福縁譚

ご覧になりたい古陶磁テーマをリスト画面の検索バーで検索してください。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全148ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

七月相談優待

在庫少し増えましたので、
七月競争激しいので、
ご検討ご相談の方へ優待セールを開催中

ぜひ当店のホームページをご覧になって、
下見やご予算やお支払い方法など、気軽にご相談ください。

福縁堂ホームページ

福縁堂主人

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ちょっと説明文の訂正や参考写真の更新がありましたから、
出品し直しました。

すでにウォッチリストに追加している方々は大変申し訳ないですが、
下記URLから新しい出品ページを追加し直して下さい。

お手数かけます。ありがとうございます。

福縁堂主人

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 4

今日、内のホームページの新規出品の宣徳青花深鉢市場評価額3千万円と表記入れました。
なお、当方調査の結果は本品の本当の用途は水仙盆でした。(壁が厚い作りで重さを増やすためだと思います)

品の詳細をご覧になりたい方は内のホームページへようこそ:


当方の調査によりますと、2015年5月30日香港クリスティオークション”中国宮廷御製芸術精品会場”Lot.1260
”永楽青花折枝花文八角花盆”と題する出品の評価額は500万HKドル〜600万HKドルでした。

写真はこれ:
イメージ 1


HKクリスティの出品紹介によりますと:
永楽宣徳時期の官窯には宋鈞の多角形花盆の様式を真似した青花装飾の製品と作っていました。
鈞窯のような厚い壁と八角や六角、七辺菱形、長角形がありました。永楽から宣徳時期まで作っていました。
それ以降はない。

遺品は非常に少ないから、完全品は3点しか知られていない。
一つは収蔵家孫蠃州の蔵品で現在北京故宮博物館に収蔵されている宣徳青花釉裏紅八方花盆。
一つはJean-Pierre Dubosc蔵永楽青花八方鉢
一つは2001/9/20NYクリスティ出品 Falk蔵 永楽青花花盆
近年には景徳鎮珠山官窯跡地で発掘品に宣徳八角花盆一点の傷が発掘されました。修復して現在揚州博物館に収蔵されています。

(揚州博物館蔵)
イメージ 2


同紹介によりますと:2003/7/7NYクリスティで出品された北宋鈞窯八角水仙盆があります。上記永楽宣徳年の花盆の原型ものが存在しているから、その推測は確実なものになります。

なお、1998年出版の<景徳鎮出土明清官窯磁器>にこゆうタイプの多角形厚壁の明永宣時期の青花器の破片が多く発見されています。

以上の考証の結果は福縁堂の発見ものの市場評価は成形の複雑度など諸要素を考慮して、3千万円での評価は相応しい。

なお、福縁堂の出品はもともと水仙盆作りだとの認識は改めに解明しました。
(福縁堂蔵 宣徳青花花果文長六角形水仙盆 販売価格は福縁堂ホームーページへご確認ください)
イメージ 5

さらに、1997年景徳鎮珠山官窯跡発掘品の中、調和呉須の様相や絵付け方法は上記出品と同様なものを資料にありますので、佐証としてピックアップします。

(景徳鎮官窯跡地発掘品:宣徳青花花果文盤)
イメージ 3




以上、一つ用途の謎を解けました。
だから、骨董商の儲けは転売だけではないですよ!
少なくとも、内は調査に力をいれています。
どうぞ、好きな予算でご相談ください。

東洋美術福縁堂主人

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日また2点取引有難うございます。

また在庫ありますので、骨董品はスーパーじゃないから、価格交渉は普通にありますから、
高価の商品の定価に予算が間に合わなかったら、あるいは支払い計画などをなんでもご相談を乗りますので、
御気になる商品がございましたら、気軽にご連絡ください。


福縁堂主人

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

在庫商品の一覧紹介

お客様
御世話になります。
只今在庫以下ありますので、ボーナス月でぜひ福縁堂のことをよろしくお願いします。
店頭販売価格は表示していますが、価格交渉、支払い方法のご相談は可能です。

雍正琺瑯彩紅梅白地茶鐘 販売価格2800万円
*明宣徳窯 青花花果文長角型深鉢 販売価格280万円
*金〜元 鈞窯 天藍釉紫斑貫耳瓶 販売価格38万円
*元 釉裏紅蓮池文四系瓶 販売価格21万円
*清徳化窯 貼梅花白磁小杯 一対 販売価格9万円
*唐物古作 和田青白玉風鎮一対 販売価格2万円
*ミニチュア袴耳宣徳炉/紫銅文鎮 販売価格成り行き

品個別な詳細説明は福縁堂のホームページにご覧ください。

買い入れいしたばかりの商品なので、時期も時期で、
今月は東美が恒例の展示販売会をやってますから、多少客足はそちらい行ってしまったことがあります。
展示会のパンフレットを見ましたが、全国から来た骨董商が展示に出されている中国古陶磁品と古美術品は正直あまり普通過ぎて見に行く気もないです。
自慢ではないですが、やはり内のものが面白いよ。
客足が戻るとすぐ売れてしまうので、早く検討した方がお勧めです。

今年店主の薦めは”雍正琺瑯彩の茶碗”です。台北故宮博物院蔵の白地墨彩琺瑯彩茶碗とセットものかと思われます。
最高峰ものですから、弊店の販売価格は正直お安く出信じられないほどです。
どうでしょうか、当然お客様はそれぞれ予算限度があるので、ご相談ご見学をお待ちしております。

では、何卒よろしくお願いします。

福縁堂主人

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全148ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事