全体表示

[ リスト ]

Trophy kids とはなにか

Fujibeiの英語備忘録
第108回(2011・5・25)
 

「Trophy kidsとはなにか」


前回のブログで「9・11世代」を取り上げましたが、彼らは “Millennial Generation” や
“Millennials” とも呼ばれていることがわかりました。そしてそれらの関連記事をネットで漁っているうちに、他にもいろいろな呼び名に出会いました。次がその例です。
Generation Y (Gen Y), Echo boomers, Generation D, Net Generation, Generation XL,
Entitlement Generation, Trophy kids など。

少し説明を加えておきます。

Generation Y は1970年中ごろから2000年代初めまでに生まれた者。1980年〜199
7年に生まれた者とする定義、1980年〜2001年に生まれた者とする定義、1982年〜200
4年に生まれた者とする定義などがある。Generation X の後にくる、主に Baby Boomers
の子どもたち。そしてBaby Boom echoという意味で Echo Boomersの名がついた。
Generation D の D は digitalを表し、Net Generation の Net は internet の net。
XLはextra largeの略で太り過ぎの子どもを指す。Entitlement Generationは自分の権利を
当然のこととして主張する彼らの特徴を表し、Trophy kids は親や周りに甘やかされたり、なん
にでもご褒美をもらう子どもを意味する。これらの特徴から “Me Generation” あるい
“New Me Generation” とも呼ばれることがある。Baby Boomersも“Me Generation”と呼ば
れたので、彼らと区別するために “New” をつけることがある。

さて、今回は上記の呼び名の中でも特に面白いと思った “Trophy kids” という視点で詳しく見ていきたいと思います。改めてTrophy kids で検索したいろんな記事やブログから言葉の由来や彼らの特徴がわかる部分を拾っていきます。Entitlement Generationと並べて使われることもあります。彼らは日本の子どもたちにも通じる部分があるように感じます。 


*For the record, born between 1980 and 2001, these “trophy kids,” also known as
Millennials or Generation Y, have been coddled by their parents and nurtured with
a strong sense of entitlement.
(抄訳:1980年から2001年の間に生まれたtrophy kids はMillennialsあるいはGeneration Yと
も呼ばれるが、両親に甘やかされ、権利意識を持たされて育った)

*For previous generations who grew up and worked in a world where there was only one
winner and all others were losers, this “trophy kid” generation is a tough mindset
to swallow.
In games, it was common for everyone to receive a trophy — win or lose – thus the name
“trophy kids.” We shifted the lesson taught from “second place is the first place
for losers” to “everyone who plays is a winner.”
(抄訳:勝者は一人で他の全員が敗者とされる世界で育ち働いてきた世代からすれば、trophy kid
generation の考え方は理解に苦しむ。ゲームでは勝ち負けに関係なくだれでもトロフィーがもらえる。
そこからtrophy kidsの名が生まれた。「二番は負けた全員の中の一番」から「参加者全員が一番」とい
う見方に変わった)

* Millennials are truly "trophy kids," the pride and joy of their parents.
The millennials were lavishly praised and often received trophies when they excelled,
and sometimes when they didn't, to avoid damaging their self-esteem.             
Now what happens when these trophy kids arrive in the workplace with greater
expectations than any generation before them? "Their attitude is always 'What are
you going to give me,' " says Natalie Griffith, manager of human-resource programs
at Eaton Corp.
(抄訳:Millennialsは正にtrophy kidsで、両親の誇りであり、喜びである。彼らは優れた結果を出し
た時は大いに褒められ、トロフィーをもらうが、そうでない時でも彼らの自尊心を傷つけないためにト
ロフィーをもらうことがある。彼らが職場に進出したらどうなるか? 彼らの口癖は、「なにをくれ
る?」だ)

* Although members of other generations were considered somewhat spoiled in their
youth, millennials feel an unusually strong sense of entitlement. Older adults
criticize the high-maintenance rookies for demanding too much too soon. "They want
to be CEO tomorrow," is a common refrain from corporate recruiters.
(抄訳:他の世代も若い時にいくらか甘やかされたとはいえ、millennialsは特に権利意識が強い。要求
が多い彼らはすぐにでもCEOになりたがる)

*They are finding that they have to adjust work around our lives instead of us
adjusting our lives around work, ….
(抄訳:彼らは仕事中心に生活を考えるのでなく、自分の生活を中心にして仕事の方を調整する)

* But we don't want to work more than 40 hours a week, and we want to wear clothes
that are comfortable. We want to be able to spice up the dull workday by listening
to our iPods. If corporate America doesn't like that, too bad." 
(抄訳:自分たちは週に40時間以上は働きたくない。快適な衣類を身につけ、仕事のある日は退屈な
のでiPodを聞いて紛らわす)

* It may seem obvious that employees should show up on time, limit lunchtime to an
hour and turn off cellphones during meetings. But those basics aren't necessarily
apparent to many millennials.
(抄訳:会社では時間通りに出勤したり、昼食時間を一時間に決めたり、会議中は携帯を切ったりする
のは当たり前だが、millennialsには必ずしも通用しない)

* The generation's greatest expectations: higher pay (74% of respondents); flexible
work schedules (61%); a promotion within a year (56%); and more vacation or personal
time (50%). 
(抄訳:この世代が最も求めているものは、高い給料―(回答者の)74%、柔軟な仕事時間―61%
一年以内の昇進―56%、もっと休暇や自分の時間が欲しいー50%)

* This generation was treated so delicately that many schoolteachers stopped grading
papers and tests in harsh-looking red ink. Some managers have seen millennials break
down in tears after a negative performance review and even quit their jobs.
(抄訳:この世代の扱いは慎重を期して、先生は課題や試験を赤インクで厳しく採点することを止め
た。会社では厳しい業績評価をされると泣き出す者がいたり、辞めてしまう者もいる)
(以上)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事