mileage DEC. 28, 2012
 ccjdigital.com ATDynamics debuts TrailerTail Model 2011 Oc. 19, 2010
 government-fleet.com High-Tech Trailer Aero Systems Nov. 12, 2010
 fleetowner.com A tale of trailer tails Sep 16, 2010
  TrailerTailの導入効果を実感しているドライバーの記事

 gii.co.jp 世界の市場調査資料 総合サイト
  世界のトラック用省エネ技術市場 (出版日 2016年02月01日)
  Truck fuel efficiency: trends, challenges and emerging technologies
  (USD1,145 (税抜 約13万円) PDF by E-mail (Single User License)

 Youtube
  Before Stemco’s subsidiary, ATDynamics Inc.
END

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

 思い出の写真集 
アメリカ縦横断RV旅行の40日目(Nov. 20, 2013)に訪問したゴーストタウン

イメージ 1
この標石があるバララットへ行ってきた。 enWiki

チャールズ マンソンという今は無き極悪カルト教団のアジトがバララットの直ぐ近くにあった。 現在のバララットはゴーストタウンになっている。 ここに放置してあるトラックは、当時、片腕として悪の限りを尽くしたテックス ワトソンのもの。 また、アジトもそのまま残されている(国で管理している)。 このカルト教団は、女性信者を教唆して女優のシャロン テート、ラビアンカ夫妻を殺害したことで一躍有名になった。 歴史に残る残虐な犯罪組織として、今もその名を轟かせている。

イージー ライダーの撮影当時、このカルト教団は全盛期。 チャールズ マンソンは麻薬と女を手玉に取った教祖なので、その辺を引っかけてバララットを出発地としたようだ。

イメージ 2
ここは、ロサンゼルスから北北西、約200kmの地点。

イメージ 3
Trona Rdを北上する。 (Google Maps)

イメージ 4
Union Pcificの踏切 (Google Maps)

イメージ 5

イメージ 6
右折してSR-178へ (Google Street View)

イメージ 7
貨物列車が停まっているのは、Torona Railway

イメージ 8

イメージ 9
サールズバレーの看板。 下に企業マークの看板も。

イメージ 57
原料の山

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 56
トロナ(Trona)の街に入る
干上がった湖に残った塩分を利用した、ミネラル工場がある。
生産品は、ホウ酸、炭酸ナトリウム、硫酸ナトリウムなど (サールズ湖 enWiki)

イメージ 12
Searles Lake Gem & Mineral Society

イメージ 13
約3万円/月のアパート

イメージ 33
上空からも分かるように、Tronaの”T”が山肌に。
すぐ近くにトロナ空港 Trona Airport-L72がある。

イメージ 14
トロナ高校の日付電光板

電柱が並ぶ風景で口ずさむ曲は”Counting the telephone poles. I phone you

イメージ 15
3ヶ月前の大雨の痕跡が残る砂漠の道路

イメージ 16
デスバレーに似た風景。 ここは、デスバレーの隣に広がるDale 広々とした谷。

イメージ 17
ちょっとした峠を越える。 色付きの道路。

イメージ 18
目的地のゴーストタウンは、山の麓にある。

イメージ 19
遠くにバララットの建物が見えてきた。

イメージ 20
3ヶ月前の大雨で通行止めだが、右折してバララットへ通じる道は通れる。

街へ通じる道路の入口にあるバララットの石碑 (Google Maps)

イメージ 69

 
 
イメージ 70


イメージ 21
近くにチャイナレイク基地(Naval Air Weapons Station - China Lake)があり、
そこの管轄だと思われるレーダーサイト。 enWiki
この周辺では実弾投下訓練が行われていて、この日も戦闘機が飛んでいた。

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24
Gr Briggs Corporationは、金の採掘会社。 (Google Maps)


イメージ 25
映画で見覚えのある石積みの塔が見えてきた。

イメージ 27

イメージ 26

イメージ 28

旅の相棒 B号 (Google Maps)

