ここから本文です
すっぱいぶどう あまいれもん
人生ドリルを解くのが苦しい時、守護霊さんは何を想うのかな?

書庫全体表示

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


お越し頂きありがとうございます。


お盆の時期ってね、どうしても
真夜中の来訪者が多くなりがち・・・


ママ〜と呼ぶ女の子とか
寒いぃぃ〜って訴えて来る男の人とかね。


私、そういうの全く感じないのよ、ウフフ…

そう頑なに言い張る奥さんもね、お盆になると
あらあらいやだ、ザワッと来ちゃたわよ!
ってザワワ体験デビューされたりします。
故人(霊)に心(アンテナ)を向ける人が
多くなるからなんですって。 


おぉぉぉっっっ〜これがぁ…

これがぁぁぁ…

全く意味不明な表現を大袈裟にしましたけどね
ザワワ体験デビューをすると
お盆にこんな雄叫びを上げちゃうんです。
そんな雄叫びが聞こえたら
恐らくこのパターンですが
ふうっっていうアツイ雄叫びの場合は・・・
皆さんお察し下さいね。

日本の出生率はガタ落ちですから。

でね、変なモノは視えない方がいいですよ。
波長の低い禍々しいモノとは同調しないよう
日頃から努力されることは
とても大切だと感じているんですね。


今もまだ未熟な私ですがね
もっともっとサタン的な尖りがあった若い頃
あまりにも未熟で波長が低かったのでね
闇からスカウトらしきモノが来てたの!
      
闇Aこいつ使えるぜ!
    間違いなく、闇ボスも惚れるよ!

闇B闇研修なしに即使える上物ですな!

闇A魂がこんなに真っ黒くろすけなんて
    なかなかいないぞ!お前以上だな。


闇B自分の真っ黒さに勝てる奴など
    絶対にいないと信じてましたけど
    上には上がいて、
自分、完敗っす!

あのさぁ、
闇からこんなに賞賛される私って
どんだけ波長が低かったわけ?
こんなに上物扱いされるなんて
どんくらい真っ黒くろすけだったのよ!

そんなどうしょうもなかった私は
闇にとっては最高の存在だったのね・・・


冷静に話しましたけど
あのね、これ自慢話じゃないのよ!
素晴らしい食品に贈られる
モンドセレクション受賞とか
そんなおめでたい話じゃないですからね!

イメージ 1

これ汚点ですから。
人生最大の私の汚点ですから!


闇のボスに愛されそうになった女っている?
多分、私以外いないと思う…


私のダメな部分、真っ黒くろすけ具合が
闇ボスの超好みだったのよ…

そんな傷心の私にね
ねぇ、どんだけ真っ黒くろすけだったの?って…
追い討ちかけるように
楽しそうに質問して下さったそこの奥さんね
こっちが聞きたいくらいよ!

ここだから打ち明けたんですからね。
皆さんには、神仏といつも繋がって頂きたいもの


でね、波長が低いと何が一番怖いってね
知らぬ間に
闇の存在になってしまうことなの。
神仏とは対極の世界に
いつの間にか自分がいるってことが怖いのね。

当然、護りはなくなりますから。

私の場合、分かりやすく体調に異変が起きました。
突然喘息の発作が起きたり
アトピーや胃腸関係がやられまして
体調不良が続いて欠勤が増えたの。

心の有り様が言葉に出ますのでね
粗々しくなりました。

友人に厳しく指摘され、自己嫌悪の繰り返し。
 でもね、これらを引き寄せたのは
誰でもなくて、全て自分のせいなの。
自分を省みない私のせいだったんです。

負のエネルギーに強く引っ張られていたので
この道・我が道・闇の道!
みたいな感じで闇の中にいたの。
そんな時
おぉ〜い!
史上最強の真っ黒くろすけのそこのお前
この光が見えぬか?光に目を向けなさぁ〜い

と、守護霊の手招きに気づいて・・・
だからこうして平穏無事に過ごしていられるんです
守護霊の放つ光に気がつかなかったら
今頃は闇ボスと・・・

神仏と守護霊、友人に感謝の日々です。

そんな私ではありますが、守護霊の導きと共に

頑固一徹スピ屋の暖簾を守っております。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
本日もご覧頂きありがとうございました。
今宵はここまでにしとうございます。



イメージ 2




この記事に



いつもご覧頂きありがとうございます。
そして応援して下さり、心から感謝いたします。


昨日ね、川沿いを気持ち良く歩いていたらね
友人が急に立ち止まってプルプルし始めたの。

友人いるよぉ〜たっくさんいるよぉ〜

何?何か視えちゃった?

