ここから本文です

書庫福岡市長ブログ

すべて表示

9月4日、博多港中央ふ頭のクルーズバースが、待望の全面供用を開始しました。同日には早速、クルーズ船2隻が並んで着岸するという壮観な光景を目にすることができました。

■9月9日博多港中央ふ頭クルーズバース供用式典の模様はこちら↓


アジアのクルーズ需要が増加する中、福岡市は、クルーズセンターの開設をはじめ、バス待機場、交通広場の整備などクルーズ旅客の受入態勢を強化してきました。さらに、平成28年5月には、延伸を進めていた中央ふ頭のクルーズバースの一部供用開始により、アジア最大級のクルーズ船の受入もできるようになりました。また、寄港地観光手配予約システム「クルーズNAVI」を導入し、特定の訪問先・時間にクルーズ客の貸切バスが過度に集中しないようにするなどソフト面でも対策を進めてきました。
その結果、博多港はクルーズ船の寄港回数が3年連続で日本一となりました。日本へのクルーズ客の3割が博多港を利用されています。
そして、今回の全面供用開始により、世界最大級のクルーズ船の受入が可能となるとともに、2隻同時着岸も可能となりました。
福岡市は、これに加え、空港・港・都心の近さを活かした「フライアンドクルーズ」など新たなチャレンジを行いインバウンドだけでなくアウトバウンドも強化するとともに、「クルーズ」「MICE」「賑わい」が一体となったまちづくり「ウォーターフロントネクスト」を着実に推進することにより、日本全体のクルーズ振興を牽引していきたいと考えています。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事