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 34

イメージ 35
売店、兼、博物館との看板

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 54
店主

イメージ 42

イメージ 40
寄付してね。 車両1台につき2ドルですって。

イメージ 41

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 55

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62
キャンプも可能らしい。

イメージ 63

ワイアットとビリーの旅は、ここから始まる。

 

イメージ 67
ワイアットが時計を投げ捨てる。

その時計はデニスホッパーのタイメックスで、自分のではない。

     
空港の場面でピータフォンダがしていた時計は、Rolex GMT Master
参考サイト rolexmagazine.com Rolex Coolness: Peter Fonda



イメージ 64
石積みの塔は、風化してボロボロ。 後方の壁も多くが失われてしまった。

 
イメージ 68
このシーンの後、ステッペンウルフの曲「Born To Be Wild」が流れる。


イメージ 65
水害で溜まった土砂を除けたので、こんな状態の道路に。

イメージ 66
トロナはちょっとした町なので、宿泊施設がある。
Pinnacleとは尖塔の事で、Trona Pinnacle (enWiki)のこと。
そこは、猿の惑星(2001年)のロケでも使用され有名になった。
RVer間では、Boondock spotとして有名。

Trona Pinnacles, CA (Google Maps)
写真は、Gone with the wynns.com (写真拡大)より借用。
Youtube Trona Pinnacles - Unearthly Wild Camping  ドローンによる空撮


<参考ブログ記事>
  Captain America Bike (2012/12/8)
  アメリカ縦横断 20131120 #40 (2013/11/21) 公開範囲制限あり
END

この記事に

開く コメント(0)

 Time dosen’t stop for anybody. 
So, you can never go back.

Ex-Presidents and Cur ・・・・rent President of the US
イメージ 2
George W. Bush, Barack Obama and Donald Trump
 Photoshoped by Fuji-maru with help of morphthing.com

顔を合成するウェブサイトを利用し、フォトショップで作ってみた。
”Cur”の意味は、http://ejje.weblio.jp/content/cur


<参考ブログ記事>
END

この記事に

開く コメント(0)

 理由があっての凸凹舗装 
Annoyed bumps, but never be a road construction fail.
 Many dips in a road where water crosses when the washes fill up.

I misunderstood and assumed lazy slackers were hired to do the temporary paving.
when I saw that for the first time. Even so, the road in that picture is way too bad!

■アメリカでは、土地の起伏そのままに舗装してある道路に遭遇する事がある。 初めて見た時は酷い道路建設だと思ったが、理由があるようだ。 それは、雨の少ない地域の道路に多い。 時々まとまった雨が降ると、地中に浸み込めなかった雨水は、枯れた流路(Dry Washes)に集まり低い方へと流れ始める。 無数にある流路は道路を横切っているので、起伏を均して舗装してしまうと雨水を堰き止めてしまう。 すると、その水圧で道路が損傷する事も。 あえて起伏そのままに舗装するのは、時々降る大雨を多くの流路で低地や河川へ導く為だった。 (追記:滅多に大雨が降らないので、整地や架橋、排水路工事費用を削減した道路建設している)

突然の大雨は、砂漠を通る道路を川にしてしまう。
参考ブログ記事 ”モハベ砂漠に大雨 (2013年)”

イメージ 2
雨水が流れた後は、砂が堆積している。 (Google Street View)
Kelbaker Rd within the Mojave National Preserve(モハヴィ国立自然保護区)
参考ブログ記事 ”モハベ砂漠 ケルソ砂丘に登る

Oatman Rd, Golden Valley, AZ (Google Steet View)
写真は、ブログ記事 ”Boondocking”より転用。

イメージ 1
Dips shake up the waste tanks. The Best Little Trailer is hopping behind us!
Centennial Park Rd, Salome, AZ (Google Maps)
写真は、RVSueandCrew.netより借用。

