福岡Nターン生活

エリック・クラプトン、11月24日、福岡公演決定!!

ウチの食卓

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
先週「ダイエー」で「キノコ」を安く売っていた。

いつもなら「セール品」でも「1パック98円」が、
この日は「3パック」で「198円」。

思わず「エリンギ」「ぶなしめじ」「舞茸」、各「1パック」を購入。


さすがに量が多いので2回に分けて使った。


「キノコの炊き込みご飯」

イメージ 1

・「干し椎茸」を戻す。
・「キノコ」類を切り分け、
 酒、味醂、塩、醤油、「干し椎茸」の戻し汁、水、で軽く煮る。
・「米」に煮汁と水を分量加え、煮た「キノコ」を入れて炊く。


我が家では「キノコ」を休日のお昼に食べる「パスタ」に使うことが多く、
残りの半分はその為に使おうと思っていた。

具沢山になる「ナポリタン」や、
「ベーコン」と一緒に炒めた「ペペロンチーノ」風が定番。

でも、たまには違うアレンジにしたくなった。


イメージ 2

「キノコ」入り「カルボナーラ」

・「フライパン」で「ベーコン(ブロック)」をカリッとするまで炒めて油を出し、
 「キノコ」類を加えて炒め合わせる(白ワイン、塩、白コショウで調味)。
 (薄切り「玉ねぎ」も加えた)
・「卵(全卵)」「パルメザンチーズ(たっぷり)」「黒コショウ」を「ボウル」に合わせておく。
・茹で上がった「パスタ」を「フライパン」に入れて具と軽く絡め、
 すぐに「ボウル」に投入して混ぜ合わせる。
・器に盛り、仕上げに「黒コショウ」をガリガリ。


「カルボナーラ」に「キノコ」を加えるのは初めてだった。

しかし、
「『カルボナーラ』って具が少なくて物足りないんだよなぁ」
というこれまでの不満を解消する一品になった。


今日がいい日になりますように。



お惣菜で妻の誕生日

昨夜は家で妻の誕生日ディナー。

とはいえ、料理は買ってきた物ばかり。


まずは「スパークリングワイン」で乾杯。

イメージ 1

オーストラリア「ジェイコブス・クリーク」のロゼ。
「楽天市場『タカムラ』で購入した6本セットの中の一本。

ドライで爽やか、フルーティで美味しい。


つまみは「天神岩田屋」「RF1」の「30品目お惣菜」。

イメージ 2


そして、同じく「RF1」の「30品目サラダ」に、
「日本ハム(天神岩田屋B1F)」の「ローストビーフ切り落とし」をトッピング。

イメージ 3


我が家のディナー定番「ガーリックブレッド」の代わりには、
「福岡三越」で開催されていた「イタリアフェア」で買った「カルツォーネ」。

イメージ 4

「ボロネーゼソース」をピザ生地で包んで揚げたもの。


ケーキはこれも「天神岩田屋」に入っている博多区の「ラ・ヴィ・アン・ローズ」

イメージ 5

ビターとスウィート、チョコレートムース2段重ねのケーキ。

イメージ 6


このケーキは前日に私ひとりで買いに行ったのだが、
「お誕生日ですか?」
と店員さんに尋ねられた。

「どうして誕生日用だと分かるのか?」
と思ったものの、
しょぼくれた中年親父がこういうケーキを買う理由は他に無い。

「ロウソクはどうしますか?
 大きいのと小さいのを組み合わせられますが?」。

大きなロウソクを「10歳」とみなすにしても、
せっかくのケーキを「針ねずみ」にはしたくない。

妻と年齢の話はしないようにしているし、ロウソクは辞退した。



<余談>

「福岡三越」の「イタリアフェア」で、
ずっと愛用している「オリーブオイル」を格安で販売していた。

いつも「1260円」で買っているのが、
「45%オフ」の「693円」!!。

なぜそんなに安く売っているのか聞いたら、
何かの賞で1位になった記念価格、
とのこと。

妻が「2本買いなさい」。

イメージ 7

「『サンテラモ』エクストラバージンオイル」


私たちより前から売り場にいたカップルに、
「ウチのサラダは塩とこのオリーブオイルだけなんです」
とつい話しかけてしまった。

「美味しいんですよ」
と妻も一言。

それが後押しになったのか、そのカップルも購入。

もっとも、私は宣伝するつもりはまったく無く、
カップルの女性が美人だったので、
男の習性として声をかけちゃっただけなのだが…。


今日がいい日になりますように。

沖縄で料理によく使われるという、
「コーンビーフハッシュ」を買った。


イメージ 1

「コーンビーフ」と「ジャガイモ」の缶詰。
(「沖縄ホーメル」製、天神の「わしたショップ」で購入)


