ここから本文です

書庫福岡市長ブログ

すべて表示


不妊に悩むご夫婦の人工授精にかかる費用の助成を始めます。
不妊に悩むご夫婦は多くいらっしゃるかと思いますが、不妊治療は保険がきかず治療費の負担が大きいため、中には、治療をためらってしまう方もいるとお聞きします。

■6月27日 市長定例会見の動画はこちら↓


そこで今回、健康保険などの保険診療の対象とならない人工授精への費用助成をはじめます。
これまでも、体外受精などの特定不妊治療については助成を行っていましたが、その前段階の一般不妊治療である人工授精についても助成をはじめます。助成額は、自己負担金額の半分で上限5万円となります。
全国的に晩婚化・晩産化が進んでいますが、一般的に、年齢が上がると出産や妊娠のリスクが高まると言われています。不妊治療に対する正しい知識や情報を早い段階から持っていただき、不妊に悩んでいる方を適切に支援していきたいと思っています。

■助成の詳しい内容はこちら↓



幼稚園で2歳児の受入をスタートします。

イメージ 1

今回、新たに幼稚園でお預かりするのは、ご両親がともに働いているなど保育が必要なお子さんで、2歳の誕生日から利用することができます。フルタイムで働いている保護者の方にもご利用いただけるように、認可保育所と同じく、午前7時から午後6時までお預かりできます。
利用に当たっての料金は、受け入れる幼稚園で決定しますが、それぞれの世帯の所得に応じて、認可保育所の保育料と同じ額まで、福岡市が独自に減免します。
まずは6つの幼稚園でスタートしますが、現在、他のいくつかの幼稚園も実施に向けて検討していただいており、受入が可能な幼稚園をこれからも増やしていきたいと思っています。
福岡市は今、子どもも増えています。保育の受け皿を拡大するため、さまざまな手法で取り組みを進めていきます。

■制度の詳しい内容はこちら↓

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事