創造主の波動エネルギーを体験しませんか?

癒しのエネルギーを絵に注入してあります!折れかけている人、直ぐに癒されたい人は画像一覧の絵を拡大してぼんやり眺めてください!!

全体表示

[ リスト ]


  赤じそは抗酸化力が非常に強く、
ムラメといって刺身のツマに
出てくる赤じその若芽は
もっと強いのです。

 さて、抗酸化力は
緑の濃い野菜が上位に
来るのは当然ですが、
大豆、黒豆、小豆、緑豆など
豆類も上位に入ります。

 これらの種子には
子孫を残すために
DNAを育てる栄養素と一緒に、
酸素や紫外線でDNAが
傷つけられるのを防ぐために
抗酸化成分がたくさん
詰まっているからです。

 野菜も豆類も、
煮汁やスープの中に
抗酸化成分が生に比べて
2〜100倍多く溶けて出ています。

 野菜なんか煮炊きしたら
ビタミンCが壊れてしまうではないか
と言われる方がずいぶんいます。
 実は結晶のビタミンCを
水に溶かして加熱すると、
たしかに5分間煮沸しただけで
壊れてしまうのですが、
野菜などの中に抗酸化成分と
一緒に入っているビタミンCは、
ほとんど壊れずに残っているのです。

 もちろんスープにしても、
少しは壊れますが、
大半は壊れません。
 昔のロシア人は、
冬に生野菜なんて
ほとんど食べませんでした。

 ボルシチのように煮込んだ
ものを食べていました。
 それなのに、なぜ壊血病に
ならなかったのでしょうか。
 それは、煮込んだジャガイモの
中にも煮汁の中にも
ビタミンCが残っているからです。

 また、日本もヨーロッパも、
サラダ文化が入ってくる以前は、
すべての野菜は煮て食べていました。
それなのに、壊血病が
問題にならなかったのは
上記のような理由からです。

 火に通すことで何倍もの量が
摂れることもメリットになります。
 スープに抗酸化成分が
溶け出ているので、
捨てずに使う工夫をしてください。

 簡単で賢い野菜の食べ方として、
蒸し野菜にする方法があります。
 がんにならない健康法として
お勧めです。

 是非野菜を加熱することを
習慣づけて頂きたいですね。
--------------------------------------------------------------------
★創造主の波動エネルギーは​
 衰えた免疫力を復活させるのに貢献します。
(鍛錬の必要なく・.効率よく・すぐ
ご自身で実行できます)
★The healing power of God.
  身体の持つ治癒力を劇的に換えましょう!

特にガンは免疫力を剥ぐ、いわゆる標準治療には要注意である。​
製薬会社​と病院は利益第一主義と考えて間違いない。
「儲からないと経営が成り立たたない」ならまだしも
「儲かれば何をしても良い」とまで、倫理感さえ狂わせる
のが資本主義の怖さでもある。​
クリックして 症状、浄化依頼、伝授など、何でも気軽にお問い合わせください。 


--------------------------------------------------------------------------------
 今年のノーベル医学生理学賞の受賞の
​​本庶佑博士​​が会見で述べていたことが印象的である。
 いわく「マスコミが大きく報じるネイチャーやサイエンスの論文を、
頭から信じないことだ。 ​ほとんど9割がウソである。​
 10年もすれば1割程度しか残っていないのが現実だ。
 だからこそ、鵜呑みにせず、自分で事実を確かめることが大切である。」
 また、こうも仰っていました。
「教科書に書いてあることを簡単に信じない。
 自分の目で、五感で、頭で納得するまで確認することが肝要だ。」
 このような確信に基づいた発言内容でした。
---------------------------------------------------------
 はからずも、NHKスペシャル「人体の神秘」で、
ノーベル医学・生理学賞受賞の山中伸弥教授が、
「薬は腎臓を疲弊させ、寿命を縮めるので、飲まないに越したことはない」

と仰っていました。

 皆さんも、安易に不要な薬や栄養ドリンクを飲まないように心がけてください。

          自然治癒力研究会は、
”医療と共存しながらも、過度に薬に頼らない健康的な生き方”
          を追求しています。

 病院に行くと必ずと言っていいほど、薬が処方されます。
 残念なことに、患者はそれを望んでいます。
 しかし、よく考えてください。想像力を働かせてください。
 薬には必ずと言っていいほど副作用があります。​​
 さらに薬という名の化学薬品を解毒するため、
 否応なく、文字通り肝腎かなめである肝臓や腎臓が余分に働かされ
 次第に疲弊することになります。
頓服(応急)以外の薬の長期服用は安易に考えず慎重に!
 体の機能が衰えているお年寄りは特に注意が必要です。

