ここから本文です
マグノリアの木陰
なるべく最後までヤフーブログを利用します!そして、さようなら。
こんにちは〜

一体いつになれば梅雨明けがやってくるのか、

夏休みとは思えないほどの冷夏です。

今日の話題は、キャッシュレス社会の落とし穴についてです。

ご興味のない方は、どうぞスルーでお願いします。

イメージ 1


この週末、不在の間に受信したメールのチェックをしていました。

LINEなどの普及で、最近はあまりメールを使うことがなくなり、

ほとんどはジャンクメール(広告)なのですが、

たまにギョッとするメールが混じっています。

今回は、Paypal(ペイパル)の不正アクセスメールでした。

大抵の不正アクセスのメールは、フェイクメールで、

どこかリンクされているところをクリックすると、

怪しげなサイトに誘導されて個人情報を抜き取られることが多いです。

ところが、今回は、正真正銘のペイパルからのメールで、

私のメールアドレスを、私の申し出により変更したというもの。

へぇ?わたし、入院していたのに…

さっそくペイパルに問い合わせようとしたけれど、

さすがはシンガポールの会社だけあり、土日はお休みですって(笑)

悪い人も土日はお休みしてくれるのかしら。

ははは("^ω^)・・・

イメージ 2


それで、ふと思いついたのが、ペイパルの引き落としに使っている

クレジットカード会社のこと。

あれはたしか、日本企業だったわね…

試しに検索したら、ちゃんと年中無休、24時間電話受付ですって。

即、電話しましたよ。

幸い、不正利用はされていないとのこと。

念のためにクレジットカードを変更しましょうとのことで、

今までのカードは使えなくなりました。ヤレヤレ…

イメージ 3


で、肝心のペイパルにも連絡しなくちゃ…

今日は月曜日ですから、さすがにお仕事しているでしょう〜〜

電話をかけると、「なりすまし詐欺」についての

お話を音声で延々と聞かされた後、ようやくオペレーターにつながりました。

デビーさんというひとが応対してくれましたが、

やはりフェイクメールではなく、

私のアカウントは乗っ取られていました。

アドレスの作り方を見ると、海外の悪者のようです。

「お客様のクレジットカード番号は下4桁しか表示されませんので

悪用はされておりません。ご安心くださいませ」と

流ちょうな日本語で言われてもね〜

それから、ようやく私のアカウントを取り戻したあと、

「今はやりの二段階認証はないの?」と尋ねると、

「ございます」ですって。

今ではグーグルやアップルでは二段階認証は当たり前ですよね。

アマゾンは二段階認証がないので、今年3回も不正アクセスに遭い、

私は退会してしまいました。

その後もまだ、アマゾンを名乗るメールが来たりします。

とりあえず、今回は被害なしで済みました。

二段階認証は、当分は心のよりどころになりそうです(笑)

でも、いつまでも安全かどうかは、誰にもわかりませんね。

皆様も、キャッシュレス社会にどうぞご注意くださいね。

ごきげんよう。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事