こんな道路をRVで通過すると、 し尿とケミカルがブラックタンク内で良く混ざるに違いない。


<参考ブログ記事>

<参考サイト>
 Mojave Desert 「End of the Road」 起伏のある道路が多数掲載されている。

イメージ 3

 22 Road Construction Fails等 道路関連の失敗集

イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8
END

この記事に

開く コメント(2)

 ハツラツと車上生活を語る 米国人のおばちゃん 
Youtube "Living in a Car on $800 a Month" (April 12, 2017)

 1ヶ月約9万円で車中泊生活をしている米国女性
はっきりとした発音で英語をゆっくり喋っているので、聞きやすい。
ブラックタンク代わりに用いているガロンボトルに黄色い液体が...
そんな隠蔽ビジネス(排泄物対応)まで解説している。

■4年前に離婚した初老のアメリカ人女性が、4ドアセダン乗用車(ポンティアック グランダム)で寝泊まりしている。 1ヶ月約9万円支給される社会保障費だけの生活は苦しく、1ヶ月前に車中泊生活することを決意し乗用車を購入。 当然、持ち家は無く、手持ちの金は少々。 だから何も買えないし、マクドナルドのハンバーガーさえ食べられない。 それでも昔からキャンプが好きだったので、今の生活に満足しているという。 そんな彼女が寝泊まりする乗用車の中を説明しながら、車中泊生活の実態を赤裸々に紹介しているのが、このYoutube動画だ。

■車中泊生活、或いは車上生活というのは、一見経済的に恵まれない人達の選択肢でもある。 哀れんでしまいがちだが、実際には車上生活が好きで選んでいる人達がいるのも事実。 自由や移動先での人々との出会いを楽しんでいる。 ベッド製作やキッチン用品収納に工夫を凝らす女性らしい一面も。 こんな彼女のハツラツとした姿を見ると、「たくましいなぁ〜」と感心してしまう。

■アメリカには彼女と同様の車中泊生活にキャンピングカー等を選択する方々もいる。 その数、20万人とも言われている。 そんな彼らの事をフルタイマー(Full-timer)と呼ぶ。 季節により快適な場所を求めてアメリカ中を巡る事からスノーバード(Snowbird)渡り鳥とも呼ばれている。 また、敷地に固定されたキャンピングトレーラーで生活している方々は130万人にも上る。 日本とは異なり、キャンピングトレーラーは大量生産されていて、生活用の設備がコンパクトに詰め込まれ、それが安価ゆえ住宅に転用し易いからだ。

■フルタイマーを日本で実行しようとすると、多くの面倒(税金、社会保障)や費用面でアメリカのように上手くいかない。 そもそもキャンピングカーに対する社会インフラの違いが大きいからだ。 それでもキャンピングカーで生活したいという日本人の若者もいる。 自宅等を売り払い、日本で完全なフルタイマーとなった人はいるのだろうか? アメリカで生まれ育っていれば、僕は間違いなくフルタイマーになっていたに違いない。


イメージ 1
背景から分かる撮影場所は、アリゾナ州クォーツサイトのLTVA。 (or 14-day)
参考ブログ記事 Quartzsite, AZ (2013/1/3),  Dump Stations in the US #6
BLMに納める停泊料は7ヶ月間で180ドルと激安だが、ノンフックアップのドライサイト。


<関連ブログ記事>
 Domicile for Full-timers フルタイマーの住所設定は?
 Workamper、Workamping とは キャンプ場等で期間労働するフルターマー



 Rest Area in the US #1#2#3#4#5#6 アメリカ高速道路のパーキングエリア

 Boondocking どこにでも停泊できる訳では無い
 Dispersed Camping BLM LandでのBoondocking説明を含む記事
 Quartzsite, AZ 14-day Camping AreaやLTVAに触れた記事
 




参考動画チャンネル>
 Youtube CheapRVliving

END

この記事に

開く コメント(0)

全91ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事