その他

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

 とうとう期待のお店がオープンしました。
 これまでに素人離れした数多くの焼き菓子やチーズタルトの
贈り物をいただいたKABUさんがとうとう焼き菓子屋をオープン。
 無法地帯のネット通販業界において、しっかりと
営業許可も取得した安心・安全・美味しい菓子屋さんです。


 その若きオーナーよりチーズケーキ試作の情報が入りました。
 まだ販売前ですが、チーズケーキファンの僕に
正式販売前に特別に送っていただけることになりました。
 しかしすでにプロのKABUさんに贈ってもらうなんて
僕が許しても、全国のKABU焼き菓子工房ファンがだまっちゃいない。
 そこで予定販売価格1900円のところ、販売前お試しお友達価格として
10%以上オフでお届けいただきました。ブログ万歳!

 届くのを待ちかねた一品がこちら

イメージ 1

 相変わらず綺麗なラッピングです。
 水色のKABUカードには材料やメッセージが書かれています。
 手書きで温かい手作り感たっぷり。

 待ちきれず早速開封。

イメージ 2

 おぉ美味しそう〜!!
 さらに待ちきれず早速食べます。

イメージ 3

    ぅぉおぉいすぃ〜〜〜〜!!

 通常のチーズケーキよりもチーズの香りがリッチで美味しいです。
 冷凍なので心配しましたが、周りのサブレ生地もサクサクで美味しい。
 美味しくて一気に3ピース食べてしまいました。お腹が・・・

 これは是非商品に加えるべきです。
 僕の一気食い反省からの要望は、カット後冷凍で1ピースずつ
取り出せるような商品もあれば個人でも買いやすいなぁ。
 KABUさんとっても美味しかったです。ありがとうございました。

 
 そしておまけに喜久水庵の喜久福を入れてくれてました。
イメージ 4

 これは大福の中に生クリームや抹茶クリームが入ってて、
とっても美味しい洋風大福でした。
イメージ 5

 餡だけだと重い感じがする所、軽く食べられて、これまた
食べすぎでしまいそうです(笑)
 割引してもらった上にお土産までほんと恐縮するばかりです。
 
 KABUさん本当にありがとう。
 でも次から他の商品を注文する時はお土産入れちゃ駄目ですよ。
 注文する度にKABUさんが損したら注文しづらくなってしまいますから(笑)

開く コメント(44)

 ご無沙汰しております。
 なかなか訪問コメントの時間も取れず申し訳ありません。
 忙しければ必要以上に時間に臆病になりますね。

 そんなわけで失礼にも先月頂いたプレゼントを紹介です。

 3度花の都東京から訪れたプレゼント。
 それは野菜嫌いの旦那さんとラブラブ生活を送る
むすび芽さんからの贈り物。

 むすび芽さんは野菜隠し料理に励みながらも、紅茶修行、
ジャズピアノ修行、テーブルコーディネート修行と
忍者並の修行をこなすスーパー若奥さんです。
 そして日々の修行の疲れはリラックマで癒す
花のじゃがり校生でもあります。
 そんな高嶺の花と知り合えるのもブログならでは。
 日常で出会ったらきっと路傍の石のように一瞥されるだけでしょう。

 今回届いたプレゼントはこちら
イメージ 1

 東京ラスク(ミルクショコラとラズベリーの詰め合わせ)
 ねんりん家のバームクーヘン
 じゃがりこフライドチキン味です。

 まずはじゃがりこフライドチキン味。
イメージ 2
 フライドチキン味はサークルKサンクスでの限定発売。
 北九州には無いことを書いたら、優しくも送ってくれたのです。
 新しい味をむすび芽さんより先に食べて悔しがらせることを
日々の喜びにしていた意地悪な僕にこんな優しさを・・・
 ぼく明日から優しくなるよカムパネルラ!

 フライドチキン味はかなりスパイシー。
 ビールのお供にとても良さそうです。
 新しい味ありがとう!

