ここから本文です
藤子文庫の本棚
インターネットの古本屋、藤子文庫ともうします。

書庫全体表示

藤子文庫のカウンターが割といい感じに完成しました!

イメージ 1

まず、最初の骨組みはこんな状態でした。

イメージ 2

木枠を骨組みのリンゴ箱に固定して、天板を枠に木ねじで止めています。

イメージ 3

スイングドアも保健所に飲食店の許可を取る際必要なので、試行錯誤の末なんとか完成。

イメージ 4

そして化粧板を両面テープで貼付けました。

イメージ 5

これが設計図のようなもの。

イメージ 6

大まかなイメージはあったのですが、細かい部分は作りながら考えて、材料などもその都度買いに行ったりしていたので思いのほか時間がかかってしまいました。
細かくみると結構アラもありますが、正直うまく行くか心配も少しあったので、なんとかそれなりの感じに仕上がってほっとしています。
照明もつけました。

イメージ 7

ここまで来れば、後は本棚の到着を待つばかりなので、それまで後回しにしていた確定申告に取り組む予定です。

今回はちょっと初期のタランティーノ風の回想形式にしてみたつもりなのですが、ああいう時間軸が入り乱れるようなスタイルは黒澤明の「羅生門」の影響もあるんじゃないかと密かに思っています。それでつい最近、同じ黒澤の「生きる」も回想形式だったなとふと思い、ようやく一段落したので、今夜はその「生きる」でも借りて観てみようかななんておもっています。

大体こういう時って貸し出し中だったりするんですけどね。


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事