こんにちは!福岡歯科新川院です.

一生お付き合いいただける歯科を目指して…

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

穏やかな5月の連休となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
さて、今回のテーマは「骨粗鬆症」です。現在、骨粗鬆症患者は1300万人(国民の約10%)と推定されています。そのうち7割以上が女性です。骨粗鬆症の治療薬としていろいろな薬が使用されています。

   1:骨が壊されるのを抑える薬(骨吸収抑制薬)
      ビスホスホネート (商品名:ゾメタ/ボナロン/アクトネル/ベネット/ボノテオ等の経口薬・注射薬)
      デノスマブ(商品名:プラリア/ランマーク注射薬)
      選択的エストロゲン受容体モジュレータ(SERM)
   2:骨が作られるのを促す薬 
      副甲状腺ホルモン薬
   3:骨に足らない栄養素を補う薬
      カルシウム薬
      活性型ビタミンD3薬
      ビタミンK2
      カルシトニン薬
                       イメージ 1
                      歯肉から腐敗した骨が露出している状態

 この中で、歯科治療に大きな影響を与えるのが、骨吸収抑制薬であるビスホスホネートとデノスマブです。このお薬は前立腺がんや乳がんなどの骨転移性のがん治療薬としても使用されています。この薬を服用している患者に顎骨壊死(BRONJ/ARONJ/MRONJ)が稀に見られます。上の写真のように歯肉から腐敗した骨がむき出しの状態となります。発症率は様々な見解があますが、最大に見積もって1000人に1人と言われています。この顎骨壊死の原因は、発症の7割が歯科治療の抜歯などの外科処置が原因で起こります。残りの3割は原因不明です。
 最近の見解では、抜歯そのものが原因ではなく、顎骨の中の感染炎症(歯周炎、根の病巣、親知らずの炎症、インプラントの周囲炎等)が原因であり、それらに対する治療として抜歯が行われた結果、顎骨壊死が起こったと考えられています。
 また、これらの骨吸収抑制薬(ビスホスホネート/デノスマブ)は基本的には休薬できないお薬です。休薬をしてしまうと骨粗鬆症が進行したり、骨折の可能性が高くなってしまうからです。
2012年までの顎骨壊死検討委員会ポジショニングペーパーでは休薬することが主でしたが、2016年の新しいポジショニングペーパーでは基本的には休薬をせずに、術前からの抗菌薬投与や徹底した口腔内衛生管理などの感染予防を行ったうえでの抜歯等(侵襲的外科治療)を行う事が提唱されています。
 さらに、3割程度が歯科治療と関係なく顎骨壊死が発症している事が問題であり、患者さんの自覚症状がない状態で進行した歯周炎や歯根の病気(根尖病巣)、親知らずの炎症などを放置している場合は注意が必要です。
 一番安全な方法として、ビスホスホネートなどの骨吸収抑制薬を内服する前に歯科検診を行い、歯科治療を終了してから、投薬を開始することが推奨されています。
 現在、医師と歯科医師の連携が不完全であることが問題視されており、2018年の保険制度改正でも、医科と歯科の連携がさらに緊密にとれるように制度改革がありました。
しかしながら、一番重要なことは、国民の10%の人が骨粗鬆症になっている現状で、骨吸収抑制薬のリスクをほとんどの人が知らないことが一番問題と考えます。また、高齢者時代である今、「一人ひとりがご自身の体の事を医者任せにせずに、ご自身で健康な体を守る」という事が重要だと思います。

この記事に

開く コメント(0)

 いよいよ、桜が見頃となりました。新川院の近くの霊岸橋たもとにある桜は、ちょうど目の高さで花びらが見れて触れることが出来る、新川の名所となっています。しばらく毎日かわいい桜の花びらを堪能できそうです。
           イメージ 1  イメージ 2
 さて、今回から「高齢者と歯科治療」と題していくつかのシリーズでお話させていただきます。
高齢者の方は加齢に伴い、身体の変化がいろいろ見られます。特に高血圧や高脂血症などの全身疾患はあって当然と言ってもよいでしょう。これらの全身疾患は歯科治療と無関係ではありません。糖尿病と歯科治療の関係は良くテレビなどで取り上げられていますが、それ以外の疾患はあまり耳にしないです。そこであまり話題にならないけれども、実はとっても大事な事についてお話していきます。
今回は女性の問題として、「更年期障害と歯科治療」について取り上げます。