私は、そういう霊とかは視えないのよ。
ちなみに友人はスピアンテナは持ってないの。
目の前のガラス扉に全く気づかず
ガラスに激突する位何も視えない友人です
でも、お盆の時期は
色々と気配を感じることが多いですよね。
安心出来ませんのよ。

知らんぷりしなさい。まるっと無視しなさい。

友人に忠告しながら厳戒態勢を敷いたのよ。
人間が霊の存在に気がついた時には
あちらのお方も敏感に察知してますから
下手すると、スッと乗っかってきちゃいますよ。
家まで来て、無断宿泊して…連泊して
いつの間にか住み着いちゃうことがありますから!
気がつくと
二人羽織みたいになっちゃってますからね!

でね、友人が顔面蒼白だったので
何が視えたのか確認したら・・・

友人三つに分かれた足だよぉ!
   足の部分が気持ち悪いのよぉ


三つに分かれた足?
えっ?霊じゃなくて妖怪が視えてるわけ?


友人妖怪じゃないよぉ。ただの鳥だよぉ。
   鳥の足が怖いんだって


友人の鳥嫌いを今思い出したわよ
(−_−;)  

あんなのまともに見たら気絶するよ!
意識不明になっちゃうよ!
 友人

道を占拠している鳥から離れてから暫くして
友人がラーメンが食べたいって言うのでね

 
ラーメンって何で出来てるか知ってるの?
友人知ってるよぉ。小麦粉でしょ!
麺じゃなくて、スープの方だよぉ。
友人昆布とか煮干しとか…肉・野菜!


やっぱり知らなかったかぁ


大好きなラーメンのスープに
「もみじ」という名の鳥の足が
ふんだんに使われていること。
全く知らない友人が不憫過ぎるとです…
見たら気絶なわけでしょ。意識不明なわけでしょ?
ならば、鳥の足のエキスを
何十年も美味しく飲み干していたと知ったら?
間違いなく絶命しちゃいますから!

アヒルの足にもプルプルしたことがあったしね

イメージ 2

ずいぶん前にね
真夜中に頭を叩かれて目を覚ましたんです。
棒のようなもので、頭頂部を的確に
ぽん・ぽん・ぽんって叩かれたの。
イタイというより煩わしい…
とにかく安眠妨害。でね、冷静に考えなくても

あちらの方だってすぐ分かったのよ
誰もいないはずの部屋で叩かれてるんだもん。
目を開けて正体を見るべきか…
いや、怖くて目が開けられないし…
プルプル震えている間も


私、棒で叩かれ放題・・・
あちら、棒で叩き放題・・・

何なの!(−_−;)
あのさぁ、私の頭、木魚じゃないんですけど。
ひょっとして、あなた彷徨ってる僧侶?
何で僧侶が無駄に彷徨ってるわけ?
あなたこの世を去る
プロフェッショナルなはずでしょ?
潔くあの世に行きなさいって!

僧侶だとしてもね、目を開ける勇気がないので
叩かれそうな気配を感じたら、素早く

  
  ッ
  !

