☆ベンツ124

2012、BSTV F1 盛り上げましょう。

SUPER AGURI F1

[ リスト | 詳細 ]

☆SUPER AGURI・ 鈴木 亜久利を代表とする 三年目2008年 琢磨がんばれ オール日本チーム 日本の力を世界に見せつけろ。
記事検索
検索

全43ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

SUPER AGURIに吉報
エクレストンが対応に乗り出す
20/04/08 01:41

日本のファンからも応援の声多数


財政難に直面しているSUPER AGURIだが、19日(土)、2つの吉報がもたらされた。

まず、27日(日)に佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンがレースに出走できるかどうかは未定ではあるものの、SUPER AGURIのトラックの1台がカタロニア・サーキットに向けて出発したことが判明。

ドイツの『Auto Motor Und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』誌によると、水曜日には、かつて同じような状況に見舞われたチームを個人的に救済してきたF1最高権威のバーニー・エクレストンが対応に乗り出したことを含め、チーム存続をかけた交渉が盛んに行われているとのこと。

また、SUPER AGURIがバルセロナでチェッカーフラッグを受けるためには、200万ユーロ(約3億2,800万円)が月曜日までに必要なのだと報じられている。

さらに、エクレストンが目下、今回はドイツと見られる別の買い手企業にセッティングに励んでいるとも言われているのだ。


彼の課題のひとつは2009年末まではSUPER AGURIにマシンとエンジンを供給し続けるようHondaを説得することとも言えるだろう。

イメージ 1

SUPER AGURI売却に向けた契約交渉が破談
チームの今後は・・・
16/04/08 23:27

参戦継続に向けて新たな後援者を探すSUPER AGURI


SUPER AGURIは16日(水)午後、これまでに広く報じられていたマグマ・グループとの契約が今後、成立されることはないと発表した。

財政難に苦悩するSUPER AGURIは今週のバルセロナテストを欠席しており、目下、チームは短期および長期の参戦計画に問題を抱えているということになる。

先ごろ報じたように、チームは技術パートナーであり、長きにわたってSUPER AGURIを後援するHondaからの支援継続を目指していくことになるかもしれない。

SUPER AGURIから発表されたプレスリリースは以下の通り。


【鈴木亜久里代表からの声明】

「SUPER AGURI F1チームはチームの買い手となる可能性のあったマグマ・グループから、同社の投資家らが買収を目的とする資金供給を望んでいないという知らせを受けたことを発表します」

「誠に遺憾ながら、鈴木亜久里は目下、チームの将来を検討せざるを得ない状況ではありますが、他の企業らとの交渉は継続します」

イメージ 1

イメージ 2

亜久里代表、「大丈夫です」
琢磨とデビッドソンの残留を目指す
09/02/08 19:21

チーム存続を確信する亜久里代表

SUPER AGURIのオーナーである鈴木亜久里代表によると、チームは財政難を乗り切るため、新たな潜在的投資家らと競技しているとのことだ。

9日(土)の『東京中日スポーツ』には、同紙のインタビューに応じた亜久里代表の「これまでに言及されていない、いくつかの企業と話し合いをしています」というコメントが掲載されている。

また、亜久里代表は「うわさに上った企業とは契約しないと思います。彼らとの会談はありましたが、諸般の事情が生じました」とも語った。

さらに、チームが佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンの両ドライバーのチーム残留を望んでいることも明かした亜久里代表は、こう述べている。

「正式にはまだ決まっていませんが、基本的には昨年と同じになるでしょう」


先週には、インドの電話会社である『Spice Group(スパイス・グループ)』がSUPER AGURIの買収に関心を示していると認めたが、インド人ドライバーのナレイン・カーティケヤンの起用を条件としている。

30歳のカーティケヤンはF1初のインド人ドライバーであり、2005年にジョーダンからデビューした。過去2年はウィリアムズでテストドライバーを務めていたが、2008年の契約は更新されていない。

また、同じく先週、スペイン人実業家のアレハンドロ・アガグ氏が、イギリス・リーフィールドに拠点を置くSUPER AGURIの株50%を購入したと報じられた。しかし、チームはドイツ『Auto Bild(オート・ビルド)』の報道を否定している。

一方で、アメリカのテレビ局『Speed TV(スピードTV)もSUPER AGURIの財政的投資家として、あるロシア企業の名が浮上しているという、うわさを伝えた。

2005年に初のオールジャパンチームとして亜久里代表が設立して以来、SUPER AGURIは財政支援の獲得に苦労している。

亜久里代表は次のように締めくくった。

「決断すべき事項はたくさんあります。ですが、すべて対処できるレベルのものです」

「われわれが姿を消すことは決してありません。大丈夫です」

イメージ 1

イメージ 2

SUPER AGURIに吉報
SA08がクラッシュテスト合格
09/02/08 01:40

来週のヘレステストに参加予定のSUPER AGURI

滞在的買収や財政難、テストセッション欠席、発表されないドライバーラインアップなど、数々の憶測が流れるSUPER AGURIに吉報がもたらされた。

伝えられるところによると、SUPER AGURIの2008年型マシンSA08がFIAのクラッシュおよびホモロゲーションテストに合格したというのだ。

最近、来週ヘレスでチームのテスト作業が再開されると明かしたSUPER AGURIのドライバー、佐藤琢磨は次のようにコメントしていた。

「最初は暫定車を使用する予定で、最後のバルセロナテストまで完全なアップデート型マシンにはならないでしょう」


「メルボルンで行われる初戦には、完全な新パッケージを持ち込めることを願っています」

イメージ 1

イメージ 2

SUPER AGURI、チームの株式を一部売却か
アギャグが50%を保有することに?
19/01/08 1:32


これまでも経済的なパートナーを探していた亜久里代表

18日(金)に報じられたところによると、SUPER AGURIの鈴木亜久里代表はチームの株式の一部を売却した模様だ。

イギリス・リーフィールドにファクトリーを構えるSUPER AGURIの株式を、GP2のカンポス・レーシングの共同オーナーであるアレハンドロ・アギャグが購入するのではないかといううわさは昨年から広まっていた。

今回の報道によれば、アギャグだけでなくカンポス・レーシングのもう1人のオーナーであるエイドリアン・カンポスもSUPER AGURIの株式購入をした模様。しかし、亜久里代表はこれからもチームの顔であり続けるとのことだ。

2007年のSUPER AGURIは、メインスポンサーであったSSユナイテッドのスポンサーフィー不払いにより、経済難に陥っていた。

またドイツの『Auto Bild Motorsport(アウト・ビルド・モートアシュポルト)』誌は、37歳のアギャグはSUPER AGURIの株式の50%を購入したと伝えている。

全43ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事