全体表示

[ リスト ]

7月13日午後1時から沼津東急ホテルで開催されたまちづくり講演会は120名を越える聴講者でした。
 
イメージ 1芦川沼津市商店街連盟の開会のあいさつに引き続き藻谷先生の講演が始まりました。
1時間30分の講演はいつもの通り熱気を帯び迫力満点です。
マスコミや経済学者・批評家がいかに実態数値を無視した勝手な理論を国民に煽動しているかを実証データからひもとく藻谷節は1年半を経てますます磨きがかかっているように感じました。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2雇用の創出と言っても労働力では機械に勝てない、消費数を上げるには現役世代にもっと賃金を上げることと、女性の就労を増やすこと。
定年退職した後の男性雇用をいかに作っても彼らは消費に回さず貯蓄してしまうので経済の活性化につながらない。
急速な高齢化社会に若者の絶対人口が少なくなっていることにしっかりと目を向け高齢者のタンス預金をいかに使わせるかの社会の仕組みを作り変えない限り日本経済の活性化やデフレ克服はない。
 
骨子はこのようなことだったと思います。
 
このまちづくり講演会はまちの情報館の主要事業として毎年1回〜2回開催していますが、藻谷先生はすでに40回近い講演やセミナーを沼津のまちでして頂き、その予測はことごとく的中しています。
 
私たちにとってソーシャルアントレプレナーを育成する基盤作りが今こそ大事とつくづく感じました。
 
終了後間髪をいれず中心市街地活性化協議会との共同主催のエリアマネージメント研究会が度ホテル別室で開催されました。
イメージ 3
委員は
 秋山哲男先生 前首都大学東京 教授
 藻谷浩介先生 日本政策投資銀行参事役
 上村章文先生 プロジェクトコンサルタント(元ふるさと財団事務局長)
 竹内文則先生 富士常葉大学教授
 芦川勝年様  沼津市商店街連盟会長
 間宮一寿様  沼津市商工振興課長
 杉澤貞雄様  沼津商工会議所産業振興課長
 深澤公詞   NPO法人駿河地域経営支援研究所理事長
以上8名で座長に秋山先生にお願いしました。
初めに間宮課長から沼津市中心市街地基本計画案の骨子をお話しいただき、具体的課題抽出をしました。
委員それぞれがざっくばらんに課題を話し合い、方向性を確認しました。
次回は8月開催ですがそれまでに今回のレジメを作り、委員の方々から電子メールでの意見交換を行うことになっています。
イメージ 4ここでは詳細は省きますが秋山先生の抜群の議事進行と委員の方々の高い見識が会の進行を本当に充実したものにしたことは言うまでもありません。
2時間の議論はあっという間に過ぎ、次回は沼津市内の現地視察と3時間の議論をし深堀りしようと言うことになりました。
交流会ではこれからのまちづくりは高齢化がものすごいスピードで進み質の高いライフサイエンスを地域に取り込みまちづくりに反映させていくことが重要であるとの認識に立ち、ファルマバレープロジェクトとの連携を図ることが必要との結論が出ました。
この件も今後の会議に反映させていく予定です。
 
藻谷先生は交流会を途中で抜け、保健センターでの開催される「まちづくりリーダー塾」に講師として出席。
この日午後から3回目の会合です。
イメージ 5まちづくりリーダー塾は20代を中心に学生や青年が自分たちのまちづくりにどうかかわるかと言ったタウンマネージャー養成講座の一環です。
6回シリーズの第1回目。
会場には40名近い大学生や若者が集まり熱気ムンムンの講演会が開催されました。
藻谷先生は疲れを見せることなく若者にマスコミ情報のいい加減さや実態データから導き出した今の日本の国力、若者はこれから何をすべきかを熱く語ってくださいました。
大学生や青年にはストレートに衝撃が走ったことでしょう。
 
 
彼らが高い問題意識を持ち、人生の選択の一助になることを期待してやみません。
またまちの情報館でのこれからの座学や活動に活学として活用してくれるものと信じます。
 
終了後スタッフと1日を振り返り充実感を共有することができました。
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事