と、頭を器用に避ける作戦でいくことにしたの。
頭を左右に振るって戦法ね。
早速、叩かれる気配を察知したのでね
得意げに頭を右に振ったの。そしたら見事に叩かれ
今度は左に振ったら、やはり見事に叩かれて…
今度はそのまま左で留まっていたら
やっぱり叩かれて、まるっとこちらをお見通し。
ある意味プロフェッショナル。
結局ずっと叩かれてました・・・

敵ながら僧侶、あっぱれでしたよ!
見事に百発百中でしたよ!
さすが木魚を叩き慣れてるわ。
認めるわ!私惨敗よ。


不愉快なので、目を瞑ったまま僧侶にお説教。

あのね、私朝が来たら仕事なの。
あなたの低レベルな木魚遊びなんかに
これ以上付き合ってられないわけ。
こっちはね、毎日が修行なの。忙しいの!
魂の成長の為に必死なの!
現生から離れたあなたとはレベルが違うの!
レベルがね!フン!


正体を確認せずに布団に潜りましたら
さすがの僧侶も凹んだのか静かになりましたよ。
かなりたってからスピさんにね
彷徨ってる僧侶の、
信じられない愚かな暴力行為
を容赦なく告発。


言っていいのかなぁ?その方はね・・・
あなたの大切な守護霊なの…

あなたの魂の向上が思うようにいかないので
ハッパをかけに来たんですよ。 スビさん

えっ?守護霊?愚かな暴力僧侶じゃなくて?
私、守護霊にお説教して暴言吐いちゃったの?
そんな恐ろしいこと…しちゃったの?

しちゃったんです。
  スピさん

相変わらず中途ハンパなスピヂカラ…

やっちまったなぁ
 

本日もご覧頂き心から感謝致します。
皆様のおかげで、ブログを続けさせて頂いております。
今宵はここまでにしとうございます。




イメージ 1


この記事に

いつもご覧頂きありがとうございます。

久しぶりに、やっちゃいましたよ。
未完成のまま、独り言風のひどいブログを
まさか公開しているとは知らずに
呑気に短時間そのまま放置してました。
ステップアップしたブラックな一面を
久しぶりにさらけ出してしまいましたよ。

思い切り引いておられるそこの読者様
そろそろ戻って来て下さいな。
こんなブラック一色の私でも
ホワイトな面も、うふっって感じで
ほんのちょっとはあるんですから。

少し早いのですが
お墓参りに行ってきましたよ。
若い頃はね、先祖供養をせずに

いい気になっておりました。

いい気になれるほど

幸運に恵まれていた
わけじゃないのに…


むしろ、常に危機感の中で
暮らしていたというのに


何であんなにいい気になれたんだろう?
その後
うっそでしょ?今が底がじゃなかったのぉ?

って驚愕するくらい
見事に運勢がガタッと落ちて行ったのにさぁ

後々になって、そのガタッという様々な出来事が
ご先祖様や守護霊からの

熱〜い熱〜い想いだと気づきましたけどね

その熱い想いはどうみても
お仕置き感の
強いものでしたけどね


これでも分からぬか!的な
厳罰的な要素が色濃かったですけどね。


私の実家はご先祖供養を一切しなかったのでね
その役目を私にさせようと
気づかせる為に
ご先祖様が起こしていた現象だったし

守護霊からは
お前は稀代の怠け者だな。
地獄にもいないぞ!
お前くらいいい加減な奴は!

というご叱責だったですしね。

なので素直にやってますよ。
たったひとりでご先祖供養。
私と同じような
ご先祖から任命を受けた奥さん
もしいらしたら一緒に頑張りましょうね。
自分に白羽の矢が立ったのだな
そう諦めてね、お役目を果たされて下さいな。
ご先祖様に信頼されている証しですからね。
あの世に強い味方がおられる証しですからね。


イメージ 1

そんな私だったので
前世が巫女とは思えないほど
一貫して神社にも行ってなかったんですぅ。
お祭りでたこ焼き食べたくらい
手も合わせず、お賽銭も入れず、
よろしく的な横柄な態度でお願いしたことも

そんなどうしょうもなく素行の悪い私…
まだ若い時、ある日突然
茨城県にある筑波山という
お山自体がご神体の
登山がしたくなったんですね。
登山なんて大嫌いだったのに
大好きなピンヒールしか履かず
シューズなんて一足も持っていなかったのに


登らなきゃ…
登らないと…

登らせ給えぇ

何故か最後は許しを請うように意味不明な哀願…

そんな感じで二回ほど筑波山に登りましたね。
低い山とはいえ、岩だらけできっつい修行でしたよ。

こんなふうに荒々しく
気づかされるわけですね。

乱暴過ぎるじゃないよぉ
なのでね
ご先祖供養されていないあなたも
神社仏閣から足が遠のいているあなたもね
どんなに抗っても、時期が来ればね
神仏に後ろから首根っこを掴まれますから。
その時は素直にね、従った方がいいですって。

素直に従ったら宝くじが当たるとか
絶対いいことあるんでしょ?

