ここから本文です
九州自然紀行[Nature of Kyushu].
ご訪問有難うございます。

書庫全体表示

記事検索
検索
 
高千穂峡は一年で最も美しい季節を迎えていました。
 
 
イメージ 1
 
午前11時頃。峡谷に陽が差し込む時を待ちます。
 
イメージ 2
 
高千穂峡ならではの光景。
 
イメージ 3
ボートはテーマパーク並みの3時間待ち!
 
 
陽光に輝くエメラルドグリーンの水面。幻想的です。
 
イメージ 5
 
陽光のスポットにボートが入る瞬間を待ちます。
 
イメージ 4
 
 
PCが不調で画像が貼れないので続きはあした。
 
幻想的な光景に観光客の歓声が上がったのはこの後12時頃でした。
 
 
 

晩秋の阿蘇 雲海

 
昨日に続き今日も雲海が発生しました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
 
イメージ 12
天気予報を見て集まったのか、たくさんのギャラリーでした。
 
この後高千穂へ行きましたが、テーマパークかと思うほどの人・人・人。
 
イメージ 13
高千穂峡の湯歩道に数百メートルの行列・・・
 
 

晩秋の阿蘇

 
阿蘇は「世界農業遺産」です。知ってました?
 
イメージ 1
 
阿蘇 小国町満願寺
 
イメージ 2
今では見なくなった農村の風景。
 
イメージ 4
満願寺温泉 大雨で水没?川の中の露天風呂。道路から丸見え・・・見ろ!と言わんばかりのような露天風呂。自信のある方はどうぞ。
 
 
イメージ 7
高野山真言宗「満願寺」北条時定氏建立。由緒あるお寺です。
 
イメージ 8
かなり寂れてしまった印象でした。
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 10
 
南阿蘇長陽村
 
イメージ 3
やっと見つけた阿蘇の風物詩「わらこずみ」 
 
以前はあちこちで見たものですが、殆ど見なくなりました。「世界農業遺産」なら残して欲しいと思います。
 
 
イメージ 5
 
農村は日本人の心の原風景です。滝の写真ばかり撮っていますが、実はこんな風景も撮りたいのです。
 
イメージ 6
 
 
さて、明日日曜は絶好の行楽日和になりそうです。
 
今朝は早朝阿蘇に雲海が発生していました。明日も期待出来そうです。
 
明日の予定は、阿蘇で日の出を撮影後高千穂へ向かいます。
 
今年最後の遠出かなー。阿蘇は近場ですが。
 
 

紅葉 五ヶ瀬

五ヶ瀬 白滝
 
イメージ 1
 
十月下旬に比べてかなり水量が減っています。紅葉も終わりがけでした。
 
イメージ 2
 
 
深山でよく見かける桂の木。森の精霊が宿っていそうです。
イメージ 3
 
原生林の中は仙人がいそうな雰囲気。
 
イメージ 4
 
白滝下流の滝。
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
五ヶ瀬、霧立越の起点向坂山周辺の紅葉。
 
イメージ 7
 
午後から曇ってしまいせっかくの紅葉が映えない写真になってしまいました。
 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
日差しがあれば美しい紅葉が見れたのですが・・・自然は思い通りにはなりません
 
イメージ 10
 
以前登山をしていた頃、霧立越を一泊二日で縦走した事があります。
 
新緑の時期でしたが素晴らしい景色でした。
 
イメージ 11
 
栴檀轟の滝
 
イメージ 12
 
 
イメージ 13
 
九州の紅葉も平地に下りてきました。
 
月末辺りは高千穂も見頃でしょう。
 
 
エラー連発するので画像の枚数を減らしましたが・・・容量増やした意味なし!
 
 

椎葉、五ヶ瀬

 
日曜早朝阿蘇で日の出を撮る予定が曇りで何も撮らず蘇陽狭へ移動。
 
イメージ 1
 
霞んで残念ながら眺望が悪くガッカリ・・・
 
イメージ 2
 
気を取り直して秘境「椎葉」へ。
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
椎葉の国道沿いは紅葉が少ないようです。五ヶ瀬は綺麗でしたが。
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
中央山地は清流揃いです。
 
イメージ 9
 
国指定天然記念物「大久保のひのき」樹齢600年。
 
イメージ 10
 
600年も経つと何の木か分からないような樹形。精霊の宿る御神木です。
 
 
イメージ 11
 
 
イメージ 12
 
 
イメージ 13
 
鈴なりの柿の実。秋らしい画像です。
 
イメージ 14
 
熟した柿のシャーベットを暖かい部屋で食べる。美味い!!
イメージ 15
 
こんな風情のある農村の風景も少なくなりました。五ヶ瀬へ続く。
 
思いがけないほどの期待外れで五ヶ瀬へ戻りました。リサーチ不足でしたね。
 
 
 
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事