ここから本文です
マグノリアの木陰
長い間お世話になりました。ペットロスのブログはこれでおしまいです。

書庫全体表示

さて北イタリアは、アルプスに近いので、

冬場の天気はいまいちだし、

一考に止まない、冷たい雨が身に沁みた。

成田を発った時の青空が早くも恋しい…

ミラノの誇るスフォルツェスコ城がどんなに立派でも、

石造りの暗い城だし、そしてその歴史もきっと暗いに違いない…(苦笑)

これから、この土砂降りの中、どこに連れていかれるのか…

時差ボケはほとんど解消されていたが、

ツアー全体の気分は全然盛り上がらない…





イメージ


スフォルツェスコ城、バイバイ…

雨の中で見る石造りの城…やっぱり暗いね…

歩道をトボトボ歩いていると、ふと、水が出っぱなしの水栓発見。


イメージ



水栓のデザインにも歴史を感じたが、

これはなぜ出っぱなしなんだろう…

イタリア人ガイドのアレキサンドラに、「なにこれ?」と聞くと

「これはアルプスから運ばれてきた水よ」

「飲めるの?」

「もちろん飲めるわよ」

{どうやって?」



イメージ


「ほら!こうするのよ!」とアレキサンドラが、

水の出てきている蛇口を押さえた。

すると、水栓の怪獣(?)のデッカイおでこあたりから、

勢いよく水が噴き出した。

「これを飲むのよ」とアレキサンドラがにこにこ。

試しに飲んでみた。…真水だった。



イメージ


アレキサンドラは国が決めた、イタリア人ガイドだ。

日本人観光客には、ツアー会社がつける日本人ガイドがいるが、

イタリアでは、必ずイタリア人ガイドも同行しなければならない。


イメージ


日本人ガイドに職を奪われないように、ということか、

日本人観光客からガイド料をいただこうということか、

イタリアの若者にもっと仕事を増やそうとするからか、

その全部が理由かもしれないが…

アレキサンドラは英語がぼつぼつとできるようだった。

ミラノの日本人ガイドは、中年女性で、とても強い人だったので(笑)

アレキサンドラは小さくなっているように見えた。

まあ、日本語をしゃべることができないガイドを、日本人ツアーにつけるのは

どういうわけかなと思わないでもなかったけれど、

アレキサンドラはとてもいい感じのお嬢さんだった。

余りの雨降りに、ガイドさんとツアコンのD女史が相談したらしく

屋外の散策は止めて、スカラ座博物館の見学をすることになった。

少しお金を追加することになったが、雨に濡れるよりはよっぽどまし。

博物館の予約をしたのは、アレキサンドラだった。

こういうとき、地元のガイドさんは、役に立つのかもしれない。

スカラ座博物館を見学したのち、アレキサンドラとお別れした。

彼女は、朝から2,3時間ほど、仕事しただけだった。

これはバイトなのだろうか…

いったいどういうシステムになっているんだろう…

次回、スカラ座博物館を見学します。

イメージ


アレキサンドラはシャイで可愛い女性でした。

(つづく)

転載元転載元:

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事