神様のご褒美的なものがさぁ!

そんな不毛なことをね
期待ムンムンさせながら
聞いてきた友人がおりましたのでね

一切ないですから!

無事に登山を終えたらフィニシュ!
嘘偽りなく
本当にそれだけですからね!

疲れてトボトボ帰るだけですよ!

崖から子ライオンを突き落とす
親ライオンのような気持ちで
友人にそう言いましたよ。

でもね、そうは言いましたが
必要なエネルギーを頂く為に
神社仏閣に導かれることもあるんですって。
スピさんが、そうおっしゃってました。

あと神様のお使いの為に神社に導かれることも

あるらしいです。
ネットにそう書いてありましたから。

導かれた神社に参拝しておくと
身近な神社でも繋がりやすくなる

守護霊がそのようなこともおっしゃっていましたよ。
氏神様や神社巡りをしていますのでね
身近な神社と深く繋がりやすくなるようにと
教えて下さったんでしょうね。

皆さんのお気に入りの神社が
どこからか勧請されているのであれば
その総本社にも行かれるといいような気がします。
もちろん、総本社に行かずに参拝しても
十分なご利益やパワーは当然頂けますからね。
それは間違いないですからね。

京都の伏見稲荷大社に行ってから
気がつくと伏見稲荷さん関係に
参拝してることが多くなりましたのでね。
皆さんにもあるはずですよ。
私の知り合いでも、そういう人多いですから。


みんな神仏に繋がって生きているんですもの。


本日もご覧頂きありがとうございました。
心から感謝いたします。幸せですっ!
今宵はここまでにしとうございます。



イメージ 2


この記事に

いつもご覧頂きありがとうございます。

ちょっと更新が滞ってるじゃない!
お詫びに浄化のエネルギーでも送りなさいよ!


っておっしゃるけどね
浄化のエネルギーが送れるような
そんな高等なスピヂカラがあるのなら

こんなブログやってないですから!
もっと読者さんに喜んで頂けるブログ

やってますからぁ!(◞‸◟)


あっ、私だけど…。

そんなKさんからの電話にはいつも震えるの。
プルプル震えるの。(*´ω`*)
えっ?もしかして更年期障害始まった?
そう怯えるくらい汗も吹き出すの。

Kさんからの電話なんて
要件はほぼ決まってるもの。
不幸の電話って呼ぶくらい決まってるの
不幸のブログを書くと言われている私
不幸の電話と悪態をつくくらいだから
恐怖の館・実家へのお誘いしかないのよ。

あれぇ?っていう間に
無駄なくスムーズに
恐ろしいほど人生が傾く
そんな実家が誕生地の
Kさん。


【Kさんの詳しいお話はこちらをご覧下さい】

更に、その実家王国で独裁者的に振舞っている
お父様こと
おとおー様
がひとりで住んでいます。


もうね、目がね、ホント危険なのよ。

 おとおー様の目にとても危険を感じちゃうの。
いやいや違うのよ、奥さん。
そういうアダルティーな危険じゃないの。
80過ぎのおとおー様の
男のアダルティーな魅力を感じて
ウフッってなっているわけじゃないの。

本当にデンジャラスなの。

おとおー様に会っているうち
憑依もあるかも…と感じるようになって…
本当にぃ?って皆さん疑ってるでしょ?
確かにね、私のスピヂカラは中途半端ですよ

スピ経験も浅くて、ブログは面白くない。
その上、ブログの更新も滞ってますしね。
小さな不幸どころか
おっきな不幸がガンガンと分かり易く
直球で来ることもありますのでね
不幸を呼び込む恐怖のブログ
とさえ言われてますけど
おとおー様に関しては自信があるのよ。
だってこんなに分かりやすい
霊現象がある家も珍しいですから!