女性ホルモンのエストロゲンのお話
1:歯周病菌へ影響
 エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンは、月経や妊娠期などに増減を繰り返しています。これらの女性ホルモンは血液中を介して口腔内の歯肉へと分泌され、歯周病菌の一種であるPreotella Intermedia菌の増殖を引き起こし、歯肉炎を起こしやすい環境を作ります。つまり、女性が生涯を通じて男性と比較して、歯周病に罹りやすい環境を元々持っていると言えます。
2:閉経と歯周炎との関連性
 加齢的変化や卵巣摘手術や抗がん剤の治療などにより、女性の卵巣機能が低下します。それに伴い、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの産生が減少し、やがて月経が停止し閉経となります。日本人の平均的な閉経年齢は50歳となっています。閉経の前後の5年間、計10年を更年期といい、個人差はありますが特徴的な症状として、ホットフラッシュ(のぼせ)、発汗のような症状が発症します。これは女性ホルモンのエストロゲンが欠乏することで起こります。
3:エストロゲンと免疫反応
 エストロゲンは免疫細胞であるマクロファージやTリンパ球からの炎症サイトカイン生産を抑制します。さらに免疫反応を抑える働きのある抑制T細胞を誘発して炎症を抑制する方向に働きます。このように、エストロゲンは免疫反応による炎症は抑制する一方、抗体産生については促進します。したがって閉経によるエストロゲン欠乏は、歯周病などの炎症が発症しやすく、抗体もできにくいため、炎症が重症化しやすくなります。
4:エストロゲン欠乏と骨粗鬆症 
 骨は成長期だけでなく、成人になっても約3年で骨は生まれ変わります。この骨新生に関わっているのが骨芽細胞と破骨細胞です。これらの細胞もエストロゲンの影響を受けます。エストロゲンは骨芽細胞を活性化して新しい骨を作り、また破骨細胞を抑制し、又骨吸収を促進するサイトカインも抑制するため、過剰に骨が解けないようにコントロールしています。
 つまり、閉経後のエストロゲン欠乏は、48年間続く高度の骨吸収と低い骨形成の時期を作り、急激に骨内部にある海綿骨を減少させ、骨粗鬆症のリスクを高めます。現在、75歳以上の女性の半数以上が骨粗鬆症域の低骨密度を有します。骨粗鬆症は歯科治療に大きな影響を及ぼします。(骨粗鬆症については、後日詳細をお話いたします。)
5:エストロゲン欠乏と高脂血症
 エストロゲンは肝臓におけるLDL代謝にも関与しているため、エストロゲンが欠乏する閉経後には、血中の中性脂肪やLDLコレステロール濃度が増加します。この結果、高脂血症が進行し、合併症として動脈硬化などのリスクを高めることになります。歯周病の進行と共に肥満のリスクが高まり、また歯周病菌の代表する菌であるPhyromonas Gingivalis菌は血管内皮細胞に侵入して動脈硬化に関与していることが分かっています。よって、歯周病治療とエストロゲン欠乏は密接に関与しています。
6:エストロゲン欠乏と糖尿病
 エストロゲン欠乏は、膵臓からのインスリン分泌及びインスリン感受性を低下させるため、閉経後の女性では糖尿病の発症リスクが高くなります。糖尿病は外科治療後の感染や治癒遅延を引き起こすため注意が必要です。
7:まとめ
 このように、エストロゲン欠乏は、骨代謝を変化させ、急激な骨量減少を起こすのみでなく、免疫、炎症、脂質代謝、糖代謝など様々な全身の機能に影響を及ぼします。したがって、歯周病の発症及び進行に関しても、閉経後によるエストロゲン欠乏が大きなリスクとなります。 女性にとって閉経に伴うこのような変化は避けられないのですが、大事なことは「上記」の事を知っておくことです。リスクが大きければ、その大きさに合わせた予防対策を実行すればよいのです。予防は最大の治療法と言えます。


医療法人社団 明徳会 
福岡歯科 新川院
院長 増田勝実




この記事に

開く コメント(0)

新年のご挨拶





謹んで新年のお祝辞を申し上げます

昨年は皆様から多くの御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年もスタッフ一同、皆様にご満足いただける歯科医療サービスと予防メインテナンスを心がける所存でございます。
何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
   イメージ 2   イメージ 1
          歯科アシスタント 宮永君の愛犬です
さて、今年は戌年です。ワンちゃんは歯周病に成り易い事をご存じでしょうか。獣医さんによると、ワンちゃんにはほとんど虫歯が無く、歯のトラブルとしては歯周病がほとんどと言う事です。また小型犬の方が歯周病が進行しやすいそうです。歯周病が進行すると口臭がひどくなり、硬いものが噛めなくなり、食べる時間も長くなります。最終的には歯が抜けてしまいます。ワンちゃんの歯周病を予防するには、最低一日一回の飼い主による歯磨きが大切だそうです。
ヒトも同じですね。ただし大きな違いは、ヒトは自分自身で歯周病は管理できることです。日々の歯磨きをしっかり行い、定期的に歯科医院でチェックをしてもらえば、概ね歯周病に悩まされる事はありません。歯周病予防には、2つのポイントがあります。

      ポイント1:ご自身に適した歯磨きが出来ているか?
      ポイント2:歯周病の有無を痛みで判断していないか?