 続いてバームクーヘンとラスクの一気食い。
イメージ 3

 ラスクは相変わらずおいすぃ〜。
 ラズベリーやっぱりいいなぁ。期間限定じゃなくて
レギュラーでやって欲しいなぁ。
 そして初めてのミルクショコラもおいしぃ!
 チョコは味が濃くて苦手な場合が多いんだけど、
これはミルク多目でかなりツボです。
 これレギュラーなら東京出張の土産決定ですね。
 いいもの教えてくれてありがとうございました。

 そして有名なねんりん家のバームクーヘン。
 ゆず風味で和のテイストを取り入れているようです。
 でもゆずはそんなに前に出るわけでなく、甘さも
控えめで全体的に控えめな美味しさ。
 周りにコーティングされた砂糖で一口ごとに
甘さを調整しながら食べられるのが嬉しい。
 芯は強いが物腰柔らか控えめと、外国人が見た
日本女性の美しさ的なものを感じます(適当)。

 いやーこんなプレゼント貰っていいんですかねぇ・・・
 みんなにお返ししてないなぁと思いつつも日々が過ぎる。
 忙すれば鈍する
 ちょっと時間のマネジメントを真剣に考えなければ駄目ですね。
 
 むすび芽さん。
 こんな駄目男に優しい贈り物ありがとうございました。
 この恩は野菜隠し料理アイデアで返せるよう頑張ります(笑)
 

開く コメント(13)

 メリークリスマ〜ス!!

 いや〜今年もクリスマスが来ましたね〜。
 街はジングルベル一色です。

 ・・・すみません。全然更新できませんでした。
 女の子からのプレゼントを放置してしまう程・・・
 
 花の都東京から訪れたプレゼント。
 それはオサレ生活を送りながら、
最近はギックリ腰と戦っているむすび芽さんからの贈り物。

 むすび芽さんは野菜嫌いの旦那さんのために、
日々野菜を隠す陰謀を練りながら、紅茶修行、
ジャズピアノ修行、テーブルコーディネート修行と
数々の修行をこなすじゃがり校生です。
 忙しい日々の中、ためになる本もたくさん読んでいて、
時間の使い方の下手な僕としてはとても尊敬しています。

 そんな頑張りやさんからのクリスマスプレゼント!
 クリスマスなんてケーキ屋の陰謀だと思っていましたが、
このプレゼントでスクルージ並に考えを改めました。
 どうでもいいですがクリスマスキャロルと言えばどうしても
「ドアの釘のように死んでいた(as dead as a door-nail)」
を思い出します。テストにでも出たのかな?謎です。

 話が逸れましたが、今回のプレゼントがこちら。
イメージ 1

 紅茶教室のクリスマスティーと、ミッキー&ミニーのマシュマロ、
東京ラスク(ラズベリーチョコ味)です。
 素敵なクリスマスカードまで入ってて、新婚さんなのを忘れて
東京で職を探しそうになりました。危ない危ない(笑)

 早速(1週間以上放置してたけど・・)いただきます。
 お勧めのクリスマスティーはこんな感じ
イメージ 2
 むすび芽さんによると
「お茶はインドのニルギリ、トルコのリゼがベースで、りんご、ストロベリーなどのピール、
スパイスはシナモン、クローブ、ハーブにハイビスカスとローズヒップ、銀色のアラザンのトッピング」
 だそうです。
 開けたらメチャメチャ良い香りです。
 ベリー系の匂いと赤紫蘇っぽい匂いが混じった感じ。
 僕の知る範囲で一番似てる匂いはロッテの梅ガムかな?
 思わず茶葉をそのまま食べたらリンゴピールとかが美味しい!
 なんかこのまま食べれてしまいそうです。

 そこで、カップに直入れ作戦で茶葉まで食べることにしました。
 アラザンも綺麗だしね。
イメージ 3
 むすび芽さんからの頂き物なので、当然リラックマカップです(笑)
 本当は写真よりももっと赤い綺麗な色でしたよ。

 やっぱりいい香り。
 そしてお味は・・・
  美味しい!
 これ本当に美味しいです。
 リンゴの酸味と紅茶の少なめの苦味とハーブの香りが絶妙。
 トータルで言うとやっぱり赤紫蘇の印象に一番近い(入ってないけど)。
 直入れもリンゴやベリー、アラザンが良いアクセントになって良かったです。
 時々口に触る葉もありましたが・・・

 そしてまた東京ラスクがめっちゃ美味しい!
 甘いホワイトチョコにラズベリーの酸味。
 クリスマスティーに絶妙に合います。
 今度から東京出張の土産はこれにしよう!