Kさんのお兄さんは霊現象に対して
懐疑的なのね。信じてないのよ。
弟さんは怪奇現象を経験して、やっと
えっ?って感じで気づいたのね。
今は実家を出ています。

イメージ 1

そんなお兄さんはたまに家族で
神社に行くことがあるようなので
おとおー様よりは救いがあると思うのね。

気づけよ!この愚か者の長男!
このあほんだら長男!

      
長男に対する守護霊などの叱責なのですが
友人を想う私の個人的感情が
かなり入った厳しい表現になっております。
     
お兄さんの守護霊、あるいは家族の背後の方が
気づきなさい!とお兄さんを
叱責して導いている可能性があります。
奥さんが神社に行こうとお兄さんを誘っているのなら
奥様の背後の方でしょうね。
Kさんが御先祖供養をしているので
必死にお願いをしているので
御先祖様がKさんを守る為に
動いて下さっている可能性もあります。
それが結果的に、お兄さんも守ることになるのね。

そしてね
久しぶりに行きましたよ。
Kさんの恐怖の館・実家にね。
怪奇現象的なものを体験出来る確率は

かなり高いですから!
お化け屋敷並みに
安定した恐怖が
味わえますから!

おとおー様とKさんがお話ししている横で
部屋中を静かに見ていたんです。
中途半端なスピヂカラなので
お部屋の雰囲気のようなものと一体になる感じで
センサーを働かせるしかないんですけどね。

そんなふうに警戒していたら、突然
バタン!と下階から物凄く大きな音がして…
な、何?何なの?

Kさんと私、驚いて凝固状態。
今のは…だ、誰かが思い切り強く
部屋のドアを閉めた音だよね?

その音が挑発的というか
明確な意思表示を感じさせましたのでね
私達を怯えさせようとしていたのは
明らかだったの。そして今度は
階下の廊下をそっと歩く音がしたんです。
歩く気配ではなく、床を擦るような
微かな足音が何故かはっきりと聞こえたの
禍々しい存在は
私とKさんの存在が邪魔なんです。
ひとまず、憑かれるようなことはなく
無事に恐怖の館・実家の来訪は終わったのですが
次はどんな手で脅かされるのか
ドラマの予告じゃないんですから
ちっとも
ワクワクしませんからね!

このような経験を重ねていると
神社仏閣への参拝や波長を上げることは
本当に大切なんだと感じるんですね。
おとおー様の心は完全に
あちら(闇)側に向いているので
何とかこちら(光)側へ来るよう試みるのですが
全く上手くいかないんですね。
完全にロックされているような状態なので。
心の中に信仰を置くということは
禍々しい存在から身を守るということだけでなく
自分の心が迷った時も正しい方向に導いてくれます。
例えば
損か得か?という即物的な判断ばかりに偏っている時
利他(りた)という思考に導いて下さります。
なので、私なんて年がら年中
矯正(導き)されっぱなしですよ。
神様仏様、いつもありがとうございます。


本日もご覧頂き感謝致します。
お越し下さってとても幸せですっ!

今宵はここまでにしとうございます。



イメージ 2


この記事に


いつもご覧頂きありがとうございます。
本日はちょっと長くなりますが
お付き合い下さい。(^_^)☆


上から目線の愛車と共に生きる
友人のSさんには
実はちっちゃなトラウマがあるんです。

何年か前、車を買い換えようとしていたので
気に入った車はあったの?
と聞いたんですね。

Sさんやめたの。車は買い替えない。

えっ?どうしたの?

Sさん別に。今の車で十分なの…
何ていうか…とっても痛感したのよぉ…

痛感したのよぉ・・・・って…
何かひどく怯えてない?

視線が定まらないSさんを見つめていたら

Sさんあの子(愛車)は私が面倒見なきゃダメなの!

