ウナギ稚魚極度の不漁

<見つけた記事> 夏のウナギの値段が心配
 
絶滅の恐れがあるニホンウナギの稚魚シラスウナギが極度の不漁となっている。
水産庁によると、昨年12月の国内漁獲量は約0.2トンで、前年同月実績を
大幅に下回ったようだ。今後も不漁が続けば、2018年漁期(17年12月〜18年4月)は
過去最低の5.2トンだった13年漁期を下回る恐れがあり、養殖業者らは危機感を強めている
 
<個人的意見>
天然ウナギの漁獲量も期待できず、外国産のウナギの需要になるのかな?
国内産は益々高い値段になちゃうね。
 
飼料・肥料販売
有限会社 冨士興業 

この記事に

開く コメント(0)

<見つけた記事>
 
じっくりと、甘くなるまで待って収穫する甘熟みかんの出荷が山口県下関市で始まりました。
選果場には厳しい寒さに耐え、ようやく収穫されたミカンが次々と運び込まれました。
濃厚な甘みと滑らかな口当たりが人気の「下関越冬甘熟みかんひとめぼれ」です。
市内の農家14戸が生産しています。小ぶりの温州ミカンに袋をかけて寒さから守り
防水シートで与える水を減らして2か月ほど収穫を遅らせます。
じっくり育てるため糖度は12.5度以上と、普通のミカンよりも2、3度ほど高いということです。
県内や東京のデパートなどで2倍以上の価格で販売されます。
今月末までにおよそ10トンの出荷を見込んでいます。
 
<個人的.意見>
農家さんの手間暇かけてできた完熟みかん。
山口県の下関市からの出荷で山口のブランドのひとつになればいいね。
 
飼料・肥料販売
有限会社 冨士興業 

この記事に

開く コメント(0)

野菜高騰 ハクサイ2倍

<見つけた記事> 家計に大ダメージだね。
 
昨年秋の台風や長雨などの影響で野菜の価格が高騰している。
農林水産省が10日公表した野菜の価格動向調査によると
全国平均の小売価格はハクサイやレタスなどを中心に
平年に比べて2倍超に値上がりした。
鍋物シーズンで需要が高まる当面の間は高値が続く見通しで
家計を圧迫しそうだ。
 
<個人的意見>
気候はどうしようもないね。
農家の栽培意欲に期待したい。
弊社も肥料や資材等で農家さんのお役に立ちたいと思う。
 
飼料・肥料販売
有限会社 冨士興業 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

<見つけた記事> 受験生ガンバレ!
 
地元産の縁起物で受験を勝ち抜いてもらおうと、山口県美祢市の中学校に
勝ちグリが贈られました。子どもたちを地域の縁起物で応援しようと、
美祢市のクリ加工販売会社が3年前から続けています。
 
<個人的意見>
企業が受験生を応援すると言うコンセプトは社会貢献していて素晴らしいと思う。
センター試験は、天気が心配ですが、体調に気をつけて日頃の.実力を出してほしい。
 
因みにクリに使える肥料はなんだろう?
 
飼料・肥料販売
有限会社 冨士興業 

この記事に

開く コメント(0)

<見つけた記事>
 
 山口県宇部市常盤公園のペリカン島で、ハイイロペリカンのひな(性別不明)
が順調に育っている。現在、生後約1カ月で、親鳥の腹の下で寒さをしのぐ姿が
かわいいと評判になっている。
昨夏、2011年の高病原性鳥インフルエンザ以来初めて島で自然繁殖した
オデッサ(雄)とラブ(雌)のペアが、再び子育てに奮闘。約1カ月間の抱卵を経て
12月9日にひなが誕生した。ひなの姉に当たる昨夏生まれの子は「あい」と命名され
自分で餌が捕れるまでに成長している。
 
<個人的意見>
鳥インフルエンザでペリカンも影響を受けたけれど自然繁殖したペアが
子育てしていることはいい事だと思う。
 
飼料・肥料販売
有限会社 冨士興業 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事