ここから本文です
九州自然紀行[Nature of Kyushu].
ご訪問有難うございます。

書庫全体表示

記事検索
検索

全130ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

菊池渓谷 

 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 6
 
 
今年も数多くの渓谷、清流、滝を撮影しました。
 
その中で最も撮影者を惹き付ける魅力を持つ菊池渓谷だと思います。
 
大きな特徴はありませんが、色々なパターンの撮影が楽しめます。
 
今年の撮影は菊池渓谷で始まり、菊池渓谷で終わるのかもしれません。
 
 

菊池渓谷 

 
さながら晩秋のような菊池渓谷。まあそれなりに綺麗ではあります。
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
大文字草が咲いていました。これを見て思い出した景色があります。
 
かなり昔の事ですが、宮崎の諸塚村で林の中一面に咲く大文字草の群落を見ました。
 
初めて見る景色に強烈に印象に残っています。あの群落は今どうなっているのか?
 
人知れず咲いているのか、消えてしまったのか気になります。
 
六峰街道の日諸峠辺りだったような、でも遠いぞー。
 
 
 
 
台風接近のさなか、菊池渓谷へ向かいました。
 
渓谷は多くの木々が葉を落としており水の少なさと相まって、さながら晩秋の雰囲気が漂っていました。
 
今夏の天候不順の影響か紅葉は期待出来なさそうです。
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 4
 
 
二か月振りの菊池渓谷でしたが、夏に比べて水量がかなり減っていました。
 
本来菊池渓谷の紅葉の見ごろは十一月ですが、既にこの状況ですから今年の紅葉は残念な結果になりそうな予感がします。
 
 
 
 
 
 

高千穂 美しき山里

 
 
 
イメージ 1
 
五ヶ所高原から祖母山観望。秋らしく空気が澄んでいました。
 
イメージ 2
岩戸から尾平へ向かう途中の風景。美しい山里。
 
イメージ 3
 
尾平方面。
 
イメージ 4
 
山道を延々と登って来ました。峠まで更に登ります。
 
 
イメージ 5
 
峠のススキ野原。トンネルを抜ければ大分。川上渓谷に降ります。
 

高千穂 常光寺の滝

 
高千穂から尾平越えしようと県道を走っている時案内板を見つけ立ち寄りました。
 
案内板によれば「常光寺の住職がこの滝の水を飲み長寿だった」のでこの名前がついたらしい。
 
見過ごしたのか、常光寺が何処にあるのか分かりませんでした。
 
イメージ 1
 
水源は祖母山ですから、間違いない清流の滝です。
 
イメージ 2
 
二段の滝。水量が多ければもっと美しいでしょう。
 
イメージ 3
白糸の滝系です。音もなく岩を伝わるように落ちていきます。やはり水量が残念。
 
イメージ 4
 
清流の滝は見ていて気持ちがいいですね。
 
イメージ 5
紅葉の名所らしいのであとひと月後ぐらいが見頃でしょう。また来ます。
 
 
高千穂界隈は素晴らしい景色の連続です。
 
道すがら見る山々、清流、棚田の美しさ。何度来ても飽きません。
 

全130ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事