日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

急に今日「そういえばブログやってねえ」と思い出し・・。
書き込み開始。
 
さてさて、国会情勢。
子ども子育て新システム・・・総合子ども園が撤廃になったという一報。
疑心暗鬼に「むむむ・・。」
三党合意を見てびっくり。言葉のロジックは本当に恐ろしい。
 
何も変わってないじゃろがあっ!!
 
本当に政治にがっかりする。
一体この国は、どこに向かおうとしているんだ。
 
三党合意も見ていくと、介護保険についてもたった2行。
問題だらけだよ介護保険。なのに2行だけ。保険制度として成り立っていないのに。
もはや瓦解した税と社会保障の一体改革。
この国の根底を覆す法案を、まったく信任されていない政党が出そうとしてる。
これはこの国の一大事。更に声を上げなければ。
 
更にお家の一大事。
家の鍵をどこかに落としたらしい・・・。
 
むむむ・・・。
 
書記局 のっさん
 
 

この記事に

開く コメント(0)

今年最後に

今年もあとわずかになりました。
なかなかブログを書くことが定着しなかった一年でした。
 
今年は震災がありました。
その中で、たくさんの人とのつながりが、特に心に響いた一年でした。
 
毎日仕事に追われながら、それでもやってこれたのは、本当に皆さんのおかげだと思っています。
 
福祉保育労中執の皆さん、全国の組合員さん、宮城県労連の皆さん、宮城の組合員の皆さん。
 
僕を取り巻く家族、友人たち。 震災後出会った皆さん。 東北の皆さん。
 
本当にありがとうございました。
 
 
今年の漢字は「絆」だとか。
 
僕にとっての今年の漢字は「結」です。
 
たくさんの人たちに出会い、話をし、動き、絆を「結んだ」一年でした。
 
特に感謝したい人。絆をつくることの大切さ、それを本当に身を削って教えていただいた、Sさん。専従とはどうあるべきか、言葉よりも行動で示してくれました。本当に貴方は、僕にとって大きな目標です。
М委員長、I副委員長、K副委員長にも、たくさんお世話になりました。たくさんの話をしていただいて、皆さんが伝えたいこと、少しでも受け止められるよう、これからも頑張ります。
 
山形のIさん、Aさん。岩手のОさん。今年も本当に色々とありがとうございました。皆さんの優しさに包まれながら、僕はここまで成長できたように思います。今年、ブロックの会合があるだけで、本当にたくさんの元気をいただきました。
 
宮城の四役、組合執行委員の皆さん。
僕はこの仕事ができて、皆さんと共に歩んでいけて、幸せです。
つらいこともたくさんあるし、専従として僕が皆さんの役にどれだけ立ててるかは甚だ疑問ですが、これからも少しでもお役に立てればと思います。
 
他にもたくさん。たくさん。
 
そして、僕の隣で常に帰る場所を作っていてくれた嫁に感謝です。
 
今年も終わります。僕に関わる全ての人々が、心穏やかに過ごせますように。
来年も負けられない闘いが続いていきますが、皆さんと共に歩める人生に、本当に感謝する一年でした。
 
来年もよろしくお願いします。
今年最後は中島みゆき「糸」を聴きながら。
 
書記局のっさん

この記事に

開く コメント(0)

最近

さてさて、本日は思うこと赤裸々に書いてみましょう。
 
震災から7ヶ月たった今、宮城支部では今回の震災を記録として残そう。全国の組合員の皆さんに伝えようということで冊子のようなものを作成しようと頑張っています。
 
無論僕も書くわけですが・・どうしてだか、筆が進まない・・。
思い返すと身震いがする、あの震災後の日々。多くの命が失われたあの震災を思い出すと。
苦しいのか、悔しいのか、悲しいのか、よく分からない感情に見舞われる。それでも少しずつ筆を進める。
 
そんな中、あゆみの執行委員から原稿がきた。
中身、要約すると「普通の日常」の大切さが書いてあった。
 
本当にそうだよなあ。
3月11日14時46分までは、何も代わらない毎日だった。不自由なくなんでも買えたし、何でも出来た。でも・・。
 
その日を境に、何もかもが一変した。
本当は僕が震災の冊子を作ると提起したのは、本当に辛かった。
僕自身、まだ、振り返るには時間が足りないとも、石巻の組合員にとってもあの震災は思い出したくないものだと思ったから。
 
