ここから本文です
ちゅらちゅら日記♪
好きなモノ:沖縄・パン・猫・車…とりあえず何でもブログっちゃいますっ!

書庫全体表示

記事検索
検索

全522ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 
淡路に行った日。
この日の最後の目的はパイオニア工場のイルミネーション。
 
急いで車に戻り、高速を使って南淡路へ再度移動。
 
目的地はパイオニア。
 
ここのイルミネーションをネットで見つけて、見てみたかったのです!
一気にどぞ。
 
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

どうどう?
カラフルできれいでしょう?
工場一帯だけなので広くはないのですけど
本当にカラフルでキレイ、しかも雰囲気のあるメロディが流れてます。
さすがパイオニア(笑)。
 
churaたちが到着した時は、他の人はいなかったけど、
どんどん人が増えてきました。
 
こちら、京都でいうと「ローム」的な存在なのかな。。。
 
もう、めちゃくちゃ満足!
すごく いい1日でした。
 

■学科試験■

 
********************************
二種免許取得の記録
(今後の自分のための記録)
********************************
 
1115日。
無事、教習所の卒検に合格して卒業したけど。
両手をあげて喜んでられないのが免許なんですね。。。
運転免許試験場で学科試験を受けないといけません。
 
卒業をしたけれど、本モギ(模擬試験)を受けてもいいよ、と言われていたので
本モギ3回目を受けに、教習所へ。
 
93点という、何とも微妙な点数で運が悪けりゃ落ちてますよ、的な点数。
それでも、会社の有給を取ってるので11月18日、早起きして行ってきました。
(普段4時に寝てる人間が、6時に起きるのはツラかった〜〜〜)
 
いざ、試験が始まると「はじめまして」的な問題がわんさか。
寒くもないのにガタガタ震えてくるし
これはやばいんじゃないの〜?と思いながら問題を時進めること10分。
20問目まで来たところでお腹が痛くなってきた。。。
 
とりあえず、問題に集中して腹痛を忘れる努力()
いつもは余裕ある50分間も、この日は余裕もなく終了。
 
合格発表まで15分ほど待つのやけど、この時間の長いこと長いこと。
じらされて表示された電光掲示板には「合格者はいません」の黄色い文字。

…まじか。
 
と、よく見ると、「合格者はいません」は大型二種の方で
その右側に、自分の受験番号「023」が点灯してました!
イメージ 1

 
これで、二種のお勉強から解放されたと思うと、何とも言えない安堵感。
 
免許証の交付までお昼休憩になるのですが、お昼ごはんがうまかった!!
 
無事、「普二」という表示が増えた免許証を受領し、そのまま教習所へ。
もらいたてホヤホヤの免許証を、
一種の時からずっと面倒見てくれて、検定の時に手を振ってくれたS先生や
鋭角コースの木が伐採されたことにひどく同情してくれたイケメンのM先生、
沖縄の話で盛り上がったO先生、
学科の問題をchuraがわかるように噛み砕いて説明してくれたO先生、
やさしい口調のY先生…
担当してくださった先生方へ見せびらかし()
 
イメージ 2

でも、この日。
元気をいっぱいくれたH先生(先輩先生)はお休み。
免許証を見てもらうことができず、ちょっぴり残念な気持ちで
churaの教習所生活が終わりました〜。
 
もう、一か月たったんですね。
 

12月5日の話。
淡路島の北部にある「淡路夢舞台」へ。
目的は「奇跡の星の植物園」。
ここの、イルミネーション(というのかライトアップというのか)を見てみたくて。
この温室の閉館が18時、時間的に結構厳しかったけど間に合いました!
 
…実は、ここにも前々回お邪魔してます
到着が18時過ぎてたのと嵐のような天気だったことで撃沈でした(笑)
 
では♡
 温室の中の写真をいくつかご紹介。
ほんの一部です。
 
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


で、パンフレットと同じアングルに挑戦。

こちらがパンフレット
イメージ 11

こちらが撮った写真…ちょっと遠かったかな!?
イメージ 8

2階からの方が、個人的には好き。
イメージ 9

すごいでしょ〜〜〜。
 
やってみたかったショット。
この大きな手は、まぁくんの(笑)
イメージ 10

人も少なくて、満足な写真が撮れてほんとに感激☆
 
なんとっても、温室なので温かい〜。
 
とっても満足。
 
こちら、温室の外もきれいな植物がたくさんあるので
次回はもうちょっと早い時間にお邪魔して植物も堪能したいと思います!
 

