ここから本文です
金谷山のレルヒ
街中・自然・日常で感じた事

書庫高田街並

記事検索
検索
2年参りに行って来ました
天候はミゾレ、路面はザクザク雪
神社には多くの参拝者が
拝殿に向かう途中にカウントダウンが始まり一斉に『おめでとうございます』
私は娘に誘われてジャンプしました

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今年もよろしくお願いいたします。

歩道除雪車 

高田の積雪は18㎝天候は曇り気温1.3℃です。
道路除雪はありませんでしたが、歩道除雪が行われました。

シーズン初めての歩道除雪車です。
イメージ 1

オペレーターも緊張した顔つきでした
イメージ 2

イメージ 3



上越地方では江戸時代から鮫食の文化が継承されています。
特に、正月には鮫が無いと歳を越せないという地域もあるとのことです。
今日、12月27日は鮫の競を行う『太物市』が師走の恒例行事として行われました。
80㎏前後のフカサメが18本並びました。(産地は気仙沼です)
他に、さく作りされた鮫が通年スーパーの魚売り場に並んでいます。

鮫食文化の起源については諸説ありますが、フカヒレが高田藩の貴重な資源でした。
ヒレを取った後の鮫は、蛋白源として城下に普及したとの事です。
鮫は煮つけ・刺身(ヌタ)等が主で、軟骨・皮は煮こごりとして食べられています。

セリ場に並んだ鮫 扱いやすい大きさに切ってあります
イメージ 1

頭です 当然、セリ対象品です
イメージ 2

セリが始まりました
イメージ 3

イメージ 4

競り落とされた切り身には大手スーパーのラベルが貼られています
イメージ 5

中にはセリり落とした頭をその場で裁く魚屋さんもいます
イメージ 6

マスコミも取材に来ていて解体のシーンを写していました
イメージ 7

除雪作業の注意事項

上越市から除雪作業中の事故防止のビラが回覧されてきました。
イメージ 1

毎年、屋根除雪で転落事故が発生しています。
事故防止に注意したいです。

最近、雪下ろしをするほどの雪は積もっていません。
しかし、屋根に上がると、つい、無理をしてしまうのが一般的ですね。
楽しみながら、余裕をもって行いたいですね。
イメージ 2

除雪機の事故は慣れが最大の事故原因です。
湿った雪は詰まりやすので、つまりを取り除くときは、必ず回転歯を停止しすれば巻き込まれ事故は解消されると思います。

天皇誕生日

銀杏の黄葉を撮影に行った専念寺さんで
『皇太子殿下御降誕奉祝紀念』と刻まれた門柱を見つけました
昭和8年12月23日とありました。

イメージ 1

イメージ 2

上の写真 左側門柱の背面に刻まれていました
イメージ 3

当時は男児(皇太子殿下)誕生に国を挙げて祝したのですね

平成最後の天皇誕生日を祝しましょう

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事