サバ 養殖

<見つけた記事>  一部抜粋
京都までサバを運んだ「鯖街道」の起点だった小浜市が力を入れているサバの養殖で、
卵から人工的に育てた稚魚約1万匹が同市田烏の漁港沖のいけすに放流された。
親魚に与える餌などを改善した結果、孵化(ふか)率が大幅に向上。
関係者は「小浜産サバの安定供給に向けた課題が一つ解決できた」としている。

サバの養殖で同市と連携する県立大海洋生物資源学部のサバ復活支援チームは
採卵や稚魚を育てる技術などに取り組んでいる。
親魚のストレスを減らすため人工授精をやめて自然産卵のみを実施し、
親魚の餌にエビなどを加えるなど改善。5月28、29日に採卵した
卵の孵化率は20%と前年度の6%を大きく上回り、約1万匹の稚魚が生産できた。

県栽培漁業センター(同市堅海)で飼育し、約10センチまで成長した稚魚が漁港に運ばれ
ホースや容器でいけすに放流された。来年6月ごろまで育てられて出荷されるという。

 同学部の田原大輔准教授は「目標としてきた1万匹の稚魚が確保できた。
来年以降も課題である稚魚の安定供給に取り組みたい」と話した。

同市は平成28年度から県立大をはじめ、市漁協や県などと連携してサバ養殖に取り組んでいる。
今年度は漁港沖の9基のいけすで県内外から取り寄せた天然の稚魚と、
今回の“小浜産”計約2万匹を育てている。同市は今年度、8千匹の出荷を目指している。

<個人的意見>
サバも人気魚の1つだから養殖で増えることはいい事だと思う。

*********************************************
[ 飼料・肥料 有限会社 冨士興業] 店長 清水正博
E-MAIL : http://feed-fjkg.com/
URL    : http://hiryou-gardening.ocnk.net/
**********************************************

この記事に

開く コメント(0)

うな丼 4000円

<見つけた記事>  一部抜粋
7月20日は「土用の丑の日」

専門店だけでなく、スーパーやコンビニでも「うなぎ」を大々的に販売しているが、
水産資源としてのうなぎは危機に瀕している。
うなぎを名物にする静岡・三島の専門店では、うな丼の並を今年から4000円に値した。
10年前のほぼ倍の価格だが、利益はほとんどない。良心的な専門店ほど苦しむ現状とは――。

<個人的意見>
うな丼が4000円したら食べるだろうか?
自分はちょっと遠慮するだろう。
(養鰻業者には申し訳ないが…)

*********************************************
[ 飼料・肥料 有限会社 冨士興業] 店長 清水正博
E-MAIL : http://feed-fjkg.com/
URL    : http://hiryou-gardening.ocnk.net/
**********************************************

この記事に

開く コメント(0)

ウツボ のかば焼き

<見つけた記事>  一部抜粋
天草市牛深町ではウツボの蒲焼きが人気を集めています。
これが、注目度ウナギのぼりの「ウツボの蒲焼き」です。
「身はしっかりしています。厚めの皮とゼラチン質が弾力となって、
旨味が口の中に広がります」(ご当地カメラマン)

体長70センチのウツボから取れるのは2割ほどという骨のない身を使い、
皮のまだら模様が見えないよう工夫されています。

Q考案した理由は?「うつぼの料理の方法は多々あるんですけど
何か珍しい品物を考案しようと思ったところ、蒲焼で行けるんじゃないかと思って作りました。」

今は、土用の丑の日を前に、ウツボをさばく作業に朝から追われています。
天草でも特に牛深では滋養強壮の食材として、主に湯引きや唐揚げで食べられているウツボ
果たして、その蒲焼はウナギに取って代わるものとなるのでしょうか?
※熊本放送

<個人的意見>
海のギャングと言われるウツボでも美味しくいただけることにびっくり!

*********************************************
[ 飼料・肥料 有限会社 冨士興業] 店長 清水正博
E-MAIL : http://feed-fjkg.com/
URL    : http://hiryou-gardening.ocnk.net/
**********************************************

この記事に

開く コメント(0)

温泉トラフグ

<見つけた記事>  一部抜粋
海水の代わりにしょっぱい温泉水を使ってフグを養殖する
「温泉トラフグ」が、全国に広がっている。栃木県那珂川町で養殖が成功したことをきっかけに、
「ご当地トラフグ」が次々と生まれている形だ。

故郷の活性化につながる観光資源を考えるなか、海水にも似ている、
地元のしょっぱい温泉に目をつけたことがきっかけだった。
「塩化物泉で海の魚が養殖できないかと考え、タイ、ヒラメなどを試し、
単価の高いトラフグに落ち着いた」と語る。

<個人的意見>
地域活性化に観光資源を利用する発送は素晴らしい。
発想力が自分にも欲しいものだ。(笑)

*********************************************
[ 飼料・肥料 有限会社 冨士興業] 店長 清水正博
E-MAIL : http://feed-fjkg.com/
URL    : http://hiryou-gardening.ocnk.net/
**********************************************

 


 

この記事に

開く コメント(0)

今年の夏 ウナギ

<見つけた記事>  一部抜粋
土用の丑(うし)の日(20日)を控え、記録的な不漁が続く国産ウナギが食べられるのか、
と心配するのが消費者心理。でも、宮崎の養鰻(ようまん)漁業者に言わせると、
「実はウナギが売れずに余っている」らしい

産量全国3位の宮崎県内では、今年取れた稚魚が成長し、
皮が薄く身がふっくらとした半年物「新仔(しんこ)ウナギ」の出荷が6月末、全国に先駆けて始まった。
当初は「需要に対して出荷数が足りなくなる」と見込まれていた。
県水産政策課のまとめでは、今期(2017年12月11日〜18年3月25日)の
シラスウナギの漁獲量は99・4キロ。前期(16年11月24日〜17年3月8日)の
412キロに比べ、4分の1に減ったからだ。

でも、ふたを開けると、国産が売れずにだぶついているようだ。
養殖業者の一人は「前年の1割程度の出荷量にもかかわらず、買い手がつかずに
多くのウナギが余る異常事態だ」と話す。

県養鰻漁業協同組合は、稚魚の不漁によって値段が高騰した国内産の需要が
値段の安い外国産に移ったためだ、と分析している。
数年前から、老舗のかば焼き店を含む外食店の多くが、仕入れを外国産に切り替え始めていた。
今年になってその傾向がより顕著になり、輸入物が市場の9割近くを占めるようになったという。

<個人的意見>
この記事によせられたコメントとり需要と供給がくずれてるとか
高いから食べないという負の連鎖になっている気がする。
今年の食卓はどうなるだろうか?

*********************************************
[ 飼料・肥料 有限会社 冨士興業] 店長 清水正博
E-MAIL : http://feed-fjkg.com/
URL    : http://hiryou-gardening.ocnk.net/
**********************************************

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事