事務長のホッと一息

病院や地域の様々な情報を発信していきます

大神神社のささゆり

以前は三輪山周辺に自然の「ささゆり」がたくさん咲いていたのですが、環境に敏感な植生のため自生が難しく、ほとんどみかけないようになっていました。
そこで平成5年から大神神社では専門家の協力も得ながら「ささゆり」の復活に取り組んでこられ、この時期に可憐な「ささゆり」の花をみることができるようになりました。今年は6月21日まで参道脇の「ささゆり園」で見学できます。

イメージ 1

イメージ 2



開く コメント(0)

安楽寺(御所市稲宿)で沙羅双樹の花が咲き始めました。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


沙羅双樹は白くてかわいい花ですが一日花で、一度花が咲くと閉じるのではなく花そのものが落ちてしまいます。沙羅双樹というと「祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕す」という平家物語の一節を思い出しますが、世の中いくら強いものでもいつかは滅んでいくという道理を、この花に合わせて表現しています。

イメージ 4


開く コメント(0)


高松塚古墳ではカビなどにより壁画の劣化が進んだため、2006〜2007年にかけて石室の解体が行われましたが、その時に作られた実験用の石室が飛鳥資料館の庭園に設置され、今月から公開されています。
この複製石室の長さはおよそ4m、幅と高さがおよそ2mで、発掘調査で明らかになった情報をもとに実物に近い形で再現されました。

イメージ 1

イメージ 2

内部の壁には何も描かれていませんが、資料館では壁画の復元も検討されているとのことです。なお、治具などの実物や解体作業の様子は館内で展示されています。

イメージ 3

イメージ 4

開く コメント(0)

平成30年度に奈良県が行なったがん検診の受診率に関する調査結果をみると、女性の受診率は50.5%(前年50.4%)でほぼ横ばいだったのに対して、男性の受診率は48.1%(49.4%)でやや低下しています。
がん検診の目的は、がんを早期に発見し適切な治療を行うことでがんによる死亡を減少させることで、特に無症状のうちにがんを発見し治療することが大切になります。各市町村でもがん検診が始まっていますので是非受診してください。
御所市のがん検診の詳細は以下のとおりです。

イメージ 1


開く コメント(0)

ガンと闘いながら奈良の風景を撮影されている映像作家保山耕一さんの作品が反響を呼んでいます。同氏の「奈良 時の雫」という動画の作品集が「You Tube」で公開されていますので一度ご覧ください。とても美しい動画なのできっと心が洗われると思います。
インターネットの検索ツールで「奈良時の雫」と入力し検索すると、トップに「You Tube」のページが表示されます。

イメージ 1


開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事