☆ベンツ124

2012、BSTV F1 盛り上げましょう。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

フェルナンド・アロンソ

反撃ののろしを上げるアロンソ
2011年4月23日 « ピレリ、タイヤマーキングを改善へ | 「発展継続のために支援を」とザウバー »
「僕らにとって、僕らのファンにとって、理想的なシーズンスタートじゃなかった」 拡大
関連リンクドライバー:フェルナンド・アロンソ | セバスチャン・ベッテル チーム:フェラーリ | マクラーレン | レッドブル サーキット:上海インターナショナル・サーキット いまだ表彰台にも上がれず、精彩を欠くシーズンスタートを切ったフェルナンド・アロンソだが、フェラーリには状況を好転させる力があると信じているという。

「確かに僕らが、そして僕らのファンが望んだようなシーズンスタートじゃなかった」とアロンソはフェラーリ公式ウェブサイトで述べた。「2人で50ポイントというのは十分ではないし、現在のパフォーマンスが良くないことも分かっている。でも状況はすぐに変えられるはずだ」

「僕はチームを信じている。根底にあるものが何かを知っているし、マラネロのみんなからは反撃してやろうという意志を感じる。過去に僕は、初めはライバルとして、今は仲間として、スクーデリアが持つ再起能力を経験した」

「去年を思い出してみればいい。トルコやイギリスでは、もう来年にシフトした方がいいとまで言われた。でも僕らはあきらめず、最終戦までタイトル争いに加わることができたんだ。まるでスローガンのように聞こえるけど、まさに真実なんだ。F1ではネバー・ギブ・アップなんだよ」

だがアロンソは現実的視点から、一晩で改善は実現しないと警告した。「決して僕が現状を軽視しているということじゃない。むしろその反対だよ」と彼は言う。「あらゆる面で、改善のためには懸命なハードワークが必要だ。すべての要素が最善の状態で機能した時に初めて成功が訪れる。マシン、戦略、ピットストップ、ドライバー、そしてチームに含まれるすべての人たちだ。僕たちは追い付かなければいけないし、あまり時間を失うわけにもいかない。これから数週間、周りものんびり待っていてはくれないからね」

アロンソはマクラーレンの劇的な変化に言及した。シーズン前は望みなしと思われながらも、わずか数週間でレース勝者に上り詰めた。いかに早く状況が変わるかの表れだという。

「バルセロナの最終テスト後、みんなマクラーレンには期待できないと言っていた。ところが彼らは常に表彰台を獲得し、ついには中国で勝利を収めた。同時に、ベッテルを倒すのは不可能だとも言われたけど、上海の結果を見ただろう。3戦で決定的な判断を下すのはまだ早いよ」

閉じる コメント(1)

顔アイコン

あの吸いつき、ほとんどスッポンじゃねーか!!!!

チ■ポに食いついたら、なかなか離してくれねーしwwwww

結構お金もらえたけど、チ■ポ吸われすぎて真っ赤になっちまったよwwww

ttp://help.tanakasan.info/j6ocdre/

2011/4/29(金) 午前 1:06 [ ぢゅうぅぅぅって吸いつかれたw ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事