 ミッキーのチョコマシュマロもミニーのイチゴマシュマロも美味しい!
 形は袋だけだったので、躊躇することなく食べられました(笑)

 いやーこんな幸せな夕べを過ごして良いのだろうか。一人セレブです。
 思わず一句詠みたくなりました。
 セレブしても独り
詠み人:フジ崎放哉

 ・・・おっといきなり淋しくなってしまった。
 クリスマスカロルでも読んで、生き方を考えよう・・・

 クリスマスの精霊むすび芽さん。
 素敵なクリスマスプレゼント本当にありがとうございました。

開く コメント(12)

 なかなか仕事が忙しくて訪問コメントできずすみません。
 
 そんなストレスの中また嬉しい贈り物が!
 それはお菓子作りプロ級のKABUさんさんからの第2弾。

 第1弾でKABUお菓子の虜になっているので、
うっとりと箱を開けます。

イメージ 1

 おぉ僕が好きなチーズケーキだ!
(後でチーズタルトと判明。しかし違いがわからない・・・)
 右上の缶はKABUさん一押しのガネッシュのカレー粉。
 このお店は紅茶とカレーが有名なようです。
イメージ 2 イメージ 3

 それと相変わらず売り物以上に丁寧に包装されたお菓子。
 石巻市の白鎌かまぼこ店の笹かまぼこと白鎌揚げです。

 こんなにいっぱい!
 もしかして今日誕生日だっただろうか?
 忙しくて辛い時でしたが、この贈り物で心一変。
 「辛」に一を足すだけで「幸」に変わるのを実感します。

 三度訪れた僥倖に心震わせながら、早速食べます。
 まずはやっぱりKABUケーキたち。
イメージ 4

 綺麗に焼けたチーズケーキと、マドレーヌのように
しっとりした焼き菓子(名前知りませんすみません・・・)

 まずはチーズケーキ。
おぉ〜いすぅいぃ〜!!
 カリカリした生地の中にしっとりとしたチーズ生地。
 普通のチーズケーキよりもチーズ味が濃厚で、
でもチーズの尖った味はなくてとっても美味しいです。
 こんなのが家で出てきたら仕事辞めて、
ケーキ屋さんか喫茶店を開くことを考えますね。
 
 そしてもう一つは・・・
 しっとりした生地です。これだけしっとりしてるのに
手で持っても崩れないって凄いですね。
 一口食べるとお酒の香りが口の中に広がります。
 その後柔らかな中からジュワっとバターの香りが。
 中に入ってないけどラムレーズンのような味と
ナッツ系の味を感じる大人の味って感じです。
 これどこで売ってるんですか?
 え?手作り?うそ〜っ!!って感じです。
 凄いなぁこんなの作れるって。

 KABUさんこんなに手のかかったプレゼントありがとうございました。

 そして早速白鎌さんのかまぼこ達も食べました。
イメージ 5

 まずは白鎌揚げ。
 九州のサツマ揚げとはちょっと違った食感。
 プリプリしてデザートのような滑らかさも感じます。
 野菜入りの方がプリプリ感が増してる感じがします。

 そして笹かまぼこは同じくプリプリ感がありますが、
表面の焼いた皮の硬さがいいアクセントになってます。
 おいしいっす!