そうだね。愛車に対する思いが強いもんね。

そんな感じで、車の買い替えは見送られたの。

それから暫くして
Sさんの奇妙な行動に気づいたのよ。

自動車販売店だと気づくと
急に早足になって、というより一気に通り過ぎるの。

気のせいかなぁ?と思って
わざと違う自動車販売店の前を通らせたら
やはり早歩き…というより

完璧に
猛ダッシュ!


自動車販売店を完全に避けているのよ。

何で猛ダッシュなの?Sさんに聞いたら

Sさん猛ダッシュしてた、私?
普通に歩いてなかった、私?
むしろちょっとゆっくりだったと思うけど…
時速2kmくらいで歩いてたんじゃないかな?
誰が何て言おうと猛ダッシュはしてません!
(人の歩く速さは平均で時速4㎞と言われています)

そう言って、頑なに認めない。

それにしたって
あなたの歳で時速2㎞は遅くない?
販売店の前で猛ダッシュして
陸上界の王者・ボルト選手並みの
実力を見せつけてくれたのにさぁ。
月に一回は家族に病院に運ばれている
隣家のおタネ婆さんだって時速2㎞は出してるよ。

言動が不審なSさんに聞いたのよ。
一体何があったのさぁ?

Sさん実は
自動車販売店の前を通ったらね
突然派手に転んだのよ。

偶然かと思ったら
その後も販売店の前で二回転んで・・・
だからあの子(愛車)の仕業かもって。
それで怖くて販売店に近づけなかったの…

車も買い替えないことにしたのね。

当時は、車に対して何も感じてなかったから
そんなの偶然だよって笑い飛ばしたのよねぇ。

イメージ 2

そして、ここからが前回の続きですよぉ。

Sさんが、再び怯えるような様子を見せたので
どないしましたのぉ?って聞いたの。

Sさんうん…ねぇ絶対笑わない?

笑わないよ。笑う話なわけ?

Sさん笑う話じゃないよ。
    むしろ笑えない!

でしょ?だから絶対に笑わないってば!

Sさん実はね・・・〇〇で〇〇なのよ・・・

えええっっっっ?

それ、笑える
んだけど。

Sさんまゆるりなんて友達じゃない!

違うって。バカにして笑ってるんじゃないの。
  あの愛車ならやりかねないなぁって…
  むしろ愛車らしい伝達のし方だなって思ってさ!

だって、愛車が
あなたの頭をキュッて
締め付けて来たんでしょ?
伝え方が乱暴すぎるよぉ!


Sさんがね、たまたま頂いた
新車のカタログを見ていたんです。
そしたら頭が締め付けられるように
痛くなったらしいんですね。
再びカタログを見たらまた頭痛がして…。
この時はまだ気づかなかったらしいのですが
翌日、何気にカタログを見たら
再び頭がキュッとして、頭痛が始まったというんです。

これってもしかして…?
あの子の恨みだぁ〜

完璧に忘れていた愛車の恨みが、恐怖が
再び蘇ったSさん。
絶命しそうなくらい恐怖で震えたのね。

ただの愛車の愛情表現なのにね。

新車のカタログなんて何で見てるの?
愛車は怒っている&悲しんでいるんですね。
だって自分の立場が危うくなりそうなわけでしょ?
スクラップにされそうなんでしょ?
あんなに尽くして来たのに、あなたに
あっさりと捨てられそうになっているわけでしょ。
不倫相手の女だって、捨てられたら夜叉になるわよ。

頭もグイグイ締め付けるわ。

あなたの冷酷さを見せつけられたからね!愛車は!

もう、車のカタログを見る勇気はない…
愛車の濃厚な愛情表現に、Sさん苦悩中…。

Sさんいつも大切にしてくれてありがとう。
とっても大好きだよ。
Sさんの為に頑張って安全に走るから
ずっとそばに置いてね。
                                      
BY 愛車



本日もご覧頂きありがとうございました。
愛車をお持ちの方がおられましたら
是非、愛車にお声をかけてあげて下さい。
いつもありがとうね。
この一言がお守りになりますからね。

今宵はここまでにしとうございます。



イメージ 1

 

この記事に

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事