解説
 ポイント1:自分に適した歯磨きテクニック
    対策:予防効果のある歯磨きは簡単ではない事を理解する

当院では月に200人程、口腔衛生管理のみで通院している方がいらっしゃいます。予防意識の高い方達ですが、完璧に歯磨きをマスターされている方はごく一部の患者さんだけです。つまりご自身の歯を完璧に磨き維持することは簡単ではありません。そこで定期的なチェックや歯科衛生士での口腔衛生管理が必要になってきます。

 ポイント2:歯周病の有無を痛みで判断していないか?
    対策:歯周病は無痛で進行する病気である事を理解する

新川院には私と副院長の早川先生が歯周病専門医ですので、当院に来院されている全ての患者さんに歯周病の検査と治療、予防管理を行っています。しかし、最初から歯周病の治療を求めて来院する患者さんは非常に少ないです。中には重度の歯周病に成っているにも関わらず、ご自身では歯が丈夫だと思っておられる方は少なくないです。これは2つの理由があります。まずワンちゃんでもお話しがありましたが、歯周病の進行しやすい方は比較的虫歯が少なく、50歳ぐらいまであまり歯科治療を受けたことがない方が多い事。もう一つは歯周病の最大の特徴は「痛みがない状態で進行する」であり、ご自身で気づき難いため、何かしら症状が出た時には重度の歯周病に成っていることが少なくないです。

かわいいワンちゃんはもちろん多くの患者さんが健康な歯で一生過ごせることを、心より願っております。

                             福岡歯科 新川院 院長 増田勝実

この記事に

開く コメント(0)

皆様こんにちは❗ 歯科衛生士の森田です。
5月12〜13日の2日間、福岡で開催された日本歯周病学会に新川院の院長・副院長・衛生士で参加してまいりました。

学会ではシンポジウム・セミナー・ポスター展示などなど、各ブース盛りだくさんの内容で大盛況でした。

歯周病専門医の院長・増田と副院長・早川もポスター展示に出展し、反響を呼んでおりました。
この写真のキレイな女性は郵船ビル院の藤田先生で、歯周病認定医でもあるんですよ✨

昼間は学会でしっかり学び、そして夜は✨
博多と言えばもつ鍋❗その他にも美味しいものが沢山でした❤
昼夜共に充実した福岡学会でした。

学会で熱い講義を受け、こちらも胸が熱くなりました❗
ここで学んだことを臨床に活かし、スタッフみんなで頑張ります❗
これからもよろしくお願いいたします。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

歯科検診のおすすめ

こんにちは!歯科アシスタントの 志田 祐香里です。
5月になりようやく春らしい気持ちのいい陽気になってきましたが、皆さまいかがお過ごしですか?🌸

早速ですが、みなさんは歯科検診行ってますか?
定期的に歯医者に行っている方は少ないと思います。
行かなくていいなら行きたくないですもんね!😭
イメージ 1

ですが、歯科検診はご自身のためのものなんです!🙌🏻
「痛くなったから」「詰め物、被せ物が取れたから」と行った理由で何年振りかに歯医者に来た、という方がたくさんいらっしゃいます。
でも、痛みがある歯というのは虫歯が進行してしまっているかもしれません😱
詰め物、被せ物が取れてしまった場合、もしかしたら劣化による隙間から虫歯になってしまって取れてしまったかもしれません!
小さい虫歯であれば1度の治療で治りますが、神経の治療になると何度も歯医者に通って治療しなければなりません。
さらに、もしその痛みが歯周病の場合、歯周病も初期の段階では痛みはありません。
痛みを伴う重度の歯周病だと完治させるには何年がかりの大変な治療になります👀
虫歯も歯周病も初期の段階で治療してしまうのが楽だと思いませんか??
初期の段階の虫歯もや歯周病も痛みはないのでご自身で見つけるのはなかなか難しいです。
定期的に歯科医師や衛生士にお口の状態をチェックしてもらうことで早期発見出来るのです!
ですが1番は虫歯や歯周病にならないようにすること!
そのためには毎日の歯磨きです🍀
虫歯になってしまった歯、もしかしたらそこにちゃんと歯ブラシが行き届いていないかもしれません。
誰にも「磨き癖」があります。
正しい歯磨きの仕方を衛生士さんに教えてもらって虫歯、歯周病の「予防」をしましょう🍎
それでも100%汚れを落とすことはほぼ出来ません。
落としきれない汚れは衛生士さんに落としてもらいましょう!
3ヶ月ほどで歯石が付いてきますので3ヶ月に1度、最低でも半年に1度の定期検診をおすすめします😊

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事