全体表示

[ リスト ]

駅から北高までの道のりは、2011年夏から6年半ぶりの訪問となりました。
前回訪問は初めての本格的聖地巡礼だったということで、撮り忘れ・アングル不一致が多かったので、基本的に全部撮り直してきました。

それではどうぞ。

夙川短大前のバス停だった場所です。
イメージ 1イメージ 17
もうすでにバス停名は変えられていました。

イメージ 18
越木岩神社北のバス停と名前を変えています。

イメージ 2イメージ 16
夙川短大前です。
夙川短大の建物はすでに取り壊されており、看板も外されていました。

イメージ 3イメージ 21
夙川にかかる橋です。

イメージ 4イメージ 23
甲陽学院高等学校前の橋です。
「角石橋」といいます。
柵も変えられていますね。

イメージ 22
実は、先ほどの比較写真ですが、反対側のこちらから撮るのが正解です。
ただ、今は撮影ができないようになってしまっていました。

イメージ 5イメージ 32
キョンが、悩みつつ北高前の坂を下りてきたところのカットです。
白黒だから良く場所が分からなかったですね。
こちらの比較写真は撮影してある紹介記事を見たことが無いですね。

イメージ 6イメージ 33
カーブミラーに映った風景です。
6年半たった後に撮りに行ったので、もうカーブミラーのへこみが無くなっていたり、最悪カーブミラーもなくなってしまっているかもしれないと思っていましたので、嬉しかったです。

イメージ 7イメージ 27
ここを右に曲がっていくと、通学路になります。
この時に左側にはまだ家は無かったようですね。

イメージ 36イメージ 34
左が6年半前に撮影した写真で、右側が今回撮影してきた写真です。
一方通行の看板の移設が行われています。

イメージ 35
移設前の看板が刺さっていた場所はモルタルで埋められていました。

イメージ 8イメージ 30
キョンが思いにふけりつつ、やってきた景色がよく見える高台です。
当時はまだ家が建っていませんでしたが、今はもう建っており周りと同じく高級住宅街の一角となっています。

イメージ 9イメージ 28
家が建って、しっかりネットが見えなかったので、真下に来てみたんですが、
こちらも木でよく見えませんでしたw

イメージ 10イメージ 31
電信棒の部分には、家が建っています。
また、道幅的にも相当な広角レンズがあっても映画のようには撮れないんじゃないかなと思います。

イメージ 11イメージ 29
背景で気になったのは、海の向こうの山がはっきり描かれているところですね。
相当見通しのの良い時じゃないと、ここまで見渡せないと思います。

イメージ 12イメージ 20
キョンと長門が一緒に帰っているシーンですね。
本編1話等で出てきた銀水橋です。

イメージ 13イメージ 19
柵がもう変わっています。

イメージ 14イメージ 26
木の枝が選定されて、右方向の枝が無くなっていました。
ただ、当時の木はまだ残っていますので、変わらず聖地巡礼ができます。

イメージ 15イメージ 24
映画の最初の時に登校時にキョンたちが歩いていた橋、「角石橋」です。
角石橋を渡った場所には家が建っていました。
雰囲気が変わっていて、びっくりしました。

イメージ 37イメージ 25
端の手すりは変わっていましたが、学校の案内看板は変わらず存在していました。

今回の記事はこれで以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事