ここから本文です
マグノリアの木陰
長い間お世話になりました。ペットロスのブログはこれでおしまいです。

書庫全体表示

ミラノのマルペンサ空港に、夜8時ごろついた。

ツアコンのD女史の演説では、

「私たちはラッキー。ミラノで乗り換えてスペインに向かう人たちは、目的地に深夜に到着するから」だそうだ。

確かに、遠距離になれば、その分時間と距離を消費するのだろうね。

ミラノの空港で入国審査。ほぼフリーパス。

荷物を引き取り、バスまで押して歩くが、すごい雨。

アルプスの上も雲で真っ白だった。

その雲を突っ切って、

雲の下にあるミラノの空港に飛び降りたような気がした。

で、晩御飯もなく、機内食の残り物をかじって眠りにつく。

それにしても、やはり夜に到着するのは、あり難いと思った。

だって、すぐに熟睡すれば、1日で時差ボケを解消できるかもしれない。

さて次の朝、やはり雨だった。あーあー最初から雨だよ〜〜

かなり雨脚が強い。大丈夫かしら。

ブッフェスタイルの朝ごはんを食堂で摂る。


イメージ
フルーツがおいしい〜〜ヨーグルトもしっかり飲まないと!




その前に、フロントでひと悶着あった。

私たちの部屋は、廊下の端だったのだが

時間通り、廊下に出しておいた私たちのスーツケースを

ポーターがバスに乗せ忘れたのだ。

一階のフロントの前で

D女史は、スーツケースが二つ足りない、と大騒ぎしている。

「そりゃ足りないわよ。私たちの部屋の前にあるわよと私が教えると

D女史が、フロントやポーターに噛みついていた。

とはいえ、フロントの女性は責任を絶対に認めようとしないし、

私たちが部屋の外に出し忘れたのだと、ごり押ししているから、

カチンときて

「ちょっと、何言ってるの、
私は7時からずっとスーツケースを見張っていたんだからね。

あんたとこのポーターが、仕事をさぼっているのか、
忘れて行ったのか、どちらかよ!!」

D女史を援護すべく、言ってあげたのだが…

D女史曰く、「奥様、それはわたくしの仕事ですので…」とやんわりお断りされてしまった。

じゃあ、お手並み拝見、と横で腕組みして眺めていたら

「私はお客様が一番大切なんですからね!」とか
D女史がシンプルな英語でまくしたててるの。

そうしたら、フロントの女性が、

「私は同僚が一番大切」とシンプルな英語で言い切った。

ひゃぁ〜さすが〜

やっぱりD女史は、ちと分が悪いんじゃない?

でも、助けちゃいけないと思って、にやにやして見ていた…

ミラノは、前夜の一泊のみで、この日は、ヴェネツィア泊まり。

途中で、ロミオとジュリエットで有名な、ヴェローナに寄る予定。



イメージ


イメージ
スフォルツェスコ(スフォルツア)城。

この日の予定は、

バスに乗って、先ず、ミラノのお城に行く。

スフォルツェスコ城。

そこをざっと眺めたら、次もバスで、ミラノ・スカラ座の見学に行く。

快晴だったら街中を散策する予定だったが、

とにかく、身も心も肌寒いので、せめて雨のない施設に案内しようと、

ガイドさんが機転を利かせたらしい。

ミラノ・スカラ座博物館は有料なので、

なにがしかの追加料金を請求されたが

そぼ降る異国の初日のわびしさに比べたら、なんということはない。

そのあと、有名なアーケード街のギャラリアを歩いて通り、

抜けたところにドゥオモがそびえているはず。

ドゥオモ見学を終えたら、昼食。

ミラノ風カツレツとリゾットだとか。

私の記憶が正しければ、ミラノ風カツレツは大きくて、薄い。

また、私はおかゆ系のご飯は大嫌いだ。

リゾットには全く期待していない。

午後からは、ヴェローナを目指す。

ロミオとジュリエットの原作の舞台になった街だ。

シェイクスピアは、各地に伝わる話を、旨くまとめた

作家というか編集者のような人だと思う。

ヴェローナから、最終目的地のヴェネツィアに向かい、

お宿は、本土側のメストレ地区ではなく、

ヴェネツィア本島のマルコ広場に近いところだから、

更に、海上タクシーでホテルまでカナル(運河)をブッ飛ばす予定。


イメージ
サンマルコ広場から見たグランドカナル。




そして、本島のホテルにチェックイン後、

ハネムーンプラン(フルムーンも・笑)の人たちは、

確か、ウエスティンホテルで、ディナーをいただくのだ。

そして、夜のマルコ広場をそぞろ歩きしたりして、お宿に戻り就寝。

とりあえず、ミラノーヴェローナーヴェネツィアは忙しそうだ。

フィレンツェまでたどり着いたら、自由時間があるから、電車に乗る予定。

ユーロスターの一等席でね〜

日本国内で、すでに切符も入手してあるから、楽しみ。

(つづく)

転載元転載元:

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事