事務長のホッと一息

病院や地域の様々な情報を発信していきます

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全140ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

正蓮寺というお寺の名前にも「蓮」の字が入っていますが、このお寺はハスで有名です。境内では約120種類のハスが大鉢で育てられ、6月の中旬頃から花を咲かせます。

イメージ 1

イメージ 2

副住職の高畑公紀さんが生物学の博士号をとっておられハスの改良に努められていることから、このお寺では9月の彼岸頃まで咲くハスもあるそうです。

イメージ 3

イメージ 4




開く コメント(0)

高取城資料館

日本三大山城のひとつである高取城の魅力をPRする展示が、630日まで「街の駅城跡(きせき)」(高取町上土佐)で開催されています。これは地域住民でつくる「天の川実行委員会」が「高取城資料館」と名付けて高取城に関連する資料を展示しているものです。
 
イメージ 1

司馬遼太郎の短編小説「おお、大砲」に登場する高取藩の大砲「ブリキトース砲」の複製品が公開されています。

イメージ 2
 
また、高取城を含む日本100名城の写真パネルのほか、四季折々の風景をドローンで撮影した映像も紹介されています。

イメージ 3

イメージ 4

開く コメント(0)

久米寺のアジサイ祈願

久米寺(橿原市久米町)は境内にアジサイの花が咲き誇ることで有名で、本堂の西側に「あじさい園」があり、約40種500株のアジサイが植えられています。

イメージ 1

イメージ 2

毎年6月の第三日曜日にはアジサイ祈願が行われます。一輪のアジサイをトイレにぶら下げておくと1年間病気を防げるといわれており、アジサイ祈願では1年間ぶら下げておいたアジサイを護摩で焚き、新たに祈願していただいたアジサイを頂きます。

イメージ 3

イメージ 4



開く コメント(0)

大神神社のささゆり

以前は三輪山周辺に自然の「ささゆり」がたくさん咲いていたのですが、環境に敏感な植生のため自生が難しく、ほとんどみかけないようになっていました。
そこで平成5年から大神神社では専門家の協力も得ながら「ささゆり」の復活に取り組んでこられ、この時期に可憐な「ささゆり」の花をみることができるようになりました。今年は6月21日まで参道脇の「ささゆり園」で見学できます。

イメージ 1

イメージ 2



開く コメント(0)

安楽寺(御所市稲宿)で沙羅双樹の花が咲き始めました。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


沙羅双樹は白くてかわいい花ですが一日花で、一度花が咲くと閉じるのではなく花そのものが落ちてしまいます。沙羅双樹というと「祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕す」という平家物語の一節を思い出しますが、世の中いくら強いものでもいつかは滅んでいくという道理を、この花に合わせて表現しています。

イメージ 4


開く コメント(0)

全140ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事