 KABUさんこんなにいっぱい本当にありがとうございました!
 カレー粉はまた今度紹介させてもらいますね。

 オサレKABUさんのブログはこちら→http://blogs.yahoo.co.jp/ichipon08zahhayukapon30

開く コメント(10)

 地味に生きていても突然の僥倖が訪れることがあります。

 花の都東京から訪れた幸運。
 それはオサレ生活を日々送っているむすび芽さんからの贈り物。

 むすび芽さんは料理上手で勉強家、読書家、努力家の三家制覇。
紅茶道にも造詣が深い、素敵オサレな新婚奥さんです。

 「奥さん」という事以外に文句の付けようがありません(笑)

 あれ?これがデジャブ?

 で、今回届いたものがこちら。
イメージ 1

 ブログではギリシャ旅行記進行中なので、バルバドスさんと同じ
ピスタチオだと踏んでいたのですが、イタリア土産でした。
 むすび芽さんは旦那さんの野菜嫌いを直すのに奮闘中。
 菜食主義の旦那さんが不満なバルバドスさんと真逆ですね(笑)
 しみじみと色んな人がいて面白いですねぇ。
 
 しかしオサレなファルファッレですね〜。
 日本ではあまり見ない色もありますね。

 ん?もう一つは何だろう?

イメージ 2

 ポルチーニ茸とサフランのリゾット?
 おぉなんか高級そう。
 しかしこの上のマークどこかで・・・

 あ!思い出した! 
 東北にあったコンビニHOT SPARのマークだ!
 関係あるのか、単にパクったのかは不明だけどそっくり。
 その後調べてみると・・・なるほど!

 裏面には作り方が書いてあります。
イメージ 3

 ふむふむ。な〜るほど。
 早速作ろっかな(ホントに理解したのか?)
 中身は生米と粉末。
 これってインスタントじゃなくない?
 生米って本格的〜!

 とりあえず500mlの水を加えて加熱。
 沸騰するまでずっと混ぜて、沸騰したら弱火。
 あとは時々混ぜながら15分で出来上がり。
 イタリア人の友達バードに言葉を習ってて良かった。

 で、ファルファッレの方はどうしよう・・・
 そういえば鮭のフレークを貰ってたから、
サーモンクリームソースのパスタにしよう!

サーモンクリームソース

イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6
 〆猯舛蓮∈フレーク、タマネギ、バター、牛乳(写真左)
 ∈フレークに牛乳を加えすり鉢で擦る(写真中)
 バターをひいてスライスしたタマネギを炒める(写真右)
 鮭フレークはすり鉢ですらなくても良かったかも・・・

イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
 ぅ織泪優に小麦粉を加えて均一になるまで混ぜる(写真左)
 セい辰榛フレークを加え混ぜる。丁度良い感じになるまで牛乳を加える(写真中)
 Ω學イ婆を整えて完成(写真右)
 鮭の塩分があるので、塩は全く加えず丁度良かったです。

 あとはファルファッレを茹でてこのソースの上に載せて完成です。

 では完成写真を
イメージ 10

 まずはリゾット・・・
 おぉ日本の米とは違う長粒種です。
 ポルチーニ茸の香りが凄い。
 ちょっとアジアンチックな味もします。
 お〜いし〜!
 芯が残ったリゾットはあまり好きじゃなかったんですが、
このお米なら芯が残っても美味しい。米の種類が違うせいか
単なる生米じゃないのかどっちだろ?
 なるほどパスタの一種というのがわかった気がします。
 これなら野菜としてサラダに使うのもわかりますね。

 ファルファッレもモチモチして美味しい。
 見た目が可愛いので食べてて美味し楽しいです。
 サーモンクリームソースの濃厚さも正解でしたね。
 ・・・えぇわかってますよ。せっかくピンクのソースを
作ったのに同系色の皿に盛った失敗は・・・
 でもいいんです。今回の主役はパスタ!むすびパスタなのです。

 いや〜ボーノ、ボーノ。
  Io sono delizioso!

 むすび芽さん。素敵な新婚旅行土産ありがとうございました!
 そして、結婚1周年、新婚旅行、お誕生日おめでとうございます!
 これからもよろしくお願いします(まだタカる気か?)

開く コメント(8)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事