ここから本文です
すっぱいぶどう あまいれもん
人生ドリルを解くのが苦しい時、守護霊さんは何を想うのかな?中途半端なスピヂカラで修行中です。

書庫全体表示

いつもご覧頂きありがとうございます。

久しぶりに、やっちゃいましたよ。
未完成のまま、独り言風のひどいブログを
まさか公開しているとは知らずに
呑気に短時間そのまま放置してました。
ステップアップしたブラックな一面を
久しぶりにさらけ出してしまいましたよ。

思い切り引いておられるそこの読者様
そろそろ戻って来て下さいな。
こんなブラック一色の私でも
ホワイトな面も、うふっって感じで
ほんのちょっとはあるんですから。

少し早いのですが
お墓参りに行ってきましたよ。
若い頃はね、先祖供養をせずに

いい気になっておりました。

いい気になれるほど

幸運に恵まれていた
わけじゃないのに…


むしろ、常に危機感の中で
暮らしていたというのに


何であんなにいい気になれたんだろう?
その後
うっそでしょ?今が底がじゃなかったのぉ?

って驚愕するくらい
見事に運勢がガタッと落ちて行ったのにさぁ

後々になって、そのガタッという様々な出来事が
ご先祖様や守護霊からの

熱〜い熱〜い想いだと気づきましたけどね

その熱い想いはどうみても
お仕置き感の
強いものでしたけどね


これでも分からぬか!的な
厳罰的な要素が色濃かったですけどね。


私の実家はご先祖供養を一切しなかったのでね
その役目を私にさせようと
気づかせる為に
ご先祖様が起こしていた現象だったし

守護霊からは
お前は稀代の怠け者だな。
地獄にもいないぞ!
お前くらいいい加減な奴は!

というご叱責だったですしね。

なので素直にやってますよ。
たったひとりでご先祖供養。
私と同じような
ご先祖から任命を受けた奥さん
もしいらしたら一緒に頑張りましょうね。
自分に白羽の矢が立ったのだな
そう諦めてね、お役目を果たされて下さいな。
ご先祖様に信頼されている証しですからね。
あの世に強い味方がおられる証しですからね。


イメージ 1

そんな私だったので
前世が巫女とは思えないほど
一貫して神社にも行ってなかったんですぅ。
お祭りでたこ焼き食べたくらい
手も合わせず、お賽銭も入れず、
よろしく的な横柄な態度でお願いしたことも

そんなどうしょうもなく素行の悪い私…
まだ若い時、ある日突然
茨城県にある筑波山という
お山自体がご神体の
登山がしたくなったんですね。
登山なんて大嫌いだったのに
大好きなピンヒールしか履かず
シューズなんて一足も持っていなかったのに


登らなきゃ…
登らないと…

登らせ給えぇ

何故か最後は許しを請うように意味不明な哀願…

そんな感じで二回ほど筑波山に登りましたね。
低い山とはいえ、岩だらけできっつい修行でしたよ。

こんなふうに荒々しく
気づかされるわけですね。

乱暴過ぎるじゃないよぉ
なのでね
ご先祖供養されていないあなたも
神社仏閣から足が遠のいているあなたもね
どんなに抗っても、時期が来ればね
神仏に後ろから首根っこを掴まれますから。
その時は素直にね、従った方がいいですって。

素直に従ったら宝くじが当たるとか
絶対いいことあるんでしょ?

神様のご褒美的なものがさぁ!

そんな不毛なことをね
期待ムンムンさせながら
聞いてきた友人がおりましたのでね

一切ないですから!

無事に登山を終えたらフィニシュ!
嘘偽りなく
本当にそれだけですからね!

疲れてトボトボ帰るだけですよ!

崖から子ライオンを突き落とす
親ライオンのような気持ちで
友人にそう言いましたよ。

でもね、そうは言いましたが
必要なエネルギーを頂く為に
神社仏閣に導かれることもあるんですって。
スピさんが、そうおっしゃってました。

あと神様のお使いの為に神社に導かれることも

あるらしいです。
ネットにそう書いてありましたから。

導かれた神社に参拝しておくと
身近な神社でも繋がりやすくなる

守護霊がそのようなこともおっしゃっていましたよ。
氏神様や神社巡りをしていますのでね
身近な神社と深く繋がりやすくなるようにと
教えて下さったんでしょうね。

皆さんのお気に入りの神社が
どこからか勧請されているのであれば
その総本社にも行かれるといいような気がします。
もちろん、総本社に行かずに参拝しても
十分なご利益やパワーは当然頂けますからね。
それは間違いないですからね。

京都の伏見稲荷大社に行ってから
気がつくと伏見稲荷さん関係に
参拝してることが多くなりましたのでね。
皆さんにもあるはずですよ。
私の知り合いでも、そういう人多いですから。


みんな神仏に繋がって生きているんですもの。


本日もご覧頂きありがとうございました。
心から感謝いたします。幸せですっ!
今宵はここまでにしとうございます。



イメージ 2


この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事