 わかっていても、、それでも薬が必要な人はいます。
 その場合でも、以下のような伝授者様のご報告をいただいていますので、
 参考にしてください。
--------------------------------------------------------------------------------
 ○○です。
 お世話になっております。
 お薬を浄化して患者様に渡しております。
 例えば関節痛の薬では足の痛みが和らいだ、
 (薬の副作用を抑えるように)など即効性があり
 患者様に大変喜ばれ、私自身もうれしく思っております。
 少しでも患者様の健康に貢献できればと思っております。
創造主に感謝です!
--------------------------------------------------------------------------------
 この機会に一緒に健康な生活を追求していきませんか?

 創造主の波動エネルギーは​
★健康を促し、体内から真の美容と若さを保つのに役立てます。
★真皮の線維芽細胞に直接働きかけて、
  体の内側からコラーゲンの生成を促進させます。
★飲料水を活性水に変換します。
★お使いの薬ビタミンC含むサプリメントの効能を高めるように働きかけます。
薬の副作用を抑え、肝臓や腎臓への負担を軽減します。
脳を活性化させるので、受験生をもつお母様には伝授が役立つと思います。
生殖細胞の「卵子・精子」に約10倍存在し、受精・出産に深く関わる
 ミトコンドリアを活性化
するので、懐妊に伝授が役立つと思います。
脳や体の機能を活性化させるので、
 未熟児・障害児をもつお母様にも伝授がきっと役立つと思います。
 すでに伝授を活用して良い結果を出しつつあるお母様もおられます。
 ※創造主の力を授かったお母様からのご報告


誰もが”どうなりたいか”を、思うことで”そうなる結果”を頂くことができます。

たとえば<(伝授を活用することで)
・脳の働きを促し理解力や記憶力アップに役立ちます。
・適度な運動で、その効能の何倍もの免疫力や治癒力が備わってきます。
・直接脳幹に働きかけて自律機能を向上させます。
・交感神経を鎮めリラックスさせることで、過剰なストレスの鎮静化を図ります。
・疲れて衰えてきた免疫系の機能を向上させます。
・長年患っていた慢性病の自然治癒力を高めます。
・脳、免疫系、内分泌系の三者のバランスをとって免疫系の暴走を防ぎます。
・摂取した栄養素を効率よく取り込み、新陳代謝を高めます。
・心臓の過剰な心拍を抑え、血圧を正常に戻すように働きかけます。
・血管年齢を若返らせるように働きかけます。
・コレステロール値を適正化するように働きかけます。
・動脈硬化を防ぐように働きかけます。
・糖尿病など成人病の諸症状を抑え、体調を整えるように働きかけます。
・疲労物質を早期に取り除き、疲れを持ち越しません。
・骨粗しょう症を防ぐように働きかけます。
・その他、あらゆる体調改善に役立ちます。
・勿論、がんや心臓病や糖尿病などの成人病予防に大きく貢献するでしょう。
その他
★食べたものを創造主の薬効にしていただく
 例えば
 昨日食べてもの全てを捉えて。。
 自身の病をいやす効能を与えて頂けます。
 病の種類により食の制限がある方には、
 病状を和らげる設定にしておけば、きつい食事制限から解放されます。
 
★伝授戴いている方は飲料水を、活性水にして供してください。
 塩のミネラル効果を高めるようにもしてくださいね。
  ☆さらなる効果が望めます☆

 ☆自然治癒力研究会は医療とは異なる視点からもアプローチします。
・生まれながらを含む「原因の世界」の問題を取り除きます。
・「原因」が消えることで「結果の世界」=「悩みの事象」に効果を発揮します。
・さらに「チャクラや経絡気脈エネルギー」の流れを整えます。
  心身の不調を根本から解決に導き、
 加速度を増して身体を本来あるべき状態に戻します。

-----------------------
波動エネルギーの活用の事例(複数)
創造主の波動エネルギーの伝受と体験伝授コーナー
不安神経症 と国家戦略
伝授が役立つと思えるひと
スマホ用!自然治癒力研究会メインページ!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事