ここから本文です
藤子文庫の本棚
インターネットの古本屋、藤子文庫ともうします。

書庫全体表示

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

藤子文庫の芸術の秋



地球の回る音を聞きなさい。
 

これは、ジョン・レノンの奥さんであり現代芸術家、オノ・ヨーコの「グレープフルーツジュース」という本の一節です。
「グレープフルーツジュース」にはこのようなほぼ実現不可能な命令が何の注釈もなく羅列されています。それを詩として読む事もできますが、その言葉は印象のようなものではなく、具体的な命令であるところがなにか独特です。

この本で私は現代芸術と出会いました。自分のとらえ方が正しいのかどうか知りませんが、現代芸術を一言でいうと、ジャンルや様式にとらわれないイマジネーションの遊びってことなのかなと思っています。



その娘の体には見事な刺青が彫られていた。男たちはそれを眺めながら酒を飲んでいるのだった。そしてさらに私を絶望させる事件が目の前で展開したのだった。(中略)私は美しい音楽は美しい心からしたたり落ちる音だと信じていた。だが、実際には、あのような汚れた手からでも、感動的な音楽は流れるのだ。その残酷さが私を絶望させたのだった。

五木寛之「青年は荒野をめざす」より

これは小説の主人公が、ナチスのホロコーストの生き残りから聞いた話として語られている一節で、補足すると刺青の彫られた娘の皮膚は剥がされて加工され飾られているのです。

これが作者が本当にどこかで聞いた話なのか、創作なのかはわかりませんが、この本を読んだ時に強烈に印象に残ってメモっておきました。
イメージ 1

これは大英博物館に展示されている人類初期の工芸品です。
NHKの「日曜美術館」で紹介されていたのですが、これは単なる彫刻ではなく、マンモスを狩るための矢を投げる道具にほどこされた、マンモスの彫刻なのだそうです。凄いなと思うのは、そのディフォルメがほとんど古さを感じさせないところです。むしろ現代的かもしれないとさえ思います。

このマンモスの彫刻をTVでみたとき、芸術というものは、人間が人間として思考をはじめたと同時始まったのではないかと思いました。
時に優しく、時に残虐で、意味不明でばかばかしくもあり、同時に限りなく愛おしいモノ。芸術って人間そのもので、そもそも同じもの、同じコトなのかもしれません。

そんなことを妄想する秋の夜長、読書をお勧めするのはもちろんなのですが、文字を追うのに疲れた眼にやさしい、ビジュアル中心の本を集めてみました。

「藤子文庫の芸術の秋」(一部文字だけの本も含まれています。)開催中です!


イメージ 2

先日文庫本をたくさん仕入れたのですが、その中に凄く綺麗なカバーのシリーズがありました。

イメージ 14


中身はもともと出版されているものと変わらないのですが、カバーを替えるだけで随分雰囲気が変わるものだなと改めて思いました。確かに、文庫本は作者とカバーのイラストが統一されていたり、古本で知ってる本の見たことのないカバーを発見してつい買ってしまったりと、カバーの楽しみってあるなと思い、少し集めてtwitterでぷちギャラリーを開催してみました。

イメージ 1


イメージ 2

[https://twitter.com/fujicobunco/status/648783886546157568:embed#文庫本のカバーを集めてみました。その3おなじみのイラスト:柳原良平 http://t.co/7gylnwqK86]

イメージ 3


イメージ 4

[https://twitter.com/fujicobunco/status/648784793254019072:embed#文庫本のカバーを集めてみました。その5おなじみのイラスト:山藤章二(ちょっと違うタッチのもの) http://t.co/fux3oVha2j]

イメージ 5

[https://twitter.com/fujicobunco/status/648785349787779072:embed#文庫本のカバーを集めてみました。その6おなじみのイラスト:杉本一文(ザ・横溝正史!) http://t.co/YRtHOMKYVh]

イメージ 6

[https://twitter.com/fujicobunco/status/648786035342577664:embed#文庫本のカバーを集めてみました。その7おなじみのイラスト:金森 達(宇宙大作戦の表紙は、子供の頃は好きじゃなかった) http://t.co/bO6jWt03go]

イメージ 7

[https://twitter.com/fujicobunco/status/648786366113779712:embed#文庫本のカバーを集めてみました。その8最近はアニメ調のイラストが増えてきました。 http://t.co/qI8O1FSxNL]

イメージ 8

[https://twitter.com/fujicobunco/status/648786710524923905:embed#文庫本のカバーを集めてみました。その9マルチな人は表紙も自分で描く。 http://t.co/rYbXrkWR4o]

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12

[https://twitter.com/fujicobunco/status/648789120265773057:embed#文庫本のカバーを集めてみました。その13これはデザイン違いではなく、右が新しく最終章が追加された完成版。 http://t.co/ba3e05aW07]

イメージ 13


と、こんな感じです。いくつか懐かしいものなどありましたでしょうか?