でも僕が本当に伝えたかったのはその「普通の日常」を大切にしてほしいこと。
 
命を大切にしてほしいこと。
毎日を一生懸命生きてほしいこと。
大切なものを、もっと大切にしてほしいこと。
 
そんなことを書けたらいいな。そう思う。
 
そんなことを考えながら、今日も僕は・・。
 
家に帰って家族の顔を見るために、頑張っています。
 
あの日、奪われた多く人たちの「ただいま」。と「おかえり」。
 
ひょっとすると明日、会えないかもしれない。だからこそ今を生きていることに、意味を見出したい。
 
宮城県。
東北に生きるみんなと共に。
 
相変わらず書きたいことがまとまらない。
以上、のっさん、久々の更新でした。
 
のっさん
 

この記事に

開く コメント(0)

福祉保育労中央定期全国が終了しました。
全国からたくさんの発言もあり、とても有意義な大会でした。お疲れ様でした。
 
今回は文書起草委員という大任を仰せつかり、パソコンとにらめっこでした。
副委員長Kさん、福岡tさん。お疲れ様でした。
 
発言を聞いていて思ったのは、本当に今もたくさんの福祉職場で、必死に頑張っている人達がいることでした。
今日もどこかで、歯を食いしばりながら頑張っている福祉の仲間が大勢いる。
その人たちを組合として、どう支えていけるのか、本当に考えさせられる大会だった。
 
その中で改めて自分に課せられた課題を整理していく必要がある。
震災当時県として、福祉保育労として、やはり仲間を増やし、広げていく活動を、さらに強く意識していく必要を感じた。
 
福祉を、人間の人生を、生きていく道を、金儲けにさせてはならない。
かつて自分がそうであったように、福祉を夢見る若者を、挫折させるような制度であってはならない。
 
昨日、久々に本屋で震災関連の本を読んだ。
やはり呼んでいると、気持ちが落ち着かなくなるし、内面でなにかがザラつく、そんな感情に見舞われる。
 
震災は終わっていないし、場所によっては始まってもいない。
たくさんの人の思いを受け止めながら、10.7、中央行動に挑みたい。
 
決意を新たに、僕達が背負うべき荷物、思いを、再確認できた大会であった。
 
これからも共に、支え合いながら。
 
書記局 のっさん

この記事に

開く コメント(0)

2泊3日 東京の旅

ブログの更新を頑張るぞっと。
 
さてさて、昨日まで、補助金申請組織意見交換〜中執〜高齢種別と、異なる会議で2泊3日。
久々の長丁場で、若干腰が痛い・・・。
 
宮城では前日、大きな余震があって、不安を抱えながらの出張でしたが、今回はたくさん話を聴いたり、話したり、すごくプラスになる会議だったように思う。その中で、ちょっとだけ気づいたのは・・。
 
なんだか、会議場にいて、話すことに対しての抵抗感がなくなった気がする。ということ。
どうしても百戦錬磨の皆さんに交えていると、気後れしたり、発言に抵抗があったりしていたのだが、今回は少し感覚が違った。僕は僕らしく、少しずつでいいんだと改めて思った。
たくさんの人の話を聴きながら、そこに含まれる真意を、考えを読み取る努力を繰り返しながらこれまで会議に参加して、自然に身についていたんだと思う。本当に皆様に揉まれながら、気持ちに変化が生まれてきたんだろう。
 
中執、東北ブロック、支部執行委員会、県労連常幹と、何とかこなしていくうちに、皆さんに育てられていた自分に気がつきました。本当にありがとうございます。
 
そして・・・帰りに、新幹線の中で見た仙台の景色に感動した。
帰ってくる所に帰ってきたんだと、安心した。
 
今週も頑張ろう。
 
書記局のっさん
 
追伸、20日夜の男の会合。あの時間、本当に僕には掛け替えのない時間になりました。
皆様とご一緒できたこと、本当に嬉しかったです。
コンビーフ料理、頑張ります。
 

この記事に

開く コメント(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事