ここから本文です
九州自然紀行[Nature of Kyushu].
ご訪問有難うございます。

書庫全体表示

記事検索
検索

初阿蘇

 
遅れましたが、
「明けましておめでとうございます」
 
元日から寒波襲来で寒いのが苦手な私は初詣と買い物以外は外出せずの日々。
寒さも一段落ということでのそのそと阿蘇へ。
 
 
 
イメージ 1
 
雪は殆ど溶けてました。
 
イメージ 2
 
清々しい天気。
 
イメージ 3
 
くじゅう遠望。
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
阿蘇へ向かおうとR3から菊池方面へ入ったところ凄い霧が。見上げると青空が見えたので「不動岩」へ。
      「不動岩」から菊池平野の眺め。
 
イメージ 7
 
 
菊池平野全体を覆う朝霧。
早起きすれば阿蘇は雲海が見れたかもしれませんねー
 
 
「不動岩」
岩の形状から、この地で昔「リンガ信仰」がおこなわれていたと思われます。
 
イメージ 8
 
 
今年の初撮影はやはり「阿蘇」です。
この後冬景色の菊池渓谷へ。
雪景色は見れたのか・・・。
(寒いのは嫌いだが雪は見たい・・・)
 
 
 
 

阿蘇 夜明けの噴煙

 
阿蘇 噴煙の向こうに朝日が昇ります。寒い朝でした。
 
イメージ 1
 
噴火が起こって初の日曜日。治まりつつあるものの日の出を遮るように風に流される噴煙。
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
雲海は無かったものの幻想的な朝霧に覆われた阿蘇の市内。
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
大観峰からくじゅう、瀬の本高原を望む。
 
 
イメージ 13
 
火山の噴火や地震は日本列島が生きている証でもあります。暮らす人間は大変ですがそれでも自然に感謝です。
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
風下の吹き溜まりの火山灰を行き交う車が巻き上げて走ります。
 
束の間の快晴でした。この後天候が急変し雨降りに。紅葉も火山灰も流されたでしょう。
 
一雨ごとに寒さが増します。もう12月。
 
今週の九州は真冬並みの寒さになりそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

紅葉 南阿蘇

 
南阿蘇長陽村「ちょうようおおはし」から紅葉を楽しむ。
 
イメージ 1
 
国立公園内ですから周囲は原生林で巨木が多い印象です。
 
イメージ 2
 
道路が一部通行止めで川の側へ行けず、「渓流と紅葉」が撮れなくガッカリ・・・
 
イメージ 3
 
それでも鮮やかな色彩の紅葉が撮れました。まさしく「錦秋」です。
 
 
イメージ 5
 
南阿蘇鉄道の鉄橋が架かります。列車は速度を落として通過します。
 
イメージ 6
 
列車の時刻を調べて行けば、紅葉の渓谷を渡る列車の写真が撮れるのですが。
 
イメージ 4
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
イメージ 11
 
阿蘇の紅葉は明日の雨が「もみじ散らし」となり終焉を迎えるでしょう。
 
さて、明日の予定ですが午前中は天気が持ちそうなので日の出を撮りに阿蘇へ
 
天気次第ですが周辺の紅葉と滝を撮りたいなと思っています。
 
 
 
 
 
 

紅葉 南阿蘇

 
 
イメージ 1
 
南阿蘇 高森峠
 
イメージ 2
 
秋は紅葉、春は桜の名所。
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
高森 奥阿蘇大橋より根子岳観望
 
 
イメージ 5
長陽村の名所大橋から見る紅葉。
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
南阿蘇の滝を撮りに寄ったのですが場所が分からず探しているうちこの場所を通りかかり、結果オーライでした。
 
南阿蘇はいつも通過するだけですが全国有数の湧水の多さ、美しい自然と農村の風景など素晴らしい被写体の宝庫です。
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
天気にも恵まれて紅葉が映えます。
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
橋の上から見ると、滝を避けてボートが数珠つなぎになっています。
 
 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
 
天気も良く暖かな一日でした。
 
残念だったのは、気温が高めで朝霧が出なかったため光芒が見れなかった。
イメージ 10
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
高千穂では今の時期、神楽が舞われています。夜神楽が有名です。
 
一度は見てみたいと思います。
 
しかし凄い人出で疲れて南阿蘇で紅葉を撮って帰宅したのでした。
 
 
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事