ここから本文です
九州自然紀行[Nature of Kyushu].
ご訪問有難うございます。

書庫日本アルプス、上高地

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

桜、新緑、北アルプス


名古屋から松本へ向かいます。

九州では絶対見れない車窓の景色に釘付けです。

イメージ 12
ビューポイント。素晴らしい景色!雪山に桜、新緑。この日一番の景色でした。


イメージ 7


駒ヶ岳SA
イメージ 13



イメージ 1

景色にマッチした洋風ファミリーマート。

イメージ 2

たち去り難い美しさ。


イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5

信州最高!!天候も良く今がベストシーズンでしょうか。

イメージ 14




イメージ 6

今度は仕事ではなく撮影旅行に来たいですね。

イメージ 8

名古屋から松本まで瞬きする間も惜しいような景色の連続でした。

イメージ 9

松本に到着。上高地行きたいなー。

二十年ぶりの松本。前回は穂高へ紅葉観賞登山でした。

イメージ 10
遅い昼食。初めて食べる信州蕎麦。

鴨せいろ。不揃いの麺の太さに手打ち感が出ています。美味!!

今年の夏は上高地か!?

イメージ 11


深谷を目指し松本を6時頃出発。九州より日暮れが30分ほど早い。

姨捨SAから長野市内の夜景を眺める。





コントラスト

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

涸沢から下山途中の光景です。

光と影のコントラストがとても綺麗でした。油絵を見るようです。

上空を雲が流れて行きます。それにあわせて光線の当る場所もどんどん移動して行きます。

手間取っているとあっという間にシャッターチャンスを逃がします。

自然は気まぐれです。

風景との出会いも「一期一会」と言います。

あの時の景色を見たいと思っても同じ景色を見ることは出来ないのです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

登る前日雪が降りナナカマドの実が凍っていました。

奥穂に登る予定を断念、涸沢カールのザイティングラードで引き返し涸沢ヒュッテに宿泊。

凍った実は食べられそうですね。

ナナカマドの燃えるような紅葉と白い雪のコントラストが凄く印象的でした。

イメージ 1

イメージ 2

   梅雨も明けたので新企画!!涼しい風景を日替わり??でお届けします!!

   ネタも無いのに大丈夫かぁ〜。>д<”

大正池

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

テレビで上高地を放送していたので、大正池をUPしてみました。写真は秋の大正池です。

大正池、梓川テレビで見るように水が澄み切って何時まで見ても飽きません。テレビに映っていなかった

明神池なども神秘的で立ち寄りたい場所です。

九州に住んでいて北アルプス、上高地を取り上げるのはそれだけ素晴しいからです。

行かれたことのない方は是非一度、昔行ったという方は是非もう一度思い出作りには最高の地だと思います。

私はお盆休みに行きましたが、観光客と登山客で大変な人出でした。

開くトラックバック(1)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事