 
********************************
二種免許取得の記録
(今後の自分のための記録)
********************************
 
検定終了覚悟で、先生が言うとおり縁石乗り上げて鋭角コース進入。
ガタンッ 

あ〜あ(TwTⅢ)
「あの…」と言い出したchura
「鋭角コースは車体がコース内に全部入ってからが採点開始。
今のはノーカウントやし大丈夫」と。
 
マジか〜。
めっちゃびっくりしたわ。
2回目も終わったと思ったし!!!
 
てことで、深呼吸を5回ぐらいしてから、鋭角続行。
H先生(先輩先生)の助言を思い出して、何とかきれいに通過できました。
 
いよいよ路上です。
たった6kmのコースがすごく長く感じました。
道中、何回深呼吸して何回手汗を拭いたかわからんぐらい。
 
途中、細〜い細〜い住宅街を通るコース。
この道、バスも通ったりするし電柱も飛び出てたりするので、普段から避けてる道。
地元民やから、この道の怖さを知ってるだけに、超緊張。
 
案の定、検定車の真ん前を自転車が我が物顔で走る。。。
抜かすに抜かせないし(無理やり抜かすと危険運転となり減点対象)
時速3キロぐらいで追走(笑)。
 
最後には「止まれ」の標識が3連発で出てくるので、しっかり停止して、
無事教習所に戻ってきました〜。
 
ふぅ〜。
 
最後、教習所内の指定位置で左に寄せて停車。
ハンドブレーキ引いてパーキングに入れてハザード付けて。
座席の位置を戻して下車。
 
あら?降りれない!?
あ。。。シートベルト外さずに折りようとしてましたがな。
イメージ 1

ベルト外して下車。
 
ここまでが採点対象。
 
助手席側へ回って合格発表。
churaさん、合格です」
 
「ありがとうございます!」
 
「でもね、これ、最後寄りすぎよ。ギリギリすぎるわ〜。
 あと1cm左寄ってたら縁石乗り上げで検定中止になるところ」
と先生。
「最後のシートベルトは、まぁまぁまぁ(笑)」
だって。
 
最後、気が抜けたのかもしれないけど、受かればこっちのモン♪
無事、卒業証書いただきました!
 
これで、教習車に乗ることがなくなるのかと思うとちょっとさみしかったり。
 
二種の教習でお世話になった先生たちに、合格したことを報告しまくり(笑)
まずは「ホッ」としたのやけど、まだ免許証はいただけません。
 
…恐ろしい、学科の試験が待ってますの。
 
 

■2回目の卒業検定■

 
********************************
二種免許取得の記録
(今後の自分のための記録)
********************************
 
H先生(先輩先生)の厚い助言を受けて、いざ、2回目の卒検へ。
2回目でもやっぱり緊張する〜。
この日はchuraを含めて5人受験です。
 
検定員は穏やかなY先生。
でも、この日はなんだか厳しいお顔…。
余計緊張するわ。><
 
方向変換はグダグダな状態なので
前回と同じ縦列駐車のコースでありますように(>人<*)ォ願ぃ…!!!
 
目の前に置かれた地図を見ると。
おお!
「左進入鋭角と縦列駐車!」これはラッキー♪
…っと、ここで油断して前回やらかしてるので気を引き締めて検定の開始です。
 
最初の縦列は、2階にあるコースなので坂道を登るんやけど
その坂道のふもとで
一種を取る時に最初から最後まで面倒を見てくれたS先生の姿が。
他の生徒の教習中でした。
 
churaの運転する検定車が見えたみたいで
S先生、手を挙げてガンバレ〜って手を振ってくださいました。
 
churaS先生に手を振り返して(検定中に手を振るか!?今思うと大胆(笑))
2階コースへ。
縦列はちょっと自信がついてたので平常心で挑んで難なくクリア。
 


いよいよ鋭角。
前回、中央を走りすぎたことを反省して、できる限り左によってコースに進入。
左、左…。極力左に寄ってゆっくり進む。。。
ん(*゚▽゚*)?
タイヤが前に進まない…
 
はっ!もしかして。。。
「あの…これ、タイヤが縁石にぶつかってます…か?」と恐る恐るY先生に問う。
「あ〜、そうですね。ここはこのまま乗り上げて言ってください」って先生。
 
イメージ 1

え〜〜〜!まさかの脱輪アゲイン!?
 
 

全522ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事