ここから本文です

書庫福岡市長ブログ

すべて表示

 10月1日、福岡・九州の知の拠点として九州大学六本松キャンパスがあった六本松地区に、新しい「知りたい」が生まれ未来を創っていく場所、福岡市の新しい科学館が誕生しました。
 「青少年科学館」から「福岡市科学館」に生まれ変わり、子どもから大人まで年齢を問わず楽しめる、知的刺激がたくさん詰まった場所になりました。

■10月1日 福岡市科学館オープニングセレモニーの動画はこちら↓

 名誉館長には若田光一宇宙飛行士にご就任いただきました。
 九州大学六本松キャンパスで学ばれ、今や、誰も知らない未知の世界、宇宙の新しい分野を切り拓く、その先駆者となられています。
 福岡市科学館は「宇宙」という一つの柱を立てて、JAXAにもご協力いただき、若田さんが宇宙で見聞きしたことを皆様にも感じていただけるようにしています。

 皆様に新しい発見をしていただくための仕掛けの一つがプラネタリウムです。
 直径25mの大きなスクリーンで、映像は8K相当、ハイビジョンテレビの16倍に相当する画質で皆様に臨場感ある映像をご覧いただけます。また、音響も非常に臨場感あふれるものになっていますので、子どもから大人まで楽しんでいただけると思います。

 この新しい科学館が、宇宙をはじめ様々な物事の仕組みや原理を知るきっかけになって、皆さんの「なぜ?」「もっと知りたい」という気持ちが、これからの新しい未来を創造していくことを期待していますし、新しい福岡市科学館が多くの皆さんに愛される施設になることを願っています。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事