幾つかネタがたまったら、またやってみたいです。


前回からのつづき。

古本市の抽選にハズレてしょんぼりと吉祥寺の街を散歩していると「レンタルボックスあなたの作品を販売しませんか?」という看板が目に飛び込んで来ました。

これやな。とひらめいた私は、早速帰ってネットで色々見てみたのですが、オリジナル作品に限る、という条件があるところがほとんどで、なかなか適当な場所がみつかりません。都合良くいかないものだな、とくさりかかっていたところ、ようやく一軒、特に制約を設けないというところがようやく見つかりました。

さっそくメールで問い合わせたところ古本の出店もOKとのことでしたので、早速出店する事にしました。それが、ギャラリー世田谷233です。
イメージ 1

正方形に仕切られた棚が壁一面に並んでいてそこに色んな作品が展示販売されています。

ギャラリースペースでは、イギリスに舞台美術の勉強をするために留学している方が現地で撮った写真が展示されていて、宙に浮いた様な展示の仕方が印象的でした。
イメージ 2

その片隅に持っていった本を置かせてもらったのですが、なんかしょぼいなぁ。
イメージ 3

売れるかなあ。でも場所の雰囲気もわかったしもっと色々やれそうな気がしてます。
ヨイショする訳ではないですが、展示を見るだけでも結構面白いと思うので、お近くの方は是非!
ギャラリー世田谷233 http://233.jp/




Amazonの登場以降、ネットで本を買うということが当たり前のようになり、当店もそれに乗っかる形で営業している訳ですが、昔はいつも本を買う時は立ち読みしていたなと、たまに思いだしたりします。

どうしても欲しい本がある時は、わざわざ電車に乗って大型書店まで探しにいって、それでもなければ取り寄せてもらって何週間も待たされた。
そんな事を考えると、随分便利になったもんだとつくづく思いますが、その反面、本屋に行く機会が減り、未知の本との出会いが減ってしまったということは、本好きの人なら誰もが感じている事だと思います。

やはり、パラパラとめくって、ちょっと読んでみて、それで買うか買わないか決める。そういう本を買う醍醐味みたいなものがネット販売には皆無に等しい。
そんなネット販売の限界をぶち破りたい!この暗い部屋から飛び出したい!そう思って古本市への出店を思い付き、さっそく申し込んだのが8月の末だったのですが、見事に抽選に外れてしまいました。

残念ではあったのですが、今後の参考と仕入れも兼ねて、古本市「雑司ヶ谷鬼子母神通り みちくさ市」に行ってきました。

イメージ 1

私は知らなかったのですが「みちくさ市」の他にも、「つくつくさんぽ市」と「手創り市」という、いろいろなハンドメイドの物を販売する市も鬼子母神の境内で同時開催されていて、そちらもすごい賑わいでした。

この市は鬼子母神の境内から参道へ続く商店街にかけて、小さなブースがぽつりぽつりと休日の商店の軒下に出店しているのですが、中には営業しているお店もあり、ブースと商店が交じり合って街と一体化していました。
遠慮してブースの写真は撮らなかったのですが、店がそのまま引っ越してきたような大きなものから、本当に自分のちょっとした蔵書を売っている人まで様々で、神保町や早稲田の古本街のミニチュアを見ているようで面白かったです。

出店の雰囲気もわかったし、次回は十一月にあるそうなのでちょっと寒そうだけどがんばって出店したいものです。


などと、それまでじっと待っている訳にはいきません。藤子文庫は飛び出します!

つづく


藤子文庫の闇

ちょっと面白い本が入ったので紹介します。
夏目漱石の「夢十夜」、内田百里痢嵬重咫廖萩原朔太郎の「猫町」。それぞれ金井田英津子という版画家の装幀で、挿絵的にこの方の版画が紙面を飾っています。挿絵というよりかはもう絵本に近い感じです。
イメージ 1

写真は右上から時計回りに「猫町」「夢十夜」「冥途」です。
この金井田英津子という版画家は、本の装幀と版画を得意とする方のようで、奥付の肩書きは装幀ではなく画・造本となっていました。

版画といってもいろいろあるようですが、この方の版画は黒い部分が多いのが特徴のように思います。光が背後から当たった夕暮れ時のような、月夜に浮かび上がった光景のような、そんな印象をどの絵からも感じました。
よく近代日本は闇を失った、といったような話を耳にしますが、その失われた闇が版画の黒い部分から伝わってくるような気がします。

これから夜の長い季節になりますが、そんな夜の闇を楽しむには打って付けの本じゃないかな、とおもいます。



全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事