サケ を守って

<見つけた記事>  一部抜粋
北海道を象徴する魚のひとつ、サケ。
しかし、近年、漁獲数が減少している。特に、釧路周辺の漁獲量がかつての半分以下に。

その原因は、海水温の低下。
北海道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場さけます資源部さけます研究グループの主査・卜部浩一さんによると、「大体サケは4月から5月頃に放流されて海に行きますが、その時のサケに適した水温としては8℃ぐらいが目安になります」と話す。しかし、最近の釧路沿岸地域では、4月の下旬頃、8℃を下回る水温になっている。そのため、稚魚が育たず、沿岸で死んでしまうものまで多くいるのだ。

そこで、対策として考えられているのが、汽水湖での稚魚の放流。汽水湖とは、海水と淡水が混じり合っている場所。もともと汽水湖は、あまり着目されず、サケの放流に適していないとされていた。しかし、北海道立総合研究機構などが、様々な調査をしたところ、サケが戻ってきやすいということが判明。また、汽水湖だと、放流する時期の4月下旬から8℃を上回り続け、さらに、エサも豊富にあるという。そのため、より多くのサケが生き残るだろうと考えられているのだ。しかも、北海道の東側には、汽水湖が数多くある。今後は、汽水湖が持つ特徴を効果的に活用した稚魚の放流システムを確立させることが期待されている。

海の異変によって減少している北海道名物のサケ。それを守るために、新たな取り組みが始まろうとしている。

<個人的意見>
サケは大好きな魚の一つ。汽水湖での放流という取り組みで守ってもらいたい。
 
*********************************************
[ 飼料・肥料 有限会社 冨士興業] 店長 清水正博
E-MAIL : http://feed-fjkg.com/
URL    : http://hiryou-gardening.ocnk.net/
**********************************************
 

この記事に

開く コメント(0)

ドジョウ の行く末

<見つけた記事>  一部抜粋
環境省は22日、絶滅の恐れのある野生生物の状況をまとめた「レッドリスト」を改訂した。
絶滅危惧種は、愛知県東部に生息するミカワサンショウウオなど44種が追加される
などして3675種となった。
また、ドジョウが将来的に絶滅危惧種になる可能性がある準絶滅危惧種とされた。
海の生きものも含めると、国内の絶滅危惧種は3731種類になった。
ドジョウは水田など生息範囲が縮小しているほか、外来種のカラドジョウとの競合が懸念されるため
準絶滅危惧種に分類された。
 
<個人的意見>
昔は、川でドジョウをよく見かけていたが最近はみかけなくなった。
九州でドジョウを養殖されているお客さんに養魚用飼料をご利用してもらってる。
 
*********************************************
[ 飼料・肥料 有限会社 冨士興業] 店長 清水正博
E-MAIL : http://feed-fjkg.com/
URL    : http://hiryou-gardening.ocnk.net/
**********************************************
 


  

この記事に

開く コメント(0)

ハモ の恵み

<見つけた記事>  一部抜粋
淡路島を代表する夏の味覚・ハモの本格的シーズンを前にした21日、
南あわじ市沼島で、ハモの恵みに感謝して豊漁を祈る恒例の「鱧(はも)供養祭」が行われた。
関係者らが寺で法要し、船上からハモを海に投げ入れるなどしてシーズン中の豊漁を願った。

淡路島漁業協同組合によると、ハモのはえ縄漁は6、7月に最盛期を迎え、
京都・祇園祭や大阪・天神祭など季節の食材として京阪神に提供される。
「ハモは梅雨の水を飲んでうまくなるというから、これからおいしくなる。」
 
<個人的意見>
防府市も天神ハモとして町おこしになっている。
ハモをさばくのは難しいが.、湯引きは絶品である。
 
*********************************************
[ 飼料・肥料 有限会社 冨士興業] 店長 清水正博
E-MAIL : http://feed-fjkg.com/
URL    : http://hiryou-gardening.ocnk.net/
**********************************************
 

この記事に

開く コメント(0)

<見つけた記事>  一部抜粋
森の腐葉土が生む栄養分で魚介類のエサになるプランクトンを増やし、
淀川でウナギをさらに繁殖させようと、大阪府高槻市の神峯山(かぶさん)寺で20日
「うなぎの森植樹祭」が行われた。

腐葉土の鉄分が川や海に流れ込むことでプランクトンが増え、
魚介類が豊かに育つという自然の摂理をアピールしている。

この日は、淀川水系の上流の山に広がる森で、
ヤマザクラやヤマツツジ、クヌギなど落葉広葉樹の苗木を植樹。
 
<個人的意見>
エサについては、メーカーも販売しているが
肝心のシラスウナギが取れないのが養殖業者さんの悩みだと思う。
 
*********************************************
[ 飼料・肥料 有限会社 冨士興業] 店長 清水正博
E-MAIL : http://feed-fjkg.com/
URL    : http://hiryou-gardening.ocnk.net/
**********************************************
 
 

この記事に

開く コメント(0)

幸運の白い スッポン

<見つけた記事>  一部抜粋
福岡県柳川市稲荷町の「やながわ有明海水族館」に白いスッポンが展示されている。
近くの農業用水路で捕獲し、水族館に提供した。
甲羅の大きさは長さ20センチ、幅15センチ。首は10センチほど伸びる。
水族館によると、瞳孔が黒いことから、突然変異によって色素が減少した白変種。
水面では目立つため、小さいうちに鳥やヘビなどに捕食されることが多く
この大きさまで成長するのはまれという。

たくましく生き抜いた幸運のスッポン。「恐れ多くて、まったく食べる気がしなかった」。
 
<個人的意見>
CMで放送してるようにスッポンはスタミナ食としてるがさすがに
白い幸運のスッポンは食べるわけにはいかないだろう。(笑)
スッポン養殖業者さんにウナギ用飼料を提案した事があったけど。
タンパクと練り餌としてもいい評価をいただいた
 
*********************************************
[ 飼料・肥料 有限会社 冨士興業] 店長 清水正博
E-MAIL : http://feed-fjkg.com/
URL    : http://hiryou-gardening.ocnk.net/
**********************************************
 
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事