福縁譚

ご覧になりたい古陶磁テーマをリスト画面の検索バーで検索してください。

全体表示

[ リスト ]

あまり好き放題に設定しても売り渋りになってしまう逆効果があるので、
ヤフオク上の写し専門の”なんとか宝堂”のようなとにかくカテゴリ上位の高いものを締めるような広告方法は決してよいではない。

たぶん骨董商売だけではなく、どの店も価格設定は一番難しい仕事と思います。

例えば:近所に量販スーパーができたら、ライバルスーパーが頻繁に割引券を配ることになる。

骨董商も一点ものばかりけれども、やはり価格高いか安いかとお客様が考えてしまうじゃないですか?
だから、骨董商もライバルがあります。骨董商も価格競争があります。

骨董商のライバルはお客様の心ですw。

どこまで設定価格を理解してくれるかといことで、流行りや信頼度など関係している。

*例えば:出品中の”康煕洒藍小杯”の場合は、中国古陶磁の中では珍品と時代の特徴もはっきりしています。
特に、内みたいに専門店の場合は、商品自身が落款がなくでも商品の時代特徴で年代決めができるから、ある程度お客様も信頼度を得っているから、
その説明がはっきりとできる上で、相当な価格の設定ができる。

以前にも話したことが何度かあると思いますが、福縁堂の価格設定は国内販売に合わせているので、約(世界の名門オークションの)市場評価額の10分の1程度にすぎない。

この設定はやはり国内大手オークション会社の実績も参照しています。それを超える価格設定は”市場購買力を超えた設定”になってしまうので、
つまり、広告以外実際販売にはつながらないとやかいなことである。

だから、国内購買力、インフラ、一般商品の価格変化と景気変化とも関係している。

しかし、内が難しいことは”業界に仕切られている茶道具のような古陶磁の価格”とは別システムで、正直内は御須おお皿が5万円とか10万円とのような国内相場は一度も参考にしてことがない。
関係ないカテゴリですから、まず、あゆう中古茶道具のような品は中国古陶磁世界市場には登場はしませんので、国内の趣味人範囲で遊ばれているから、福縁堂が扱わないものになります。
だから、中古の茶道具の価格はどうかこうかって、内の価格設定とは関係ございませんが・・・

でも、お客様はそう考えているではないようです。
国内の場合はm、多くの中国古陶磁趣味者や収集家は茶道具の数寄屋から転身した方々ですから、
”康煕洒藍小杯”と見ると、まず古染付の茶杯はいくらとかから考え始まる習慣になっていると思います。

こう考えされるとこちらはショックになります。
古染付といってもいろいろありますが、景徳鎮の上手ものとか、官製欧羅巴輸出用品とかがあって、
福建や広州あたりの雑窯で作ったコピーを輸出しているものもある。

概に”古染付”とされると価格は比べられるものではない。

鍋島焼の染付皿に染付吹墨(洒藍)技法の兎に月の柄ものがあります。それは古伊万里のおお皿よりは10倍以上の評価額ですよね?
だから、問題はここから理解してほしいですが、
唐物古染付や古赤絵とかは、一般粗製民窯ものの価格は景徳鎮の良品や官製の10分の1の相場はよろしいかと思います。
多分古陶磁の世界だけではなく、当初もこの程度の差があると思います(福建窯広東窯はまず輸送コストは安いから景徳鎮から買うより10分の1に抑えられることは可能である。)

まあまあ理論的な考えそうだけれども、では”康煕洒藍小杯”は鍋島焼のようなブランドものだと、だから古染付小杯は3万円だとしますと、これは30万円と設定してよろしいかと思います。
希少品ですから、訳アリ設定だと思いますが、

しかし、こう設定すれば、いつお客様が入ってくるかわからないし、”割高い”と思う方々がほとんどと私の経験からそう思う。
希少だから、流行りに乗ってない。希少だから相場が知らない。だから、知っているものと比べるなら、ます国内骨董店頭の唐物と比べってしますと、

もうめちゃくちゃです、
こゆうのは理順的な考えではないです。

あまり価格決めが難しいものは、じゃ〜何本なら売れるかと考えるしかないことで、
社会に負けして、20万円と割安設定してしまう結果になります。


ここまでは、また、”設定価格”ですから、とにかく反応を見る。
在庫時間が長くなると、割引販売はセールに出すと行事をやる時は、設定価格とは比例しない取引価格になります。
特に資金繰りのために同業に引き取ってもらうとか、あるいは、損しなければ安く売ってしまうとか、

やはり、買い取り価格も骨董商の”技”なので、概に販売価格の何割との決めがないから、
売る方が納得であれば、ぎりぎり安く買うじゃないでしょうか?
それは、品によりますが、目の下流行りのものが予測販売早いものは少々高くでも買うじゃない?
だから、セール価格は市場評価とは関係ないです。


(続きあり)

東洋美術福縁堂主人

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事