全体表示

[ リスト ]

今回紹介するのは、貴樹が中学生の時に利用していた駅のカットです。
豪徳寺駅は小田急の駅です。
もちろん、岩舟駅に行く時の出発の駅はここ、豪徳寺駅です。
もう一つは、アニメ内で経堂駅して出てきた駅です。
読みにくい駅看板を読むと経堂と書いてあります。

前回の聖地巡礼記事からも約2年半も経ってしまいました。
自分での聖地巡礼も、初めて岩舟駅を訪れてから、足かけ4年となっています。
公開からもすでに11年以上が経っており、ロケハン時とも変わってしまっている場所もあります。
舞台設定も1995年ですし。
そういう点も当記事で楽しんでいただけると良いかと思います。

登場順に紹介します。
 
それではどうぞ。
イメージ 1イメージ 11
豪徳寺駅の南側の駅前です。
ここで出て来ているコンビニは、今も変わらずファミリーマートでした。
この後に出てくる本屋は、この写真の右側、白いひさしのあるお店になります。

イメージ 2イメージ 6
貴樹は、明里の待つ岩舟駅に向かうために、ここの田中堂書店がモデルの本屋で時刻表を購入しました。
イメージ 3イメージ 7
岩舟駅への出発時に出てきた豪徳寺駅。
アニメでは雪がちらついています。
街灯が新しくつけられたがために、時計の位置がずらされていました。

イメージ 4イメージ 8
豪徳寺駅の改札です。
改札機と上の電光掲示板は新しいものに替えられていましたが、全体的にはそのまま残っていました。

イメージ 5イメージ 9
イメージ 10
豪徳寺駅のホームです。変わっていないです。

次は作品内で経堂駅として出てきた駅について紹介します。
劇中では、ホームを走っている車内から貴樹が明里?を見たホームとして登場しました。
イメージ 12イメージ 14
比較してみると、特徴はよく似ています。
と通常ここで終わるところですが、実は比較のこの駅は経堂駅ではなく、豪徳寺駅のホームです。

イメージ 12イメージ 13
経堂駅のホームはこんな感じ。
全然似ていませんでした。
このことからこのシーンは、貴樹が実際に見た景色ではなく、貴樹が今までに見た記憶の中で風景が混ざり、見ていないものを見たような気がしてしまったのではないかと思いました。

今回の記事はこれで以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事