ここから本文です
すっぱいぶどう あまいれもん
人生ドリルを解くのが苦しい時、守護霊さんは何を想うのかな?中途半端なスピヂカラで修行中です。

書庫全体表示

いつもご覧頂きありがとうございます。

ちょっと更新が滞ってるじゃない!
お詫びに浄化のエネルギーでも送りなさいよ!


っておっしゃるけどね
浄化のエネルギーが送れるような
そんな高等なスピヂカラがあるのなら

こんなブログやってないですから!
もっと読者さんに喜んで頂けるブログ

やってますからぁ!(◞‸◟)


あっ、私だけど…。

そんなKさんからの電話にはいつも震えるの。
プルプル震えるの。(*´ω`*)
えっ?もしかして更年期障害始まった?
そう怯えるくらい汗も吹き出すの。

Kさんからの電話なんて
要件はほぼ決まってるもの。
不幸の電話って呼ぶくらい決まってるの
不幸のブログを書くと言われている私
不幸の電話と悪態をつくくらいだから
恐怖の館・実家へのお誘いしかないのよ。

あれぇ?っていう間に
無駄なくスムーズに
恐ろしいほど人生が傾く
そんな実家が誕生地の
Kさん。


【Kさんの詳しいお話はこちらをご覧下さい】

更に、その実家王国で独裁者的に振舞っている
お父様こと
おとおー様
がひとりで住んでいます。


もうね、目がね、ホント危険なのよ。

 おとおー様の目にとても危険を感じちゃうの。
いやいや違うのよ、奥さん。
そういうアダルティーな危険じゃないの。
80過ぎのおとおー様の
男のアダルティーな魅力を感じて
ウフッってなっているわけじゃないの。

本当にデンジャラスなの。

おとおー様に会っているうち
憑依もあるかも…と感じるようになって…
本当にぃ?って皆さん疑ってるでしょ?
確かにね、私のスピヂカラは中途半端ですよ

スピ経験も浅くて、ブログは面白くない。
その上、ブログの更新も滞ってますしね。
小さな不幸どころか
おっきな不幸がガンガンと分かり易く
直球で来ることもありますのでね
不幸を呼び込む恐怖のブログ
とさえ言われてますけど
おとおー様に関しては自信があるのよ。
だってこんなに分かりやすい
霊現象がある家も珍しいですから!

Kさんのお兄さんは霊現象に対して
懐疑的なのね。信じてないのよ。
弟さんは怪奇現象を経験して、やっと
えっ?って感じで気づいたのね。
今は実家を出ています。

イメージ 1

そんなお兄さんはたまに家族で
神社に行くことがあるようなので
おとおー様よりは救いがあると思うのね。

気づけよ!この愚か者の長男!
このあほんだら長男!

      
長男に対する守護霊などの叱責なのですが
友人を想う私の個人的感情が
かなり入った厳しい表現になっております。
     
お兄さんの守護霊、あるいは家族の背後の方が
気づきなさい!とお兄さんを
叱責して導いている可能性があります。
奥さんが神社に行こうとお兄さんを誘っているのなら
奥様の背後の方でしょうね。
Kさんが御先祖供養をしているので
必死にお願いをしているので
御先祖様がKさんを守る為に
動いて下さっている可能性もあります。
それが結果的に、お兄さんも守ることになるのね。

そしてね
久しぶりに行きましたよ。
Kさんの恐怖の館・実家にね。
怪奇現象的なものを体験出来る確率は

かなり高いですから!
お化け屋敷並みに
安定した恐怖が
味わえますから!

おとおー様とKさんがお話ししている横で
部屋中を静かに見ていたんです。
中途半端なスピヂカラなので
お部屋の雰囲気のようなものと一体になる感じで
センサーを働かせるしかないんですけどね。

そんなふうに警戒していたら、突然
バタン!と下階から物凄く大きな音がして…
な、何?何なの?

Kさんと私、驚いて凝固状態。
今のは…だ、誰かが思い切り強く
部屋のドアを閉めた音だよね?

その音が挑発的というか
明確な意思表示を感じさせましたのでね
私達を怯えさせようとしていたのは
明らかだったの。そして今度は
階下の廊下をそっと歩く音がしたんです。
歩く気配ではなく、床を擦るような
微かな足音が何故かはっきりと聞こえたの
禍々しい存在は
私とKさんの存在が邪魔なんです。
ひとまず、憑かれるようなことはなく
無事に恐怖の館・実家の来訪は終わったのですが
次はどんな手で脅かされるのか
ドラマの予告じゃないんですから
ちっとも
ワクワクしませんからね!

このような経験を重ねていると
神社仏閣への参拝や波長を上げることは
本当に大切なんだと感じるんですね。
おとおー様の心は完全に
あちら(闇)側に向いているので
何とかこちら(光)側へ来るよう試みるのですが
全く上手くいかないんですね。
完全にロックされているような状態なので。
心の中に信仰を置くということは
禍々しい存在から身を守るということだけでなく
自分の心が迷った時も正しい方向に導いてくれます。
例えば
損か得か?という即物的な判断ばかりに偏っている時
利他(りた)という思考に導いて下さります。
なので、私なんて年がら年中
矯正(導き)されっぱなしですよ。
神様仏様、いつもありがとうございます。


本日もご覧頂き感謝致します。
お越し下さってとても幸せですっ!

今宵はここまでにしとうございます。



イメージ 2


この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事