ここから本文です

書庫全体表示

 国立大学法人 九州大学、(株)NTTドコモ、(株)ディー・エヌ・エーという、素晴らしいメンバーの皆さんとの自動運転のコンソーシアムを設立できたこと、そして、この先進的なチャレンジを、国家戦略特区である福岡市でできることを、非常にうれしく思います。
イメージ 1

 これから自動運転の分野は非常にマーケットが大きく広がることが想定される中、安全性を担保しながら、どのように社会に実装していくか、また、行政としては、社会課題の解決につなげていくことが重要と考えています。
 今回、福岡市が、この分野において日本の中でも最先端を行く(株)ディー・エヌ・エーにアプローチをし、また、九州大学と福岡市が、九大が誇る素晴らしい知識と最先端の技術を、どのようにまちづくりに生かすべきか意見交換する中で、世界に先行する通信技術を持つ(株)NTTドコモに九州大学から声掛けをしていただき、この4者がつながり、コンソーシアムを組むことができたことは非常に意義深いと考えています。
イメージ 2

 それぞれの持つ技術・強みを活かすことで、自動運転の基本的な、止まる、進む、曲がるという動作に加え、カメラやセンサーなどからの車両・道路情報、人工知能など最新のテクノロジーを駆使し、そして国家戦略特区による規制緩和も活用しながら、自動運転の安全性や利便性を高める「自動運転の中でも一歩先行く取組み」を九州大学の地で実現し、着実に、かつスピーディにチャレンジを積み重ね、広げながら、新たなテクノロジーの社会への実装に福岡から貢献していきます。
イメージ 3

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事