すでに調味されているのでそのまま溶き卵に入れ、
軽く、塩・コショウ・醤油を加えて「オムレツ」に。


イメージ 2

缶詰の中身がそれなりにあったので、
5個も卵を使ってしまった。

イメージ 3


炒めた「たまねぎ」を加えてもいいな、と思ったが、
これより小さい「コーンビーフハッシュ缶」にしないと、
恐ろしく巨大な「オムレツ」になってしまう。


キャベツ、人参などの野菜と「コーンビーフハッシュ」を炒め、
卵でとじてご飯にかける「沖縄ちゃんぽん」という料理もあるそうだ。

次はそれを作ってみたいと思っている。



<最近作った「混ぜて焼くだけ」卵料理>


イメージ 4

「ベーコンキノコオムレツ」
(キノコは「ぶなしめじ」「エリンギ」「舞茸」)


イメージ 5

「中華風ニラタマ」
(ニラ、白ネギ、煮豚、塩・コショウ、帆立パウダーで「カニタマ」風に焼いたもの)


今日がいい日になりますように。



初・「とびきり」

「モスバーガー」が販売している「とびきりハンバーグサンド」。

店のある地域の「地産」野菜を使うなど、
素材にこだわって「安売り競争」と一線を画している「モスバーガー」が、
「国産」の「牛肉」と「豚肉」で作る「プレミアムバーガー」だ。

しかし、私はこれまで食べたことがなかった。

なぜならやっぱり「高い」から。


それが昨日までの「ゴールデンウィーク」期間中、
「携帯電話会員クーポン」で半額に。


スーパーのチラシチェックを怠らない私がこの機会を逃すはずもない。


イメージ 1

「とびきりハンバーグサンド・トマト&レタス」、
通常「420円」が「210円」。


イメージ 2

「とびきりハンバーグサンド・チーズ」、
通常「390円」が「190円」。


ポテトも買ってきて、
妻とひとつずつ、ビールを飲みながら食べた日曜日の昼食。


さすが「国産肉」の「パティ」、柔らかな味わいでジューシー、

と思おうとしたのだが、

自分でお金を払わずに食べていたら、
普通の安い「輸入肉ハンバーガー」と区別がつかなかったかも……。

それに「醤油味のソース」に違和感を感じてしまった。


やっぱり、「ハンバーガー」は「ケチャップ」でしょう。


「400円」前後のお金を払うなら、
「吉野家」の「牛丼」を選んでしまうかも…。



そんな私の頭の中に今あるのは、
昨夜のローカル番組で紹介していた中華料理店の「ランチ」。

「坦々麺+水餃子」で「395円」!!!


我が家から自転車で5分ほどだし、
今日にでも飛んで行きたい衝動に駆られている。



今日がいい日になりますように。



スーパーへ買出しに行って海鮮コーナーを覗いたところ、
販売員さんのいない「試食品」があった。

よくある「マグロ」とか「サーモン」かと思いきや、
「サラダ用『ベビーほたて』(解凍済)」。

その名の通り小さい「ベビーほたて」は、
冷凍の「シーフードミックス」に入っているのを食べるぐらい。

珍しいし、夕方の小腹が空いていた時間なのでパクリ。

何で味付けしてあるのか、と思ったら、
脇に「プライベートブランド」の「ごまドレッシング」が置いてあった。

「サラダ用」とわざわざ明記し、
「ごまドレッシング」も一緒に売ろうとする戦略。

それでも美味しかったのでもうひとつ試食し、
もっと食べたいと思ってつい購入。


試食したら買わなければいけないんじゃ、
などという「従順さ」を持ち合わせていない私は、
いつも「試食オンリー」。

「パイナップル」なんぞ、この数年「試食」で満足して買ったことは無い。


ただし「ごまドレッシング」は買わなかった。

家の食材庫に「しゃぶしゃぶ用ごまダレ」があるのを思い出していたのだ。


イメージ 1

「しゃぶしゃぶ用ごまダレ」をかけ、
安い時に買ったものの、
何に使うか考えていなかった「青ネギ」をトッピング。


しかし、家の「しゃぶしゃぶ用ごまダレ」は、
去年の8月が賞味期限。

それでも未開封だからまだ大丈夫なのでは…、
と恐る恐る味見してみたら、全然OK!!


「ベビーほたて」+「ごまダレ(ドレッシング)」
という新たな組み合わせを知り、
そろそろ捨てようか、と考えていた「しゃぶしゃぶ用ごまダレ」もセーフ。


じつに嬉しい喜び(ささやかだなぁ)を感じた日になった。


今日もいい日になりますように。




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事